友近、こだわりが強すぎて番組内容に口を出す? スタッフは「友近さんは怖い」とビビりまくる

 森三中、渡辺直美、いとうあさこ、イモトアヤコ、尼神インター、ブルゾンちえみ、ゆりやんレトリィバァ……などなど、たくさんの女性芸人が大活躍している現在のテレビ界。そんななか、ある1人の女性芸人が、どうも敬遠されているという。お笑い関係者が明かす。

「今活躍している女性芸人さんたちは、本当にマジメでやる気がある人ばかりなんですが、ちょっとやる気がありすぎて周囲を困惑させているのが、友近さんなんです」

 憑依系のキャラクターコントに定評がある友近。年末年始のネタ番組に、多数出演していたが……。

「とにかく、友近さんは、こだわりが強いんです。自分のネタに対してだけなら問題ないのですが、番組の内容そのものにも、しばしば口を出してくるというんですよ。ロケ番組なら“こっちの店より、あっちのほうが面白いんじゃないの?”と提案したり、トーク番組でも放送作家が考えたトークテーマではなく、自分発信でテーマを出してきたり……」(同)

 友近が強いこだわりを持っているのは、ディテールの細かいそのネタを見れば一目瞭然だ。そのこだわりの強さが、友近の面白さを支えているともいえるだろう。しかし、番組内容に口出しをするとなれば、スタッフもあまりいい気分ではないはず。

「友近さんが意見を出すときは、大抵まずマネジャーを呼んで“これどうなってんの?”という感じで、間接的にジャブを入れるんです。そのときの現場の空気は、本当に最悪ですね。“友近さんは怖い”とビビりまくって、仕事をしたがらないスタッフも多いようです」(同)

 とはいえ、多くのバラエティー番組で活躍している友近。しっかり結果を出してくれるという点では、信頼もされている。

「現場の空気が悪くなったとしても、友近さんの提案に乗っかった場合、ほぼ間違いなく面白くなるんです。ちょっと扱いづらいことは間違いないのですが、なんだかんだで面白い番組にしてくれるということで、誰も文句が言えないんです。面倒くさくても仕事がなくならないのは、結局ちゃんと結果を出せるからなんですよね……」(同)

 唯一無二の友近の面白さの裏には、スタッフの我慢もあるというわけだ。

友近、こだわりが強すぎて番組内容に口を出す? スタッフは「友近さんは怖い」とビビりまくる

 森三中、渡辺直美、いとうあさこ、イモトアヤコ、尼神インター、ブルゾンちえみ、ゆりやんレトリィバァ……などなど、たくさんの女性芸人が大活躍している現在のテレビ界。そんななか、ある1人の女性芸人が、どうも敬遠されているという。お笑い関係者が明かす。

「今活躍している女性芸人さんたちは、本当にマジメでやる気がある人ばかりなんですが、ちょっとやる気がありすぎて周囲を困惑させているのが、友近さんなんです」

 憑依系のキャラクターコントに定評がある友近。年末年始のネタ番組に、多数出演していたが……。

「とにかく、友近さんは、こだわりが強いんです。自分のネタに対してだけなら問題ないのですが、番組の内容そのものにも、しばしば口を出してくるというんですよ。ロケ番組なら“こっちの店より、あっちのほうが面白いんじゃないの?”と提案したり、トーク番組でも放送作家が考えたトークテーマではなく、自分発信でテーマを出してきたり……」(同)

 友近が強いこだわりを持っているのは、ディテールの細かいそのネタを見れば一目瞭然だ。そのこだわりの強さが、友近の面白さを支えているともいえるだろう。しかし、番組内容に口出しをするとなれば、スタッフもあまりいい気分ではないはず。

「友近さんが意見を出すときは、大抵まずマネジャーを呼んで“これどうなってんの?”という感じで、間接的にジャブを入れるんです。そのときの現場の空気は、本当に最悪ですね。“友近さんは怖い”とビビりまくって、仕事をしたがらないスタッフも多いようです」(同)

 とはいえ、多くのバラエティー番組で活躍している友近。しっかり結果を出してくれるという点では、信頼もされている。

「現場の空気が悪くなったとしても、友近さんの提案に乗っかった場合、ほぼ間違いなく面白くなるんです。ちょっと扱いづらいことは間違いないのですが、なんだかんだで面白い番組にしてくれるということで、誰も文句が言えないんです。面倒くさくても仕事がなくならないのは、結局ちゃんと結果を出せるからなんですよね……」(同)

 唯一無二の友近の面白さの裏には、スタッフの我慢もあるというわけだ。

“徹子いじり”で、ブルゾンちえみが大勝利! 芸人の鬼門『徹子の部屋』対策の貴重なサンプル例に

“芸人殺し”と称されることの多いテレビ朝日の『徹子の部屋』。確かに芸人と相対した途端、黒柳徹子の対応は危険度が急上昇する。

 くりぃむしちゅーが出演した際は「面白いんですよね、あなたたち。何かやって!」とあまりにもなリクエストを放るし、ナイツが得意の“ヤホー漫才”を披露すれば「お間違えになるのがお上手」と冷静に解説、間寛平が得意のギャグ「かい~の」を行うと「それは芸なんですか?」と温度の低い質問を投げ掛けるなど、数々の芸人の心を折ってきたのはお馴染みだ。お笑い界の中では“鬼門”というイメージさえ抱かれる名番組である。

 そして12月21日放送回では、ゲストとしてお笑い界からブルゾンちえみ with Bが出演している。

「今年の顔」と紹介され登場した彼女らは、さっそくお馴染みの持ち芸(ブルゾン扮するキャリアウーマンが「35億!」と決めるネタ)を披露。その後、徹子がどういう態度を取るかに注目していたのだが、これが悪くないのだ。それどころか、彼女らのネタは見事に琴線に触れたようで「新しい芸だと思った」「面白かった!」と徹子は絶賛。どうやら、徹子とブルゾンは相性がいいようだ。

 いや、どうも相性だけの問題で片付けられないぞ……。この日の徹子の上機嫌を見ていると、そんな風に思えた次第。ブルゾンちえみ with Bが選んだ今回の作戦、完全にドンピシャだったのだ。

 

■素性を徹底的にリサーチされ、喜びを隠せない黒柳徹子

 

 3人はこの日の出演に備え、いわゆる“徹子さんネタ”を用意していた。その内容は、以下のようなものであった。

「あ~、『徹子の部屋』に来れて、よかった! どうしたの、徹子ちゃん。えっ? ピザとパンダとかき氷が大好きで、最近はインスタグラムにもハマってる? 趣味はとっても乙女で可愛いんだけど、交友関係がちょっとすごいんだよね。……チャップリンとゴルバチョフはマブダチ(with Bが脱ぐとそれぞれの背中に『チャップリン』『ゴルバチョフ』と書いてある)。交友関係がとってもいかつい。ちなみにそんな徹子ちゃん、とっておきの秘密があるんだけど知ってる? ……普段からノーブラ」

 まだ、ある。with Bことブリリアンの2人(金髪のコージと黒髪のダイキ)は、特定の人物を中央に据えて「with B!」と決めポーズを取るくだりが恒例だ。もちろん、この日のブリリアンは徹子を中央に決めポーズを取っているのだが、その時の彼らにソツがなかった。

・「カバンの中は!」(ダイキ) 「グチャグチャ!」(コージ) 「徹子です」(徹子) 「with B!」

・「焼肉!」(ダイキ) 「大好き!」(コージ) 「黒柳徹子」(徹子) 「with B!」

・「かき氷が好き!」(ダイキ) 「食べすぎてスタッフに叱られる!」(コージ) 「黒柳徹子です」(徹子) 「with B!」

 この芸に参加した時の徹子は、あからさまに大喜び! 「あんまり本当のことだったんで(笑)」「私のこと、調べてきてるんだ?」と、声が裏返るほど興奮してしまっているのだ。

 お笑い芸人にとって、昔から“客いじり”は「邪道」だと言われている。しかし、この日の彼女らは“徹子いじり”を徹底的に行い、結果、見事にハマった。数々の芸人が無残な姿を晒した『徹子の部屋』でだ。

 今回の成功例は、貴重なサンプルではないだろうか。推測するに、黒柳徹子は“徹子いじり”に弱い。

 芸人出演回において、ネタを披露する流れになるのは必然の『徹子の部屋』。ならば、そのネタを徹底的に“徹子仕様”にしてしまうのも一つの手か。数多い芸人の心を折ってきたこの番組で結果を残せるならば、邪道も何も言ってられないという気がする。

 ちなみに、黒柳徹子には「筋肉に弱い」という一面も持っている。法政大学アメフト部主将という経歴を持つコージの肉体を見た徹子は、やはり大興奮し、手形が付きそうな勢いで「スゴいですね」と胸筋の感触を確かめまくっていた。

 なるほど。今回の彼女らの勝因は、「相性」と「リサーチ力」と「肉体」か。
(文=寺西ジャジューカ)

2年8カ月ぶりテレビ復帰のアジアン隅田美保 最大の障壁は、相方・馬場園の“こだわり”だった!?

 2年8カ月ぶりテレビ復帰のアジアン隅田美保 最大の障壁は相方・馬場園の“こだわり”だった!?

 漫才コンビ・アジアンのツッコミ担当・隅田美保が12月18日にブログを更新。2年8カ月ほど休んでいたテレビ出演の仕事に復帰したい意向を明らかにした。

 婚活に専念するために、漫才以外の芸能の仕事を休んでいた隅田。しかし「テレビを休んでも、彼氏ができませんでした」と、お笑いの仕事が原因で彼氏ができないわけではないことに気づいたのだと告白した。

 そして、「またテレビに出たい」と相方である馬場園梓に告げたところ、「そんな簡単に戻してもらえるような甘い世界じゃない」と言われ、「やる気があるという所を見てもらおう!」ということで、女性芸人No.1を決める『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)に出場したとのことだ。

 そして隅田は、12月11日に放送された『女芸人No.1決定戦 THE W』決勝戦に出場。2年8カ月ぶりにテレビ出演を果たした。

 今後、テレビでの活動を希望している隅田だが、業界内はどう反応しているのだろうか? テレビ局関係者が語る。

「バラエティーの世界では人気女性芸人がたくさんいるので、まずそこに割って入るのが、かなり難しい。とはいえ、久々のテレビ復帰ということで、少なからずオファーがあるのは間違いないと思います。復帰直後の特需を終えて、また番組から呼ばれるかどうかは実力次第といったところですけどね」

 婚活に失敗してテレビに戻ってくる隅田にとっては、バラエティーの世界はそう簡単なものではない。

「少なくとも、婚活に失敗したことについてイジられまくることは確実。ブスだの、性格に問題があるだの、かなりひどいことを言われてしまうと思います。隅田さんは繊細な人なので、耐えられるかどうかが心配ですよね。もしも、そういうイジリがNGだというのであれば、おそらく出演オファーは少ないでしょう」(同)

 さらに、隅田の障壁となり得るのが、相方の馬場園だという。

「隅田さんと馬場園さんの関係はものすごく良好なんですが、馬場園さんの笑いに対するこだわりが強すぎる傾向にあるんですよ。隅田さんの発言なんかに、強めのアドバイスをすることも多いし、番組内での隅田さんの扱いについて馬場園さんが意見を出してくることは十分にあり得ると思います。番組スタッフには、馬場園さんのこだわりが理解できないという人がいるので、結果的に“面倒くさいコンビ”と思われ、敬遠されてしまう可能性もあるでしょう」(放送作家)

 長期ブランク後のテレビ復帰は、なかなか大変そうだ。

仕事激減なのに……お笑いコンビ・北陽が「女芸人の憧れ」と呼ばれるワケ

仕事激減なのに……お笑いコンビ・北陽が「女芸人の憧れ」と呼ばれるワケの画像1
人力車公式サイトより
 お笑いコンビの北陽が、仕事が大幅に減っているにもかかわらず、女芸人から羨望のまなざしを向けられている。  北陽といえば、埼玉県立久喜北陽高等学校の校名からコンビ名を付けた同級生お笑い芸人。1995年にコンビを結成後、下積み時代を経て、2001年から始まったフジテレビ系『はねるのトびら』にキングコング、ロバート、ドランクドラゴン、インパルスとともにレギュラー出演して大ブレークした。  その後、バラエティー番組に欠かせない女性芸人として引っ張りだこになったものの、現在はコンビでの仕事はほとんどなく、虻川美穂子が『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にVTR出演する程度となっている。芸能関係者は「2人とも結婚、出産したため、仕事をセーブしているようです。特に伊藤さんは、夫の仕事の関係で、静岡県で静かに暮らしていますよ」と語る。  虻川は2010年にイタリア料理店のオーナーシェフ・桝谷周一郎氏と結婚。15年に男児を出産した。また、伊藤さおりは10年に男子バレーボール・篠田歩選手と結婚。14年に女児を出産している。そんな2人は、いま婚活に励む女芸人の間で憧れの的となっているという。  前出の芸能関係者は「結婚相手に求めるハードルをかなり下げてでも結婚したいと意気込んでいる女芸人はたくさんいますが、なかなかゴールインできないのが現状。それなのに、北陽の2人はともに高スペックの男性をコンビそろってゲット。出産、育児にと人生を謳歌している。その充実した生活ぶりが女芸人の間にウワサとなって広まり、『北陽さんのように早く結婚して、仕事からフェードアウトしたい。子どもがほしい』『50歳手前のいとうあさこさんのようにはなりたくない』という声が多数聞かれています」という。  芸能界に目を向ければ、「結婚したい」と唱えながらも、たんぽぽの川村エミコや、おかずクラブのゆいPらが次々と破局。今年7月には焦った横澤夏子が交際相手に結婚を迫り、無理やり入籍するというちょっとした珍事まで発生した。 「最近、女性芸能人の間では『20代で結婚できれば超勝ち組、30代で結婚できれば普通、40代で結婚できなければ負け組』といわれています。まあ、芸能界に限ったことではないかもしれませんが……。結婚して幸せになっている人がいる一方で、何年たっても独身で寂しそうにしている先輩芸人を見ると、切実になるのでしょう」(同)  女芸人には、芸能界を生き抜く以上に大変な戦いがありそうだ。北陽のケースがうらやましがられるのも、当然なのかもしれない。

「ダイエットしているとは、一切言えない……」女性ぽっちゃりタレントたちの“妊活ダイエット”事情

「ダイエットしているとは、一切言えない……」女性ぽっちゃりタレントたちの妊活ダイエット事情の画像1
イメージ画像
 ある「ぽっちゃりタレント」が、妊活のためにダイエットに励んでいるというウワサがある。海外では、肥満女性には不妊や流産が多いという話があるからだという。  先ごろ、世界一体重の重い女性を目指していたアメリカ人女性が、妊活のために記録達成をあきらめたというニュースがあった。女性は体重300キロを超え、ギネス公認世界記録である330キロを超えようと、高カロリー食を取る様子をネットなどで公開していた。  ある日の食事ではスコーン6個、ホットドック6本。ボールいっぱいのキャラメル、シェイク10キロ、チキンサンド4個、ダブルチーズバーガー4個、大盛りポテトフライ、チキンナゲット30個のほか、さらにマカロニチーズやタコスを食べ、デザートはアイスクリーム5キロという、大食いタレントもびっくりの量だ。大相撲の幕内力士の平均体重がおおよそ160キロ前後だから、300キロといえば力士であっても前代未聞の超重量級の部類。  しかし、過去2度の流産を経験していた彼女は3度目の妊娠を機に、肥満による流産を危惧して体重増を諦め、一転してダイエットに励み、妊娠25週目までに90キロの減量に成功したという。  日本の芸能界では渡辺直美が大ブレークしたあたりから、ぽっちゃり女性タレントの需要も増加。最近では、ブルゾンちえみのぽっちゃりしたボディラインを強調したファッションを真似する女子高生も出てきているほどだ。ただ、中には既婚者で妊活をしているぽっちゃり系女性タレントもいて、ひそかにダイエットをしているという。 「ぽっちゃりタレントで妊娠を機に12キロも痩せた女性」が所属する芸能プロのマネジャーによると、「仕事の都合上、表向きダイエットをしているとは一切言ってない」という。  確かに、体重86キロだったといわれるお笑い芸人の森三中・大島美幸も2度の流産を経験した後、ダイエットに取り組んで出産に成功したという話もある。  肥満と妊娠の関連性について、社団法人日本産婦人科医学会に問い合わせたところ、アメリカ国立医学図書館の論文「肥満指数のIVF処置結果に対する効果:更新された組織的チェックと展望研究」を紹介された。こちらの結果によると、1966年から2010年にかけて約4万8,000件のデータを調査した結果、BMI(肥満指数)と流産の間には有意な関係があると結論付けられている。  ある医師は「アメリカでは肥満女性だと胎児染色体が正常でも流産してしまう確率が高いという研究結果があって、母体の環境が悪化するともいわれてます。流産との関連性はいろいろな学説がありますが、産道にも脂肪がつき狭くなってしまっていて自然出産ですと難産になりやすいという指摘もあります。肥満自体がそもそも不健康でもあるので、体調に合わせたダイエットには賛成ですね」と話している。  300キロ女性の話は極端にしても、肥満女性は流産しやすい……という話が広まれば、女性芸人のぽっちゃり傾向にも影響するかもしれない。 (文=藤堂香貴/NEWSIDER)

「ダイエットしているとは、一切言えない……」女性ぽっちゃりタレントたちの“妊活ダイエット”事情

「ダイエットしているとは、一切言えない……」女性ぽっちゃりタレントたちの妊活ダイエット事情の画像1
イメージ画像
 ある「ぽっちゃりタレント」が、妊活のためにダイエットに励んでいるというウワサがある。海外では、肥満女性には不妊や流産が多いという話があるからだという。  先ごろ、世界一体重の重い女性を目指していたアメリカ人女性が、妊活のために記録達成を諦めたというニュースがあった。女性は体重300キロを超え、ギネス公認世界記録である330キロを超えようと高カロリー食を取る様子をネットなどで公開していた。  ある日の食事ではスコーン6個、ホットドック6本。ボールいっぱいのキャラメル、シェイク10キロ、チキンサンド4個、ダブルチーズバーガー4個、大盛りポテトフライ、チキンナゲット30個のほか、さらにマカロニチーズやタコスを食べ、デザートはアイスクリーム5キロという、大食いタレントもびっくりの量だ。大相撲の幕内力士の平均体重がおおよそ160キロ前後だから、300キロといえば力士であっても前代未聞の超重量級の部類だ。  しかし、過去2度の流産を経験していた彼女は3度目の妊娠を機に、肥満による流産を危惧して体重増を諦め、一転してダイエットに励み、妊娠25週目までに90キロの減量に成功したという。  日本の芸能界ではお笑い芸人の渡辺直美が大ブレイクしたあたりから、ぽっちゃり女性タレントの需要も増加。最近では、ブルゾンちえみのぽっちゃりしたボディラインを強調したファッションを真似する女子高生も出てきているほどだ。ただ、中には既婚者で妊活をしているぽっちゃり系女性タレントもいて、密かにダイエットをしているという。 「ぽっちゃりタレントで妊娠を機に12キロも痩せた女性」が所属する芸能プロのマネジャーによると「でも、仕事の都合上、表向きダイエットをしているとは一切言ってない隠れ減量をしている」という。  たしかに、体重86キロだったといわれるお笑い芸人の森三中・大島美幸も2度の流産を経験した後、ダイエットに取り組んで出産に成功したという話もある。  肥満と妊娠の関連性について、社団法人日本産婦人科医学会に問い合わせたところ、アメリカ国立医学図書館の論文「肥満指数のIVF処置結果に対する効果:更新された組織的チェックと展望研究」を紹介された。こちらの結果によると1966年から2010年にかけて、約4万8,000件のデータを調査した結果、BMI(肥満指数)と流産の間には有意な関係があると結論付けられている。  ある医師は「アメリカでは肥満女性だと胎児染色体が正常でも流産してしまう確率が高いという研究結果があって、母体の環境が悪化するともいわれてます。流産との関連性はいろいろな学説がありますが、産道にも脂肪がつき狭くなってしまっていて自然出産ですと難産になりやすいという指摘もあります。肥満自体がそもそも不健康でもあるので、体調に合わせたダイエットには賛成ですね」と話している。  300キロ女性の話は極端にしても、肥満女性は流産しやすい……という話が広まれば、女性芸人のぽっちゃり傾向にも影響すあるかもしれない。 (文=藤堂香貴/NEWSIDER)

「主婦代表」なのに……くわばたりえの“炎上芸”に、肝心の「主婦層」がウンザリ

「主婦代表」なのに……くわばたりえの炎上芸に、肝心の「主婦層」がウンザリの画像1
くわばたりえオフィシャルブログ「やせる思い」より
 お笑いコンビ「クワバタオハラ」のくわばたりえ(41)が“絶好調”だ。6月7日には、NHK朝の情報番組『あさイチ』に出演し、「夫の働き方」をテーマにしたトークで、「子どもが生まれても、夫は仕事から早く帰って来ることができなかった」というエピソードを披露。ボロボロと涙を流すくわばたの姿が全国に放送された。  くわばたは2009年に結婚し、現在3人の子を持つ母。『ママの涙』(主婦の友社)、『あなたが生まれてから』(マイナビ)、『クワバタの30点主婦脱出大作戦!』(アスコム)など、くわばたがこれまで出した本のラインナップを見れば、くわばたの現在の立ち位置は一目瞭然だが、7日の放送を見た主婦はこう語る。 「『子どもが3人もいるんだから、会社の人間は夫を早く家に帰らせるべき』なんて意見を、さも“世の主婦の声”みたいに言われても困ります。そりゃあ家族揃って夜ご飯を食べられればそんな幸せなことはありませんし、ウチだってそうしたいです。けど、くわばたさんの理屈なら、『子どもができない家の夫は遅くなってもいい』ってことですよね」  くわばたの発言に異を唱えたのは、この主婦だけではない。Twitterには、「あなたの子育て論とか心底どうでもいい。母親代表ヅラしないで」「芸能人だけどあなたたち主婦層と同じ感覚なんですよ!のアピりが酷すぎるときがあるからたまにテレビ消しちゃう」「『私はこんなに大変なのよ!』という事しか訴えてない。もう二度と出さないで欲しい」「くわばたが出てる時は見たくない。せっかく興味のある内容でも見たくなくなるのが残念」とクレームが殺到。さながら炎上状態となった。  くわばたが“炎上”したのは今回が初めてではない。ネットニュースライターが語る。 「くわばたは、ここ最近、何度もネットで炎上しています。今年3月には『福島米は買いたくない』と発言して批判を浴び、先月には『病院は100%(病気を)治せるわけではない』という医師の発言に噛み付いて、批判が殺到。過去には、自らのブログで、『(赤ちゃんの)顔を叩いたらアカン。腫れたらバレる。叩くならお尻にしなアカン…』と、つづって大騒ぎになったこともあります。相方の小原正子も頻繁にブログを更新していますが、こちらは子どもの写真を頻繁にアップして人気を集めています。夫のマック鈴木のブログも同様で、夫婦ともどもランキングの上位にいるんですけどね……」  自らの“票田”である主婦層から嫌われ始めたくわばたに、明るい未来はあるのか……。

「主婦代表」なのに……くわばたりえの“炎上芸”に、肝心の「主婦層」がウンザリ

「主婦代表」なのに……くわばたりえの炎上芸に、肝心の「主婦層」がウンザリの画像1
くわばたりえオフィシャルブログ「やせる思い」より
 お笑いコンビ「クワバタオハラ」のくわばたりえ(41)が“絶好調”だ。6月7日には、NHK朝の情報番組『あさイチ』に出演し、「夫の働き方」をテーマにしたトークで、「子どもが生まれても、夫は仕事から早く帰って来ることができなかった」というエピソードを披露。ボロボロと涙を流すくわばたの姿が全国に放送された。  くわばたは2009年に結婚し、現在3人の子を持つ母。『ママの涙』(主婦の友社)、『あなたが生まれてから』(マイナビ)、『クワバタの30点主婦脱出大作戦!』(アスコム)など、くわばたがこれまで出した本のラインナップを見れば、くわばたの現在の立ち位置は一目瞭然だが、7日の放送を見た主婦はこう語る。 「『子どもが3人もいるんだから、会社の人間は夫を早く家に帰らせるべき』なんて意見を、さも“世の主婦の声”みたいに言われても困ります。そりゃあ家族揃って夜ご飯を食べられればそんな幸せなことはありませんし、ウチだってそうしたいです。けど、くわばたさんの理屈なら、『子どもができない家の夫は遅くなってもいい』ってことですよね」  くわばたの発言に異を唱えたのは、この主婦だけではない。Twitterには、「あなたの子育て論とか心底どうでもいい。母親代表ヅラしないで」「芸能人だけどあなたたち主婦層と同じ感覚なんですよ!のアピりが酷すぎるときがあるからたまにテレビ消しちゃう」「『私はこんなに大変なのよ!』という事しか訴えてない。もう二度と出さないで欲しい」「くわばたが出てる時は見たくない。せっかく興味のある内容でも見たくなくなるのが残念」とクレームが殺到。さながら炎上状態となった。  くわばたが“炎上”したのは今回が初めてではない。ネットニュースライターが語る。 「くわばたは、ここ最近、何度もネットで炎上しています。今年3月には『福島米は買いたくない』と発言して批判を浴び、先月には『病院は100%(病気を)治せるわけではない』という医師の発言に噛み付いて、批判が殺到。過去には、自らのブログで、『(赤ちゃんの)顔を叩いたらアカン。腫れたらバレる。叩くならお尻にしなアカン…』と、つづって大騒ぎになったこともあります。相方の小原正子も頻繁にブログを更新していますが、こちらは子どもの写真を頻繁にアップして人気を集めています。夫のマック鈴木のブログも同様で、夫婦ともどもランキングの上位にいるんですけどね……」  自らの“票田”である主婦層から嫌われ始めたくわばたに、明るい未来はあるのか……。

ブログで心境告白も……アジアン隅田美保、婚活“不調”の原因は「ブスいじり」じゃない!?

ブログで心境告白も……アジアン隅田美保、婚活不調の原因は「ブスいじり」じゃない!?の画像1
 お笑いコンビ「アジアン」の隅田美保が23日、自身のブログを更新し、休業の理由について「ブスいじりが嫌なんじゃなくて、ブスいじりのせいで結婚ができひんのが嫌なだけ!」と思いの丈をつづった。さらに、感情を爆発させるように「傷ついてもないし、落ち込んでもないわ」「どこの出会いの場でも、同情されて、気を使われて、こっちからしたら、は??って感じ」と女芸人としてブスいじりされたことが、婚活の現場で弊害となっていると熱く語った。  感情をむき出しにした隅田について、芸能関係者は「2つの理由でイライラしているようです。1つは、ずっと相談していた先輩芸人に裏切られたんです。婚活や今後の芸能活動、人生についてアドバイスをしてもらっていた先輩だったのに、その相談内容をある番組でおもしろおかしく茶化されて、だいぶ憤っているようです」と声をひそめる。  現在はその先輩芸人とは距離を置き、相方の馬場園梓に相談に乗ってもらっているという。  ブログでも「(馬場園には)一番迷惑かけてるし、でも、一番理解してくれてる」と感謝を表明、以前は不仲とウワサされたコンビだが、親密さをうかがわせている。  そして、隅田をイラつかせているもう1つの理由に関して、前出の芸能関係者は「婚活がうまくいってないようです。その根本にあるのは、隅田が求める男性像があまりにもハードルが高すぎるというのがあるようなんです。とにかくイケメン好き。その上、サプライズや家事ができる男性がいいと言ってる。それにもかかわらず、隅田本人は『2015年から長らく婚活をしているのに、なんで結婚できないのか。これはブスいじりがあったからできないんだ』と勝手に思い込んでいるようなんです。隅田の追い求める理想的な男性なんて、世の中そんな多くいませんよ」と語る。  ハードルを上げすぎずガツガツしないで、謙虚な姿勢で婚活に励んでもらいたいものだ。