おっぱいクッキリのビービー、ビヨンセは子連れで大スリット、ココはノーパン!? 第60回グラミー賞授賞式

 1月28日、ニューヨークで第60回グラミー賞授賞式が開催された。今年はブルーノ・マーズが最優秀アルバム賞など主要3部門を独占。最多の6冠に輝き、圧倒的な強さを見せた。

 オープニングパフォーマンスを飾ったケンドリック・ラマーなど、今年は黒人男性が活躍した年になった。女性アーティストの受賞は少なく、主要部門では「受賞したら低迷する呪いがかかる」とうわさされている最優秀新人賞を獲得したアレッシア・カーラのみ。グラミー賞も、ゴールデン・グローブ賞に引き続き「性暴力、性差別、人種差別をなくそう」と呼びかける「Time’s Up」運動が行われたため、世間からは「それなのに女性の受賞者が少ない」「これこそ差別」と批判される、若干後味の悪いものになってしまった。

 とはいえ、みんな黒のドレスを着ていたゴールデン・グローブ賞とは異なり、女性セレブたちが美しいドレスを身にまとい、式典自体は華やかなものとなった。出席者たちはレッドカーペットで白いバラを持つことで、「Time’s Up」への支援を表明。皆あまりにも美しいので、「白いバラより目立つ」と話題になった。

 今回はそんなグラミー賞に出席したセレブたちがインスタグラムに投稿した写真を、ご紹介しよう。

おっぱいクッキリのビービー、ビヨンセは子連れで大スリット、ココはノーパン!? 第60回グラミー賞授賞式

 1月28日、ニューヨークで第60回グラミー賞授賞式が開催された。今年はブルーノ・マーズが最優秀アルバム賞など主要3部門を独占。最多の6冠に輝き、圧倒的な強さを見せた。

 オープニングパフォーマンスを飾ったケンドリック・ラマーなど、今年は黒人男性が活躍した年になった。女性アーティストの受賞は少なく、主要部門では「受賞したら低迷する呪いがかかる」とうわさされている最優秀新人賞を獲得したアレッシア・カーラのみ。グラミー賞も、ゴールデン・グローブ賞に引き続き「性暴力、性差別、人種差別をなくそう」と呼びかける「Time’s Up」運動が行われたため、世間からは「それなのに女性の受賞者が少ない」「これこそ差別」と批判される、若干後味の悪いものになってしまった。

 とはいえ、みんな黒のドレスを着ていたゴールデン・グローブ賞とは異なり、女性セレブたちが美しいドレスを身にまとい、式典自体は華やかなものとなった。出席者たちはレッドカーペットで白いバラを持つことで、「Time’s Up」への支援を表明。皆あまりにも美しいので、「白いバラより目立つ」と話題になった。

 今回はそんなグラミー賞に出席したセレブたちがインスタグラムに投稿した写真を、ご紹介しよう。

「バニー」「デニム」「エジプト」……殿堂入りキラキラネームなセレブの子どもたち

 今年6月、ビヨンセが双子を出産した。第一子のブルー・アイビーに続き、男児をサー・カーター、女児をルミと命名し「また変な名前を付けた」と世間は大盛り上がりした。

 ビヨンセの夫ジェイ・Zはラップ界の大御所だが、この業界のアーティストたちは自分の子どもに高貴な名前を付ける傾向にある。タイガの長男はキング、クリス・ブラウンの長女はロイヤルティ。彼らより大物のジェイが、自分の息子にイギリスの栄誉称号“サー”と自分の名字カーターを合体させたのも、ある意味納得だ。一方、日本人のようなルミという娘の名前は、13世紀の有名な詩人から取ったのだと伝えられている。

 ビヨンセとジェイのように深い理由があるにせよ、キラキラネームはキラキラネーム。世間は「特別な自分の子どもも特別だと思っているから、庶民とは違う名前を付けるのだろう」と受け止めている。今回は、そんなキラキラネームを持つセレブの子どもたちを紹介しよう。

やっぱりソックリ? ネットで話題呼んだ「芸能人のお父さん・お母さん」画像集

 テレビで活躍する芸能人たちが、まれにSNSに投稿する父親・母親の写真。当人たちに似ているか否か以外にも、驚きの美貌で、ネット上を盛り上げることも少なくない。今回は、ネットユーザーたちの間で話題を呼んだ「芸能人のお父さん・お母さん」写真をご覧いただきたい。

やっぱりソックリ? ネットで話題呼んだ「芸能人のお父さん・お母さん」画像集

 テレビで活躍する芸能人たちが、まれにSNSに投稿する父親・母親の写真。当人たちに似ているか否か以外にも、驚きの美貌で、ネット上を盛り上げることも少なくない。今回は、ネットユーザーたちの間で話題を呼んだ「芸能人のお父さん・お母さん」写真をご覧いただきたい。

「誰?」状態の連発! 世界の「似てなさすぎる」セレブ蝋人形

 この夏、「似てなさすぎるビヨンセの蝋人形」がネット上で大きな話題となった。この蝋人形は、世界中に蝋人形館を持つマダム・タッソーのニューヨーク館にお目見えしたものなのだが、顔、肌の色、髪の色がまったく似ておらず、体形も痩せすぎ。特に肌の色が薄すぎて黒人っぽく見えないことから「人種差別ではないか」とバッシングする声も上がった。同館はいったん人形を撤収し、髪の毛をふわっとさせてメイクでビヨンセの目に近づけ、照明を暗くすることで肌の色を濃く見せるという手段をとった。それでも「似てないものは似てない」「作り直したほうが良いのでは」と非難ごうごうだった。

 マダム・タッソー館では、セレブ本人の協力を得て細かくサイズを測った上でリアルな蝋人形を制作している。日本では、かつて東京タワーの中に存在し、B級スポットとして知られていた。実はマダム・タッソーの蝋人形は、今回のビヨンセのように「あまりにも似ていない」と不評を買うことも多い。今回はそんな「似ていないセレブの蝋人形」をご紹介しよう。

小顔、セレブ、巨乳アピール!? ネットをイラつかせる「タレントの自慢画像集」

 どこに行った、何を食べた、誰々と遊んだ、恋人とラブラブ、子どもが可愛い……いまやSNSを開けば、他人のありとあらゆる“リア充アピール”や“自慢投稿”が目に飛び込んでくる。素直に「いいね!」できればいいものの、イラッとさせるような内容も多いのが実情だ。特に他人に見られることを生業とする芸能人ともなれば、自己顕示欲や承認欲求が一般人よりも大きいのか、時に過剰とも思える自慢に走りがち。そんなSNSの自慢投稿で物議を醸したタレントたちを集めた。

 

「ダサすぎる!!」とネットで酷評された“芸能人の結婚式”画像集

 一生に一度(の場合が多い)の晴れ舞台、結婚式。近年では挙式をしないカップルが増えてきたとはいえ、今も昔も幸せを象徴するイベントであることに変わりない。会場、ドレス、引き出物など、こだわればキリがないものの、芸能人ともなれば、かけられる金額もクオリティも一般人とはケタ違い。しかし、芸能人の中には、ウエディングハイとなり、暴走した結果、一般人には理解しがたいセンスの結婚式になってしまった者も少なくない。今回は、そんなネットで酷評されてしまった芸能人の結婚式フォトをチェックしていこう。

 

マライアの「ヒョウ柄水着」、ルーマーは「童顔なのにボイン」……17年セレブ水着コレクション

 梅雨も明けて、いよいよ日本も夏本番。今年は一体どんな水着がイケてるのか、海外セレブがインスタグラムでお披露目している、高級リゾートビーチや豪邸プールのセクシーショットからチェックしてみよう。2017年のサマーシーンを飾る、最先端すぎるトレンド水着はこれだ!

マライアの「ヒョウ柄水着」、ルーマーは「童顔なのにボイン」……17年セレブ水着コレクション

 梅雨も明けて、いよいよ日本も夏本番。今年は一体どんな水着がイケてるのか、海外セレブがインスタグラムでお披露目している、高級リゾートビーチや豪邸プールのセクシーショットからチェックしてみよう。2017年のサマーシーンを飾る、最先端すぎるトレンド水着はこれだ!