インド10代リケ女が「レイプ防止パンティ」を開発! GPSにカメラ、自動通報機能付き

 世界で中国に次いで2番目に人口が多いインド。インドというと、すぐにカレーを思い浮かべる日本人が多いのではないかと思われるが、最近は、女性に対する性的暴行やハラスメントなどの事件が頻繁に起こることでも知られるようになっている。

 現地の少女が道端で数人の男に連れ去られ、性的暴行を受けた末に殺害されるといった事件や、外国人旅行者が現地の男に乱暴されるなどというニュースも数多く流れてくる。

 そんなインドで、10代の理系女子大生が女性向けの「レイプ防止パンティ」を開発し、特許を取って販売しようとしていると、イギリスのタブロイド紙「デイリー・メイル」が伝えている。

 それによると、インド北部の貧しい家庭で育ったセーヌ・クマリさんが、日本円にして8,000円以下で作ったというレイプ防止パンティは、生地が防弾・防刃で、加えてロック機能や自動通報機能、そしてビデオカメラまで備えているという。

 ロック機能はお腹の部分にあり、3ケタの番号を照合しないとパンティを脱がすことができないようになっている。また、男性に襲われそうになった際にボタンを押すと、自動的に家や警察に通報されるようになっており、GPS機能により居場所もすぐに特定でき、通報を受けた警察が現場に急行できるようになっている。

 ビデオカメラ機能は、レイプ犯の顔をカメラが捉えてその映像を保存し、誰が犯人なのかが後からでもわかるようになっているという。

 これを作ったクマリさんは、自分の発明について「これを毎日身に付ける必要はないけど、一人で旅行に出るときや、あまり安全ではないところに行くときに着用すれば安全。変な男に女性の尊厳を侵されることがなくなるわ」と話している。

 クマリさんは、すでにこのパンティを国の然るべき機関に送り、特許を申請しているところだという。「特許を得て、生地と搭載する機器をもっといいものにすれば、実用的になるし、マーケットでも売れると思うわ」とクマリさんは言う。

 この発明によりクマリさんが貧しい我が家の家計を助けることができるようになるとともに、インドでレイプ犯罪が撲滅されることを祈るばかりである。

インド10代リケ女が「レイプ防止パンティ」を開発! GPSにカメラ、自動通報機能付き

 世界で中国に次いで2番目に人口が多いインド。インドというと、すぐにカレーを思い浮かべる日本人が多いのではないかと思われるが、最近は、女性に対する性的暴行やハラスメントなどの事件が頻繁に起こることでも知られるようになっている。

 現地の少女が道端で数人の男に連れ去られ、性的暴行を受けた末に殺害されるといった事件や、外国人旅行者が現地の男に乱暴されるなどというニュースも数多く流れてくる。

 そんなインドで、10代の理系女子大生が女性向けの「レイプ防止パンティ」を開発し、特許を取って販売しようとしていると、イギリスのタブロイド紙「デイリー・メイル」が伝えている。

 それによると、インド北部の貧しい家庭で育ったセーヌ・クマリさんが、日本円にして8,000円以下で作ったというレイプ防止パンティは、生地が防弾・防刃で、加えてロック機能や自動通報機能、そしてビデオカメラまで備えているという。

 ロック機能はお腹の部分にあり、3ケタの番号を照合しないとパンティを脱がすことができないようになっている。また、男性に襲われそうになった際にボタンを押すと、自動的に家や警察に通報されるようになっており、GPS機能により居場所もすぐに特定でき、通報を受けた警察が現場に急行できるようになっている。

 ビデオカメラ機能は、レイプ犯の顔をカメラが捉えてその映像を保存し、誰が犯人なのかが後からでもわかるようになっているという。

 これを作ったクマリさんは、自分の発明について「これを毎日身に付ける必要はないけど、一人で旅行に出るときや、あまり安全ではないところに行くときに着用すれば安全。変な男に女性の尊厳を侵されることがなくなるわ」と話している。

 クマリさんは、すでにこのパンティを国の然るべき機関に送り、特許を申請しているところだという。「特許を得て、生地と搭載する機器をもっといいものにすれば、実用的になるし、マーケットでも売れると思うわ」とクマリさんは言う。

 この発明によりクマリさんが貧しい我が家の家計を助けることができるようになるとともに、インドでレイプ犯罪が撲滅されることを祈るばかりである。

顔面を撃たれたインド人、鼻の穴で銃弾をキャッチしてしまう……まるで“ボリウッド映画”な生還劇!

 インドで、顔面を銃で撃たれた男性が、鼻の穴で弾丸を受け止めて生還するという、まるでボリウッド映画のような出来事が発生し、話題となっている。

 ニュースサイト「ムンバイ・ミラー」(12月14日付)などが伝えたところによると、インド北部のウッタル・プラデーシュ州プラタプガルで営業マンとして働いていたタンビール・アハメッド・アンサリさん(28)は今月6日、自宅近くで強盗に襲われたという。犯人は、アンサリさんの顔面に向け、拳銃を発砲。銃弾は確かにアンサリさんの顔面を捉えたが、鼻血が滴る程度で、一見、銃で撃たれたとは思えないダメージだったという。

 しかもアンサリさんはその後なんと、自らの足で地元の病院を訪れている。そこで撮影されたX線写真で、さらに驚くべきことに、銃弾はアンサリさんの左の鼻腔を通り抜け、その先端が眼窩にまで到達していることが確認された。つまり彼は、銃弾を鼻の穴で“キャッチ”したのだ。

 ところがその病院では、リスクを恐れ、手術を引き受けてくれなかった。アンサリさんは、ほかにも地元の複数の病院に掛け合ったものの、やはり手術を引き受ける医師は見つからなかった。そこでアンサリさんは地元から約1,500キロ離れたインド最大級の都市、ムンバイまで、鼻に銃弾が詰まったままの状態で移動。JJホスピタル耳鼻咽喉科の門を叩いたのだった。

 同院で受診したとき、アンサリさんの左の目は、すでに視力を失っていた。担当医によると、「銃撃を受けてから時間がたったことで、弾丸の化学物質が眼球に浸透して、視力を奪ってしまった」ということだった。

 この担当医は、容体を悪化させないよう、早急な銃弾の摘出が必要だと判断。鼻の穴にピンセットを差し込んで銃弾をつまみ出すという摘出方法を採用したのだった。メスは一切使用しない、シンプルながらも高い技術が要求されるこの処置により、アンサリさんの鼻の穴からは、長さ約3センチの銃弾が摘出されたのだった。

 

 担当医によると、失われた視力も、やがて回復する可能性があるということだ。

「SMAPの稲垣吾郎ちゃん、トモダチ」 店主がフレンドリーすぎる西葛西のインド食材店

 旅に行きたくて、行きたくて、ウズウズしながらも、仕事が忙しく旅立つことができない働き者のみなさん。そんな時は、日本にいながら外国を訪れた気分が体験できる“外国人街”へ。ひと度、店の扉を開けば、聞きなれない外国語が飛び交い、日本とはまったく違うゆるい空気が流れ、なんだかいろんなことがどうでもよくなるはず。

 旅好きライターが、インド、タイ、ベトナムの外国人街があるとのウワサを聞きつけ、食材の仕入れと交流を楽しみに、プチ旅行気分で訪れてみた!

■スパイスの香りが入り混じる空間で、鼻からインドを感じる

nishikasai_indiantown1.jpg
インドの食材と雑貨 TMVS FOODS

 知る人ぞ知る、インド人街として有名な江戸川区西葛西。そのウワサの現場の最寄駅、東京メトロ東西線西葛西駅を降り立つと、スパイシーなカレーの香りが鼻をくすぐり……なんてことはさすがにないが、街を歩いていると、サリーではなく、洋服を着たインド人らしき人々をちらほら見かける。

 まず訪れたのは、駅から徒歩4分ほどの閑静な住宅街にあるインド食材店「スワガット・インディアンバザール」。心躍らせ、さっそく中へ入ると、思わぬインド人の大群が。店員らしき男性と主婦らしきインド人数名がヒンディー語でものすごい速さでやりとりをし、超本気で大量の買い物をしている。わたしの存在に気づいてもらおうと、周りをうろちょろするのだが、まるで相手にされない。インドを求めてやってきたが、あまりに濃厚なインドの風が吹き荒れ、これは楽しく会話するどころではない。一旦撤退することにして、別の店舗を訪れることにした。

nishikasai_indiantown7.jpg
TMVS FOODSのピーライさん

 次に訪れたのは、「スワガット・インディアンバザール」から、歩いて5分ほどのところにある「インドの食材と雑貨 TMVS FOODS」。大きなマンションの1階にあり、なんだか陽気な感じが伝わる日本語で書かれた看板が目印だ。シンプルなワンフロアの店内は、インドらしくさまざまなスパイスが混ざりあった香りがして、異国情緒漂う。

 迎えてくれたのは、日本語が流暢なピーライさん。インドのおぼっちゃまという感じで、品がよく、ほどよくフレンドリーで、いい感じだ。10年ほど前に輸入業をするために家族で日本へやってきて、“スパイス屋さんが始めたインドカレー屋”がうたい文句の南インド料理店「アムダスラビー」も経営しているという。なかなかのやり手に違いない。お店ではとくにスパイスに力を入れていて、ざっと数えただけでも、30種類以上は並び、インド人だけでなく、本格的なカレー好きや料理好きな日本人も多く訪れているという。

nishikasai_indiantown0.jpg
チリパウダー、ターメリックパウダ、コリアンダー(各100g216円)。お得
nishikasai_indiantown2.jpg
インド風揚げせんべい(1パック216円)。イラストがすばらしい
nishikasai_indiantown3.jpg
インドカレーの材料としてよく使う豆CHANA DAL(ヒヨコマメ・1 kg291円)。ほかにも、シナモンやココナッツもあるので、おやつ作りの材料もゲットできる

[住所]東京都江戸川区西葛西5-8-5-108 小島二丁目団地5号棟1F

■「チャイ飲む?」「SMAPの稲垣吾郎ちゃん、トモダチ」

nishikasai_indiantown4.jpg
スワガット・インディアンバザールのオーナー、ビネシュさん

 インドの空気を体に染みこませたところで、再びあの店へ戻ってみる。すると、お客も減り、さきほどお客さんの対応でてんやわんやしていたインド人男性もすっかりリラックスモードだ。話しかけてみると、店のオーナーで名前はビネシュさんと教えてくれた。インドでは日本の大手旅行会社で働いていたそうで、日本語をとても上手に話す。

nishikasai_indiantown5.jpg
棚にはさまざま商品が整然と並べられている

 お店のおすすめポイントを聞いてみると、唐突に、その場にいた別のインド人の男性が割り込んできた。「見てください」と言うと、棚に置かれた子袋を指差し、「彼はインドから食材をたくさん仕入れて、大きさを整えて、ひとつずつ小分けのパックにしています。アーモンドを見てください。粉々になってしまったもの、きれいに形が整ったもの、分かれているでしょ。安いのがほしい、きれいなのがほしい。いろんな人がいる。サービスです」。このなめらかな日本語、そして、見事なまでの宣伝文句を話すこの男性は一体!? と思ったが、月に1度程度会うぐらいの友達らしい。

nishikasai_indiantown6.jpg
しばらく店の一角に座って3人で話し込んでいると、「チャイ、飲む?」と聞かれ、裏のキッチンでチャイを作ってくれた。うまい

 お店は2007年からオープンしているそうで、東日本大震災の時には、一気にインド人が減ってしまったらしい。その時も「ワタシ、お客さんをマッテタヨ!」と、お客さんが来なくても、店を開け続けていたのだという。そんなちょっといい話もしつつ、話はお店にやってきたお客さんの話に。

 「トモダチ」と言って、見せてくれたのは芸能人たちの写真。テレビ撮影時の話がとめどなく続き、そんな話をへぇーとか、ほぉーとか言いながら聞きつつ、最後に出てきた名前がSMAPの稲垣吾郎様。「彼もトモダチ。けど、忙しいから、なかなかコナイ」と言って、ちょっと寂しそうだ。

 そのいかにも親しげな話しぶりを聞いているうちに、ハッと10年ほど前にインドを訪れた時の記憶がよみがえった。インドの怪しげな旅行会社などで「このニホンジン、トモダチ」と言って、芸能人と友達であるとアピールされたこと。そして、初めて会ったのに「マイフレンド 、マイフレンド!」と連呼され、スペシャルプライスのごはんを食べようと追いかけられ、あまりのしつこさに全力で町を駆け抜けたことを。世界中どこで暮らしていたって、インド人はインド人。一度でも会った人はトモダチ。そのどこにいても変わらぬ姿勢に感動すらしてまった。

 帰り際には、「アナタ、独身? インド人の男好き? 興味あるなら教えるよ」と提案があり、どうやら結婚相手までめんどうみてもらえるらしい。「IT系たくさんいるよ」とのことなので、申し出があれば、きっと喜んで紹介してくれるはず。気になる人はぜひ。

[住所]東京都江戸川区西葛西5-12-2 西葛西モリタビル1F

(上浦未来)