Sexy Zoneの密着フォトレポート! 彼らの変化と進化を余さず記録したファン必見の1冊!

 変化と進化を続けるニュータイプ・グループSexy Zoneの「レジェンド」を記録した密着フォトレポート!
 「Sexy Zone Spring Tour Sexy Second」、「デビュー3周年記念イベント」、「第65回NHK紅白歌合戦会見」、「Johnnys’ Countdown 2014-2015 & 2015 新春 JOHNNYS’ World」で繰り広げられた5人の「Sexy 伝説」をお届けします!

■続きはこちら

カテゴリー: 未分類

Sexy Zoneの密着フォトレポート! 彼らの変化と進化を余さず記録したファン必見の1冊!

 変化と進化を続けるニュータイプ・グループSexy Zoneの「レジェンド」を記録した密着フォトレポート!
 「Sexy Zone Spring Tour Sexy Second」、「デビュー3周年記念イベント」、「第65回NHK紅白歌合戦会見」、「Johnnys’ Countdown 2014-2015 & 2015 新春 JOHNNYS’ World」で繰り広げられた5人の「Sexy 伝説」をお届けします!

■続きはこちら

カテゴリー: 未分類

羽生結弦、宇野昌磨……平昌五輪男子フィギュア代表のイケメン度をDr.高須幹弥がジャッジ!

hanyuyuzuru200【第57回】「高須幹弥センセイ、羽生結弦は色っぽいと思いますか?」
 現在開催中の平昌冬季オリンピック。各競技白熱する試合が繰り広げられる中、メダルへの期待はもちろんのこと、“イケメン揃い”としても注目を集めているのが、男子フィギュアスケートの日本代表選手たちだ。けがからの完全復帰が期待される羽生結弦選手、“ポスト羽生”との呼び声高い宇野昌磨選手、“デカ”の愛称で親しまれている田中刑事選手、彼らのイケメン度はいかほどか!? 高須クリニック名古屋院院長の高須幹弥先生、男子フィギュアスケート日本代表3選手の顔面診断をお願いします!

■男子フィギュア日本代表3選手のイケメン度は?
 まずはそれぞれの顔から見ていきましょう。

 宇野昌磨選手は、目は綺麗な末広型二重で目力があり、輪郭もすっきりとしたイケメン顔です。ただ、小鼻が横に広がって鼻の穴が大きく、鼻先の潰れたダンゴ鼻で、先端は上を向いてブタ鼻になっているので、鼻の下半分だけがイケてないんですよね。言ってみれば、鼻だけが庶民的な感じ。でも、そのおかげで親近感が湧き、広い層から愛される顔立ちになっていると思います。顔全体も童顔っぽい雰囲気なので、鼻の印象でよりかわいらしさが引立っていると思いますよ。鼻以外はすごく整っているので、イケメン度としては一般人の平均より少し上くらい。鼻の下半分を整形すればイケメン度はかなり上がって、ジャニーズの中堅並みになると思います。

 田中刑事選手は、眉毛のところの骨が出て、頬骨とエラも張り、顎先も大きいゴツゴツした輪郭をしています。口元が前に出ていることで猿人や野人系の印象があり、目以外のパーツも一つひとつが大きいため、いい意味でワイルドさがある顔立ちです。男性ホルモン値の高い人に多い顔つきで、厳つい、怖いなどの印象を与えやすいですね。イケメン度としては、一般人の平均くらいかな。ただ、フィギュアスケートは女性的でかわいらしい印象の顔の男性が多いから、この世界ではワイルドさが際立っていますよね。もしフィギュア選手らしい顔立ちに整形するなら、眉毛の骨、頬骨、エラ、顎をすべて削り、上顎骨の骨切りをして口元を引っ込めるなど、骨格全体を改造しないといけないかも。とはいえ、競技の採点に顔は関係ないから、そこまでする必要はないと思いますけどね(笑)。

 羽生結弦選手は顔に大きな欠点がなく、3人の中でいちばんのイケメンです。シャープな輪郭に色白できれいな肌と女性的な印象が強く、彫りの浅い平面的な顔立ちで童顔っぽい雰囲気もあります。さらに、目が一重で切れ長なため、威圧感がなくいつも涼しげ。クセがなく、幼さと優しさが共存していて、誰からも愛される顔だと思います。もし羽生選手がジャニーズだったら、「Hey!Say!JUMP」あたりのメンバーにいても遜色ないと思います。

 顔は採点に影響しないとはいえ、アスリートで見た目がいいとファンも増えやすく、スポンサーがついていろいろなサポートをしてくれたり、CMのギャラが高額になって収入が増えたりと、それなりのメリットがあります。というのも、スポーツ選手は世間の印象が良く、アンチも少ないため、企業のイメージアップにつながるとしてCM起用などでも人気があるから。田中選手あたりだと実力が伴わないと難しそうですが、羽生選手のようにビジュアルも実力もあるアスリートは完璧。高須クリニックもCMに出演してほしいくらいです(笑)。

■羽生は氷上の申し子だった!?
 男子フィギュアに限らず、アスリートにはイケメンが多いですよね。それは、何かに打ち込んで頑張っている人ほど顔の筋肉がほどよく発達して、精悍な顔立ちになりやすいからなんです。さらに、体脂肪率が低くて顔も体も引き締まっているし、競技や演技に集中する姿でカッコよさも割増されて、よりイケメンに見えるんですね。今季の男子フィギュア3選手も世間の評判通り、顔面偏差値が高めですが、歴代のオリンピック男子フィギュア代表選手も、そこそこ高いレベルだったと思うので、例年並みといったところかと思います。

 ただ、男子フィギュアがほかの競技と違うのは、演技の上で男性にも色気が求められるというところ。今季の3選手の中では、やはり羽生選手がいちばん色っぽいですね。顔立ちが女性らしいのもありますが、23歳と髭が濃くなっているはずの年齢でもほとんど髭がなく、肌に脂っぽさもない。体つきや動作なども女性的なので、男性ホルモンの値自体が低いのかもしれません。それがしなやかな演技にもつながっていると思うので、フィギュアをやるために生まれてきたように感じますね。

高須幹弥(たかす・みきや)
美容外科「高須クリニック」名古屋院・院長。オールマイティーに美容外科治療を担当し、全国から患者が集まる。美容整形について真摯につづられたブログが好評。
公式ブログ

『ヒルナンデス!』にHey!Say!JUMP岡本圭人登場! 2月13日(火)ジャニーズアイドル出演情報

――翌日にジャニーズアイドルが出演予定の番組情報をお届けします。見逃さないように、録画予約をお忘れなく!

※一部を除き、首都圏の放送情報を元に構成しています。
※番組編成、及び放送日時は変更になることがあります。最新情報は番組公式サイト等をご確認ください。

●TOKIO

8:00~ 9:55 『白熱ライブビビット』(TBS系) 国分太一
11:25~11:30 『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系) 国分太一
21:00~25:54 『幸せ!ボンビーガールSP』(日本テレビ系) 山口達也

※『Rの法則』(NHK Eテレ、山口達也)は放送休止。

●V6

8:15~ 9:00 『あさイチ』(NHK総合) 井ノ原快彦
25:08~25:38 『アメージパング!』(TBS系)

■続きはこちら

カテゴリー: 未分類

「24時間最大料金」にご注意!? トラブル続出のコインパーキングで“半グレ”恫喝のケースも……

 都内で“ぼったくりコインパーキング”が問題となっている。「24時間最大料金」と大きく提示していながら、その条件が最初の24時間にしか適用されず、利用者が千数百円と想定していた駐車料金に対し、数万円を請求されるなどといったトラブルが多発。さらに、パーキング側にクレームを入れた利用者が、不良集団の「半グレ」グループに囲まれるという恐ろしい事態が起きていたこともわかった。

「昨年12月に『24時間最大料金800円』と書いてある都内のコインパーキングに16時ごろ車を停めて、翌日の昼12時に出庫しようとしたんです。20時間ぐらいなので、料金は24時間以内の800円かと思ったら、2万4,800円と表示されてビックリです。これは機械の故障だろうと思い、看板に記載してある電話番号に問い合わせたら『故障ではなく正規料金だ』と言われたんです」

 この被害者は都内在住の30代、会社員男性。パーキング業者は、看板に最大料金が『24時までの適用』で『翌日以降は適用されない』と記載してあると主張。業者側の設定した料金では、当日24時までは最大料金の800円としているが、翌日25時以降も継続して駐車すると、1時間2,000円と大幅にアップするというもの。

「実際、看板にはその旨が小さく記されてありましたが、近づいてよく見ないとわからないようなものでした。通常料金が1時間2,000円で、最初だけ特別の割引価格になっているというのが業者の言い分。これは詐欺まがいだと思い『払わない』と突っぱねたんですが、電話で話している最中に、現場に3人の不良っぽい男たちがやって来たんです」(同)

 男たちは、「ここの監視員を頼まれている者だ」と言いながら被害者を睨みつけ、さらに「車を停めていたら、その分だけ、どんどん値段が上がる。もし払わないで強引に車を出したら、その時点で警察に突き出す」と言ったという。

「男たちは怖いし、このままだと1時間2,000円がどんどん加算されていくだけなので、仕方なく近くのATMでお金を引き出して支払い、警察へ行きました」(同)

 しかし、警察官は「業者の言う通りに書いてあるなら仕方ない」と取り合ってくれなかったという。ただ、男性は後日、テレビを見て仰天。パーキングで威嚇してきた男のひとりが振り込め詐欺の疑いで逮捕され「不良グループ」と報じられていたというのである。その逮捕者をネットで検索すると、首都圏でトラブルを数多く起こしている半グレグループのメンバーであることがわかった。

「そこで再び警察に相談したら、その男は準暴力団という位置付けの連中だと言われました。それでもパーキング被害は、犯罪と認定するのは難しいと言われましたけどね」(同)

 全国の消費生活センターには最近、こうした最大料金を誤解させるコインパーキングの“ぼったくりトラブル”の相談が急増中だ。「入庫から24時まで」と記し、24時間と勘違いさせる手口もあるなど、利用客の見落としを狙った悪徳商法といえそうで、これには消費者庁も「コインパーキングの表示をよく読むように」と注意を呼び掛けている。だが、男性の被害例のように刑事事件として立件しにくいところが、なおも被害者を増やしてしまう要因だ。

 ただ、不良が出てきた事例については、アウトローに詳しいフリーライター高山登氏が「暴力団関係者が強引に地上げした土地をパーキングにして、合法的に収益を上げるケースがあって、その運営を半グレの連中に任せていることもある」と話す。

「数年前、コインパーキングの設備メーカーが暴力団のフロント企業であることが判明しましたし、この手の業者にはヤクザがよく絡んでいるので、組員がコインパーキングのインターホンで組織名を伝えれば、無料で出庫できる仕組みになっていたケースもあったんです。ぼったくり料金が反社会勢力の資金源になっている可能性もあるでしょう」(同)

 前出被害者のパーキングは、社会問題になったからか、現在は1時間の料金が2,000円から1,000円に下がっている。それでも、支払いトラブルが起きそうな価格ではあるが……。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

「24時間最大料金」にご注意!? トラブル続出のコインパーキングで“半グレ”恫喝のケースも……

 都内で“ぼったくりコインパーキング”が問題となっている。「24時間最大料金」と大きく提示していながら、その条件が最初の24時間にしか適用されず、利用者が千数百円と想定していた駐車料金に対し、数万円を請求されるなどといったトラブルが多発。さらに、パーキング側にクレームを入れた利用者が、不良集団の「半グレ」グループに囲まれるという恐ろしい事態が起きていたこともわかった。

「昨年12月に『24時間最大料金800円』と書いてある都内のコインパーキングに16時ごろ車を停めて、翌日の昼12時に出庫しようとしたんです。20時間ぐらいなので、料金は24時間以内の800円かと思ったら、2万4,800円と表示されてビックリです。これは機械の故障だろうと思い、看板に記載してある電話番号に問い合わせたら『故障ではなく正規料金だ』と言われたんです」

 この被害者は都内在住の30代、会社員男性。パーキング業者は、看板に最大料金が『24時までの適用』で『翌日以降は適用されない』と記載してあると主張。業者側の設定した料金では、当日24時までは最大料金の800円としているが、翌日25時以降も継続して駐車すると、1時間2,000円と大幅にアップするというもの。

「実際、看板にはその旨が小さく記されてありましたが、近づいてよく見ないとわからないようなものでした。通常料金が1時間2,000円で、最初だけ特別の割引価格になっているというのが業者の言い分。これは詐欺まがいだと思い『払わない』と突っぱねたんですが、電話で話している最中に、現場に3人の不良っぽい男たちがやって来たんです」(同)

 男たちは、「ここの監視員を頼まれている者だ」と言いながら被害者を睨みつけ、さらに「車を停めていたら、その分だけ、どんどん値段が上がる。もし払わないで強引に車を出したら、その時点で警察に突き出す」と言ったという。

「男たちは怖いし、このままだと1時間2,000円がどんどん加算されていくだけなので、仕方なく近くのATMでお金を引き出して支払い、警察へ行きました」(同)

 しかし、警察官は「業者の言う通りに書いてあるなら仕方ない」と取り合ってくれなかったという。ただ、男性は後日、テレビを見て仰天。パーキングで威嚇してきた男のひとりが振り込め詐欺の疑いで逮捕され「不良グループ」と報じられていたというのである。その逮捕者をネットで検索すると、首都圏でトラブルを数多く起こしている半グレグループのメンバーであることがわかった。

「そこで再び警察に相談したら、その男は準暴力団という位置付けの連中だと言われました。それでもパーキング被害は、犯罪と認定するのは難しいと言われましたけどね」(同)

 全国の消費生活センターには最近、こうした最大料金を誤解させるコインパーキングの“ぼったくりトラブル”の相談が急増中だ。「入庫から24時まで」と記し、24時間と勘違いさせる手口もあるなど、利用客の見落としを狙った悪徳商法といえそうで、これには消費者庁も「コインパーキングの表示をよく読むように」と注意を呼び掛けている。だが、男性の被害例のように刑事事件として立件しにくいところが、なおも被害者を増やしてしまう要因だ。

 ただ、不良が出てきた事例については、アウトローに詳しいフリーライター高山登氏が「暴力団関係者が強引に地上げした土地をパーキングにして、合法的に収益を上げるケースがあって、その運営を半グレの連中に任せていることもある」と話す。

「数年前、コインパーキングの設備メーカーが暴力団のフロント企業であることが判明しましたし、この手の業者にはヤクザがよく絡んでいるので、組員がコインパーキングのインターホンで組織名を伝えれば、無料で出庫できる仕組みになっていたケースもあったんです。ぼったくり料金が反社会勢力の資金源になっている可能性もあるでしょう」(同)

 前出被害者のパーキングは、社会問題になったからか、現在は1時間の料金が2,000円から1,000円に下がっている。それでも、支払いトラブルが起きそうな価格ではあるが……。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

SMは、なぜ人を惹きつけるのか? “危険なプレイ”を共有する先にあるもの

 官能小説といえば、SMプレイは代表ともいえるシチュエーションである。しかし、その世界観は一般的には非常に縁遠い存在であり、そういった行為を実際に体験している女性はごくわずかだろう。果たして本当にSMというプレイをしている人はいるのだろうか? 都市伝説のような存在であるSMが、なぜこれほど人を惹きつけるのだろう?

 今回ご紹介する『甘美なる隷従』(フランス書院)は、平凡な女性がある男との出会いにより、性に目覚め、美しく開化する物語である。

 主人公の真奈美は、小さな出版社に勤めている。美大を卒業し、イラストレーターになることを夢見ていたが、才能がないことに気付き、美術を取り扱う出版社に就職した。

 仕事でとある美術館に来ていた真奈美は、1枚の絵に釘付けになる。それは、緊縛された女性が恍惚の表情を浮かべている作品だ。描かれている女性の美しさに魅了された真奈美は、ふと背後に視線を感じた。視線の主は、この展覧会を企画した男・北条である。

 タイトな黒のスーツに身を包み、冷酷な表情を浮かべた彼は、真奈美を喫茶店に誘う。後ろを振り向きもせずに美術館を出て行く北条を訝しがりつつも、後を追う真奈美。運転手つきの車に乗せられ、連れられた場所は瀟洒な喫茶店であった。そこで真奈美は北条に「君が欲しい」と告白される。

 その後、真奈美は北条の「コレクション」を見に行くことになる。迎えに来た車が向かった先は、小さな博物館のような建物であった。北条に迎えられ、真奈美は地下室へと案内される。そこに飾られていたのは無数の女性の写真――ある者は猿轡を咥えて恍惚の表情を浮かべ、ある者は縄で縛られている――写真の女性たちはすべて、北条の愛した女であった。

 サディストである北条は、彼女たちのように真奈美を「支配」したいと申し出る。そして、真奈美自身がそれを「望んでいた」と言う。北条に支配されるということは、自らの「女であること」と向き合うことだ。悩んだ末に、真奈美は北条に隷従することを選択するのだが――。

 潜在的にマゾヒストへの願望を抱いていた真奈美は、北条の手ほどきにより自らの羞恥心を脱ぎ捨て、美しい女性へと開花する。それは北条のプレイによるものもあるが、彼への服従から芽生えた「恋心」も手伝っていた。

 SMという、一歩間違えれば命の危険も伴うプレイを共有することにより、互いの魂をさらけ出す――そんな行為を共有できる人など、どれほど存在するだろうか。我々は、愛する人に対しても秘密や嘘などの建前をまとい、穏便に関係を続けている場合が多い。そんな平和主義な私たちにとって、SMという行為はファンタジックでありながらも、密かに憧れを抱く行為なのかもしれない。
(いしいのりえ)

「マジでクソオタク」「無理」月9『海月姫』、内田理央と松井玲奈にお茶の間イライラ

 2月12日夜9時から第5話が放送される、芳根京子主演の『海月姫』(フジテレビ系)。視聴率は初回8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、第2話6.9%、第3話5.9%と下がり続けていたが、第4話は7.5%と急上昇した。

 同ドラマは、男子禁制のアパート「天水館」でオタク女子仲間、通称“尼~ず(あまーず)”と共同生活を送るクラゲオタク・倉下月海(芳根)が主人公。地味な私生活を過ごす月海だったが、“女装美男子”の鯉淵蔵之介(瀬戸康史)と出会ってから生活が急変する。そして次第に、蔵之介の弟である“童貞エリート”鯉淵修(工藤阿須加)を交えた三角関係へと発展していく。

 第4話では、実は蔵之介が男だと知ってしまったジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)が、蔵之介との話し合いを終えて「天水館」に帰ってくる。しかし、「女に生まれたが、男として育てられてきた」という蔵之介の嘘を信じたようで、2人は同情して泣き崩れてしまう。さらに、「北京ダックをご馳走になった」と満足げにしているジジ様たちを見て、まやや(内田理央)は「自分もおいしいものが食べたい」と嫉妬。月海とばんばさん(松井玲奈)を連れ、蔵之介のいるクラブ「バタフライ」へ向かうことに。

 しかし、オシャレなクラブ「バタフライ」を、蝶好きのオタクが集まる場所だと勘違いしていた3人は、店の中で客たちから笑いものにされてしまう。傷ついたまややとばんばさんは、すぐさま帰宅。そして2人は、蔵之介が来てから平穏な生活が壊れたとまで言い始め、敵視するように。せっかく蔵之介が見つけてくれた仕事に対しても「無理だ」と突っぱねて、蔵之介と距離を置き始めるのだった。

「まややとばんばさんの、この行動を疑問視した視聴者は多かったようです。ネット上では『オタクたちイライラする~!』『尼~ず苦手だな。コミュ障ぶりにはイライラする』『コミュ障オタク、無理すぎて鳥肌立ってる』『独りよがりでまともに話聞こうとしないの、マジでクソオタクって感じ』といった声が上がっています」(芸能ライター)

 第5話では、町の再開発のために「天水館」の売買計画がどんどん進んでいることを知った尼~ずの一同は戦々恐々となる。なんとかして「天水館」の権利を手に入れて建物の取り壊しを阻止したい月海は、資金作りのためにドレスをたくさん作って販売しようと蔵之介に持ちかける。

 その提案に乗った蔵之介は、作ったドレスでファッションショーをやろうと言い出す。月海たちは、そこまでできるだろうかという不安を抱きながらも、本格的なドレス作りに着手することに。一方の蔵之介は、ショーの会場探しを始めるのだった。

「第5話では、新たなオタク女子として安達祐実演じるノムさんが登場するようです。曲者だらけの尼~ずの中にどう入り込んでいくのか、また安達がどのようにオタク演技をするのかに注目が集まっています」(同)

 ようやく視聴率回復の兆しが見えてきた『海月姫』。連続アップとなることに期待したい。

「マジでクソオタク」「無理」月9『海月姫』、内田理央と松井玲奈にお茶の間イライラ

 2月12日夜9時から第5話が放送される、芳根京子主演の『海月姫』(フジテレビ系)。視聴率は初回8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、第2話6.9%、第3話5.9%と下がり続けていたが、第4話は7.5%と急上昇した。

 同ドラマは、男子禁制のアパート「天水館」でオタク女子仲間、通称“尼~ず(あまーず)”と共同生活を送るクラゲオタク・倉下月海(芳根)が主人公。地味な私生活を過ごす月海だったが、“女装美男子”の鯉淵蔵之介(瀬戸康史)と出会ってから生活が急変する。そして次第に、蔵之介の弟である“童貞エリート”鯉淵修(工藤阿須加)を交えた三角関係へと発展していく。

 第4話では、実は蔵之介が男だと知ってしまったジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)が、蔵之介との話し合いを終えて「天水館」に帰ってくる。しかし、「女に生まれたが、男として育てられてきた」という蔵之介の嘘を信じたようで、2人は同情して泣き崩れてしまう。さらに、「北京ダックをご馳走になった」と満足げにしているジジ様たちを見て、まやや(内田理央)は「自分もおいしいものが食べたい」と嫉妬。月海とばんばさん(松井玲奈)を連れ、蔵之介のいるクラブ「バタフライ」へ向かうことに。

 しかし、オシャレなクラブ「バタフライ」を、蝶好きのオタクが集まる場所だと勘違いしていた3人は、店の中で客たちから笑いものにされてしまう。傷ついたまややとばんばさんは、すぐさま帰宅。そして2人は、蔵之介が来てから平穏な生活が壊れたとまで言い始め、敵視するように。せっかく蔵之介が見つけてくれた仕事に対しても「無理だ」と突っぱねて、蔵之介と距離を置き始めるのだった。

「まややとばんばさんの、この行動を疑問視した視聴者は多かったようです。ネット上では『オタクたちイライラする~!』『尼~ず苦手だな。コミュ障ぶりにはイライラする』『コミュ障オタク、無理すぎて鳥肌立ってる』『独りよがりでまともに話聞こうとしないの、マジでクソオタクって感じ』といった声が上がっています」(芸能ライター)

 第5話では、町の再開発のために「天水館」の売買計画がどんどん進んでいることを知った尼~ずの一同は戦々恐々となる。なんとかして「天水館」の権利を手に入れて建物の取り壊しを阻止したい月海は、資金作りのためにドレスをたくさん作って販売しようと蔵之介に持ちかける。

 その提案に乗った蔵之介は、作ったドレスでファッションショーをやろうと言い出す。月海たちは、そこまでできるだろうかという不安を抱きながらも、本格的なドレス作りに着手することに。一方の蔵之介は、ショーの会場探しを始めるのだった。

「第5話では、新たなオタク女子として安達祐実演じるノムさんが登場するようです。曲者だらけの尼~ずの中にどう入り込んでいくのか、また安達がどのようにオタク演技をするのかに注目が集まっています」(同)

 ようやく視聴率回復の兆しが見えてきた『海月姫』。連続アップとなることに期待したい。

おっぱいクッキリのビービー、ビヨンセは子連れで大スリット、ココはノーパン!? 第60回グラミー賞授賞式

 1月28日、ニューヨークで第60回グラミー賞授賞式が開催された。今年はブルーノ・マーズが最優秀アルバム賞など主要3部門を独占。最多の6冠に輝き、圧倒的な強さを見せた。

 オープニングパフォーマンスを飾ったケンドリック・ラマーなど、今年は黒人男性が活躍した年になった。女性アーティストの受賞は少なく、主要部門では「受賞したら低迷する呪いがかかる」とうわさされている最優秀新人賞を獲得したアレッシア・カーラのみ。グラミー賞も、ゴールデン・グローブ賞に引き続き「性暴力、性差別、人種差別をなくそう」と呼びかける「Time’s Up」運動が行われたため、世間からは「それなのに女性の受賞者が少ない」「これこそ差別」と批判される、若干後味の悪いものになってしまった。

 とはいえ、みんな黒のドレスを着ていたゴールデン・グローブ賞とは異なり、女性セレブたちが美しいドレスを身にまとい、式典自体は華やかなものとなった。出席者たちはレッドカーペットで白いバラを持つことで、「Time’s Up」への支援を表明。皆あまりにも美しいので、「白いバラより目立つ」と話題になった。

 今回はそんなグラミー賞に出席したセレブたちがインスタグラムに投稿した写真を、ご紹介しよう。