ナイツ、ねづっちに続き……『M-1』王者・とろサーモンが“創価学会”の広告塔に!?

 昨年12月、『M-1グランプリ 2017』王者となったとろサーモンが、宗教法人創価学会の新たな広告塔になったと、「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 高校時代の同級生だという2人は、卒業後に吉本興業の養成所に入所。その後は、『ABCお笑い新人グランプリ』最優秀新人賞や、『NHK上方漫才コンテスト』最優秀賞などを獲得。『M-1グランプリ』優勝後は、知名度も格段に上がった。

「とろサーモンが2人とも創価学会員だというウワサは、ファンの間では以前から話題に。『M-1グランプリ』の決勝時、審査員の中川家・礼二がとろサーモン推しだったのは『同じ創価学会員だから』なんて声も飛び交いました」(お笑いファン)

 発売中の「新潮」によれば、ボケの久保田かずのぶは高校卒業頃、ツッコミの村田秀亮から勧誘され入信。現在、それぞれ男子部の地区リーダーと副リーダーを務めており、今年の正月に行われた創価学会の“新年勤行会”(池田大作名誉会長のメッセージの読み上げや、地区トップが挨拶する会)で、とろサーモンの話題が出たという。

 芸能界には、久本雅美や石原さとみ、彦摩呂といった有名学会員が多くいるが、お笑い芸人にも多い。

「創価学会の広告塔を務めるタレントが何人も出演する動画配信サービス『SOKAチャンネル』にも出演するナイツは、布教の熱心さから学会員の信頼も厚い。また、杉並区男子地区リーダーを務めるねづっちや、学会員であることを自らネタにしている長井秀和、ピン芸人のはなわ、一時、他の芸人から『勧誘がしつこい』と苦情が絶えなかったエレキコミックなんかも有名。勤行会でとろサーモンの話題が出たということは、2人が今後、ナイツのような要職を任される可能性もありそう」(芸能記者)

 ネット上では「好きだったのに、ショック」「『M-1』優勝は創価の力?」といった冷ややかな声も上がっているとろサーモン。今後、ナイツに続く“布教芸人”となれるだろうか?

ナイツ、ねづっちに続き……『M-1』王者・とろサーモンが“創価学会”の広告塔に!?

 昨年12月、『M-1グランプリ 2017』王者となったとろサーモンが、宗教法人創価学会の新たな広告塔になったと、「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 高校時代の同級生だという2人は、卒業後に吉本興業の養成所に入所。その後は、『ABCお笑い新人グランプリ』最優秀新人賞や、『NHK上方漫才コンテスト』最優秀賞などを獲得。『M-1グランプリ』優勝後は、知名度も格段に上がった。

「とろサーモンが2人とも創価学会員だというウワサは、ファンの間では以前から話題に。『M-1グランプリ』の決勝時、審査員の中川家・礼二がとろサーモン推しだったのは『同じ創価学会員だから』なんて声も飛び交いました」(お笑いファン)

 発売中の「新潮」によれば、ボケの久保田かずのぶは高校卒業頃、ツッコミの村田秀亮から勧誘され入信。現在、それぞれ男子部の地区リーダーと副リーダーを務めており、今年の正月に行われた創価学会の“新年勤行会”(池田大作名誉会長のメッセージの読み上げや、地区トップが挨拶する会)で、とろサーモンの話題が出たという。

 芸能界には、久本雅美や石原さとみ、彦摩呂といった有名学会員が多くいるが、お笑い芸人にも多い。

「創価学会の広告塔を務めるタレントが何人も出演する動画配信サービス『SOKAチャンネル』にも出演するナイツは、布教の熱心さから学会員の信頼も厚い。また、杉並区男子地区リーダーを務めるねづっちや、学会員であることを自らネタにしている長井秀和、ピン芸人のはなわ、一時、他の芸人から『勧誘がしつこい』と苦情が絶えなかったエレキコミックなんかも有名。勤行会でとろサーモンの話題が出たということは、2人が今後、ナイツのような要職を任される可能性もありそう」(芸能記者)

 ネット上では「好きだったのに、ショック」「『M-1』優勝は創価の力?」といった冷ややかな声も上がっているとろサーモン。今後、ナイツに続く“布教芸人”となれるだろうか?

インパルス・堤下敦が、元AKB48・篠田麻里子主演舞台を降板! 「家族と別居で情緒不安定に……」

 昨年、2度にわたり交通事故を起こしたインパルスの堤下敦が、2011年に結婚した一般人の妻と別居中だという。

 堤下といえば、昨年6月に睡眠薬や抗アレルギー薬などを飲み、意識がもうろうとしながらの運転で電柱に衝突し、道路交通法違反(過労運転、事故不申告)の罪で略式起訴。さらに同年10月には、横浜市の国道を運転中、赤信号で停車中のごみ収集車に追突し、相手の車に乗っていた2人に軽傷を負わせてしまった。

「もうすぐ小学校に上がる長女への影響を考えての判断ではないでしょうか? かつてレギュラー出演していた『はねるのトびら』(フジテレビ系)で、『白鳥の湖』の“求愛ダンス”を踊って公開プロポーズをした堤下ですが、この頃、売れっ子だった彼は176万円の結婚指輪を妻にプレゼント。しかし、ひき逃げ騒動後に復帰したNON STYLE・井上裕介と違って、堤下は事故を起こす以前から仕事が激減していましたから、復帰してもさらに厳しい状況に陥るだけでは?」(芸能記者)

 昨年10月の事故直後、所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーから「しばらくの謹慎処分」と発表された堤下。来月22日から上演される元AKB48・篠田麻里子主演舞台『アンフェアな月』に出演予定だったが、昨年11月に開かれた制作発表では、集まった報道陣に配られた資料に「進退に関しましては現在所属事務所内で協議中」との一文が添えられていた。

「よしもとは年明けにも復帰させようとしていたようですが、本人が事故後、情緒不安定で働ける状況にないとのウワサも。『アンフェアな月』では、“元TVディレクターのジャーナリスト”という役どころを演じる予定でしたが、いつの間にか同じ事務所の2丁拳銃・川谷修士に変更されていました」(同)

 ネットのレギュラー番組『インパルス・堤下敦の☆ドリームアイドルステーション☆』(YouTube)も、謹慎に伴い降板してしまった堤下。現在、“インパルス解散”のウワサも絶えないが……。

「昨年の『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2017』(フジテレビ系)で『学園祭など、テレビ番組などなくなって、こんなに穏やかな年末過去にあっただろうか』と嘆いていた相方の板倉俊之ですが、最近はよしもとの劇場でピンネタを披露しており、これが客に大ウケ。同時に、舞台上で堤下の事故を積極的に笑いに変えており、とりあえず相方が復帰しやすい空気を作っているようにも」(お笑い関係者)

 舞台を降板したことが発覚し、復帰の2文字が見えない堤下。テレビで彼の激しいツッコミを見ることは、もうないのだろうか?

インパルス・堤下敦が、元AKB48・篠田麻里子主演舞台を降板! 「家族と別居で情緒不安定に……」

 昨年、2度にわたり交通事故を起こしたインパルスの堤下敦が、2011年に結婚した一般人の妻と別居中だという。

 堤下といえば、昨年6月に睡眠薬や抗アレルギー薬などを飲み、意識がもうろうとしながらの運転で電柱に衝突し、道路交通法違反(過労運転、事故不申告)の罪で略式起訴。さらに同年10月には、横浜市の国道を運転中、赤信号で停車中のごみ収集車に追突し、相手の車に乗っていた2人に軽傷を負わせてしまった。

「もうすぐ小学校に上がる長女への影響を考えての判断ではないでしょうか? かつてレギュラー出演していた『はねるのトびら』(フジテレビ系)で、『白鳥の湖』の“求愛ダンス”を踊って公開プロポーズをした堤下ですが、この頃、売れっ子だった彼は176万円の結婚指輪を妻にプレゼント。しかし、ひき逃げ騒動後に復帰したNON STYLE・井上裕介と違って、堤下は事故を起こす以前から仕事が激減していましたから、復帰してもさらに厳しい状況に陥るだけでは?」(芸能記者)

 昨年10月の事故直後、所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーから「しばらくの謹慎処分」と発表された堤下。来月22日から上演される元AKB48・篠田麻里子主演舞台『アンフェアな月』に出演予定だったが、昨年11月に開かれた制作発表では、集まった報道陣に配られた資料に「進退に関しましては現在所属事務所内で協議中」との一文が添えられていた。

「よしもとは年明けにも復帰させようとしていたようですが、本人が事故後、情緒不安定で働ける状況にないとのウワサも。『アンフェアな月』では、“元TVディレクターのジャーナリスト”という役どころを演じる予定でしたが、いつの間にか同じ事務所の2丁拳銃・川谷修士に変更されていました」(同)

 ネットのレギュラー番組『インパルス・堤下敦の☆ドリームアイドルステーション☆』(YouTube)も、謹慎に伴い降板してしまった堤下。現在、“インパルス解散”のウワサも絶えないが……。

「昨年の『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2017』(フジテレビ系)で『学園祭など、テレビ番組などなくなって、こんなに穏やかな年末過去にあっただろうか』と嘆いていた相方の板倉俊之ですが、最近はよしもとの劇場でピンネタを披露しており、これが客に大ウケ。同時に、舞台上で堤下の事故を積極的に笑いに変えており、とりあえず相方が復帰しやすい空気を作っているようにも」(お笑い関係者)

 舞台を降板したことが発覚し、復帰の2文字が見えない堤下。テレビで彼の激しいツッコミを見ることは、もうないのだろうか?