深夜ドラマ『ホリデイラブ』が異例の高視聴率スタート! 不倫シーンで「矢口祭り」勃発も

 今や毎週のように有名人たちの不倫が報じられているが、昨今はドラマの世界でも『あなたのことはそれほど』(TBS系)や『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)といった不倫モノが人気を博している。

 今期は1月26日にスタートした仲里依紗主演のドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)がスタート。原作は人気マンガアプリ「マンガボックス」で連載されている『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』で、不倫を題材にした作品となっている。

 第1話では塚本高史と不倫相手の松本まりかの情事が描かれたが、2人の激しい絡みに注目が集まり、深夜帯ながら初回視聴率5.1%(ビデオリサーチ調べ)を記録した。

「乳首までは見えないものの、松本は全裸のまま激しいキスを繰り返し、正常位で合体しているシーンが放送されました。その後、松本の背中ヌードが映し出された際には、カラダの横から豊満な乳房がハミ出しているのまでハッキリ見て取れたため、視聴者からは『ヤバイ! 興奮してきた』『地上波でここまでやっていいのか』『まるでAV!』と、鼻息の荒いコメントがネット上で連打されました」(テレビ誌ライター)

 さらに情事の直後、松本の夫が帰宅するのだが、そこにもネット民たちが食いつき、大盛り上がりとなっているという。

「ドラマでは2人が性交している最中に松本の夫が帰宅、その現場を目撃してしまいます。これが過去に矢口真里が男を自宅に連れ込んで元夫の中村昌也に目撃された不倫の状況を彷彿とさせることから、『絶対に矢口を意識している』とSNSでは“矢口祭り”となりました。実際、松本の夫役の俳優は中村倫也と、中村昌也とは一文字違いですから、スタッフも間違いなく意識していたはず。それどころか、倫也と昌也は所属事務所も同じ系列ですから、事務所の仕掛けだった可能性もありそうです」(同)

 今後も地上波の限界を超えた演出があるのか、注目を集めそうだ。

深夜ドラマ『ホリデイラブ』が異例の高視聴率スタート! 不倫シーンで「矢口祭り」勃発も

 今や毎週のように有名人たちの不倫が報じられているが、昨今はドラマの世界でも『あなたのことはそれほど』(TBS系)や『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)といった不倫モノが人気を博している。

 今期は1月26日にスタートした仲里依紗主演のドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)がスタート。原作は人気マンガアプリ「マンガボックス」で連載されている『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』で、不倫を題材にした作品となっている。

 第1話では塚本高史と不倫相手の松本まりかの情事が描かれたが、2人の激しい絡みに注目が集まり、深夜帯ながら初回視聴率5.1%(ビデオリサーチ調べ)を記録した。

「乳首までは見えないものの、松本は全裸のまま激しいキスを繰り返し、正常位で合体しているシーンが放送されました。その後、松本の背中ヌードが映し出された際には、カラダの横から豊満な乳房がハミ出しているのまでハッキリ見て取れたため、視聴者からは『ヤバイ! 興奮してきた』『地上波でここまでやっていいのか』『まるでAV!』と、鼻息の荒いコメントがネット上で連打されました」(テレビ誌ライター)

 さらに情事の直後、松本の夫が帰宅するのだが、そこにもネット民たちが食いつき、大盛り上がりとなっているという。

「ドラマでは2人が性交している最中に松本の夫が帰宅、その現場を目撃してしまいます。これが過去に矢口真里が男を自宅に連れ込んで元夫の中村昌也に目撃された不倫の状況を彷彿とさせることから、『絶対に矢口を意識している』とSNSでは“矢口祭り”となりました。実際、松本の夫役の俳優は中村倫也と、中村昌也とは一文字違いですから、スタッフも間違いなく意識していたはず。それどころか、倫也と昌也は所属事務所も同じ系列ですから、事務所の仕掛けだった可能性もありそうです」(同)

 今後も地上波の限界を超えた演出があるのか、注目を集めそうだ。

インド10代リケ女が「レイプ防止パンティ」を開発! GPSにカメラ、自動通報機能付き

 世界で中国に次いで2番目に人口が多いインド。インドというと、すぐにカレーを思い浮かべる日本人が多いのではないかと思われるが、最近は、女性に対する性的暴行やハラスメントなどの事件が頻繁に起こることでも知られるようになっている。

 現地の少女が道端で数人の男に連れ去られ、性的暴行を受けた末に殺害されるといった事件や、外国人旅行者が現地の男に乱暴されるなどというニュースも数多く流れてくる。

 そんなインドで、10代の理系女子大生が女性向けの「レイプ防止パンティ」を開発し、特許を取って販売しようとしていると、イギリスのタブロイド紙「デイリー・メイル」が伝えている。

 それによると、インド北部の貧しい家庭で育ったセーヌ・クマリさんが、日本円にして8,000円以下で作ったというレイプ防止パンティは、生地が防弾・防刃で、加えてロック機能や自動通報機能、そしてビデオカメラまで備えているという。

 ロック機能はお腹の部分にあり、3ケタの番号を照合しないとパンティを脱がすことができないようになっている。また、男性に襲われそうになった際にボタンを押すと、自動的に家や警察に通報されるようになっており、GPS機能により居場所もすぐに特定でき、通報を受けた警察が現場に急行できるようになっている。

 ビデオカメラ機能は、レイプ犯の顔をカメラが捉えてその映像を保存し、誰が犯人なのかが後からでもわかるようになっているという。

 これを作ったクマリさんは、自分の発明について「これを毎日身に付ける必要はないけど、一人で旅行に出るときや、あまり安全ではないところに行くときに着用すれば安全。変な男に女性の尊厳を侵されることがなくなるわ」と話している。

 クマリさんは、すでにこのパンティを国の然るべき機関に送り、特許を申請しているところだという。「特許を得て、生地と搭載する機器をもっといいものにすれば、実用的になるし、マーケットでも売れると思うわ」とクマリさんは言う。

 この発明によりクマリさんが貧しい我が家の家計を助けることができるようになるとともに、インドでレイプ犯罪が撲滅されることを祈るばかりである。

インド10代リケ女が「レイプ防止パンティ」を開発! GPSにカメラ、自動通報機能付き

 世界で中国に次いで2番目に人口が多いインド。インドというと、すぐにカレーを思い浮かべる日本人が多いのではないかと思われるが、最近は、女性に対する性的暴行やハラスメントなどの事件が頻繁に起こることでも知られるようになっている。

 現地の少女が道端で数人の男に連れ去られ、性的暴行を受けた末に殺害されるといった事件や、外国人旅行者が現地の男に乱暴されるなどというニュースも数多く流れてくる。

 そんなインドで、10代の理系女子大生が女性向けの「レイプ防止パンティ」を開発し、特許を取って販売しようとしていると、イギリスのタブロイド紙「デイリー・メイル」が伝えている。

 それによると、インド北部の貧しい家庭で育ったセーヌ・クマリさんが、日本円にして8,000円以下で作ったというレイプ防止パンティは、生地が防弾・防刃で、加えてロック機能や自動通報機能、そしてビデオカメラまで備えているという。

 ロック機能はお腹の部分にあり、3ケタの番号を照合しないとパンティを脱がすことができないようになっている。また、男性に襲われそうになった際にボタンを押すと、自動的に家や警察に通報されるようになっており、GPS機能により居場所もすぐに特定でき、通報を受けた警察が現場に急行できるようになっている。

 ビデオカメラ機能は、レイプ犯の顔をカメラが捉えてその映像を保存し、誰が犯人なのかが後からでもわかるようになっているという。

 これを作ったクマリさんは、自分の発明について「これを毎日身に付ける必要はないけど、一人で旅行に出るときや、あまり安全ではないところに行くときに着用すれば安全。変な男に女性の尊厳を侵されることがなくなるわ」と話している。

 クマリさんは、すでにこのパンティを国の然るべき機関に送り、特許を申請しているところだという。「特許を得て、生地と搭載する機器をもっといいものにすれば、実用的になるし、マーケットでも売れると思うわ」とクマリさんは言う。

 この発明によりクマリさんが貧しい我が家の家計を助けることができるようになるとともに、インドでレイプ犯罪が撲滅されることを祈るばかりである。

“中村雅俊の娘”二世モデル・中村里砂が精神的ダメージで仕事激減「長時間の撮影は無理」と……

 2010年にモデルとして芸能活動を開始し、その人形のようなルックスで、若い女性からの支持を集めた中村里砂。14年には「父が俳優の中村雅俊、母は女優の五十嵐淳子である」と公表し、その後『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)や『踊る!さんま御殿!!』(同)などの人気バラエティ番組に出演し、16年には映画『少女椿』で主演を務めるなど、知名度を上げていた彼女だったが、最近ではテレビで顔を見ることも少なくなった。その裏に、いったい何があったのか?

「もともと、彼女は人見知りの性格でした。デビュー当初はそれを克服しようと仕事を頑張っていたようです。だが、2年ほど前から、本格的に人と話せなくなり、精神的に不安定な状態に陥り、長時間の撮影が困難になってきたと聞きました」(週刊誌ライター)

 現在では、ファッション雑誌や広告のモデルでしか見かけなくなった中村。「目が怖い」「目頭切開がひどい」など、たびたびネット上で持ち上がった“整形疑惑”も、彼女を追い込んだ一因とみられている。

 また、“芸能人の2世”というだけで中傷被害を受けることも。タレントの石田純一と松原千明の娘であるすみれは、1月30日深夜放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演し、過去にネットで誹謗中傷され号泣したと告白し、「仕事でメンタルがやられてしまう」と語っていた。中村も、すみれのような状態になってしまったのだろうか。

 しかし、周囲はそんな中村を「応援したい」と言っているようだ。中村を知る前出の週刊誌ライターが明かす。

「仕事上で、彼女の悪い評判は聞いたことがありません。モデルとして若い女性から人気が出てもテングにならず、性格もいいようです。現在の精神状態だと、多方面での仕事は難しいかもしれませんが、安定したら少しずつオファーが増えていくでしょうね」

 中村同様、一時仕事量を大きく減らしていたすみれは17年に本格復帰し、現在はテレビに数多く出演している。中村の回復を祈りたい。

“中村雅俊の娘”二世モデル・中村里砂が精神的ダメージで仕事激減「長時間の撮影は無理」と……

 2010年にモデルとして芸能活動を開始し、その人形のようなルックスで、若い女性からの支持を集めた中村里砂。14年には「父が俳優の中村雅俊、母は女優の五十嵐淳子である」と公表し、その後『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)や『踊る!さんま御殿!!』(同)などの人気バラエティ番組に出演し、16年には映画『少女椿』で主演を務めるなど、知名度を上げていた彼女だったが、最近ではテレビで顔を見ることも少なくなった。その裏に、いったい何があったのか?

「もともと、彼女は人見知りの性格でした。デビュー当初はそれを克服しようと仕事を頑張っていたようです。だが、2年ほど前から、本格的に人と話せなくなり、精神的に不安定な状態に陥り、長時間の撮影が困難になってきたと聞きました」(週刊誌ライター)

 現在では、ファッション雑誌や広告のモデルでしか見かけなくなった中村。「目が怖い」「目頭切開がひどい」など、たびたびネット上で持ち上がった“整形疑惑”も、彼女を追い込んだ一因とみられている。

 また、“芸能人の2世”というだけで中傷被害を受けることも。タレントの石田純一と松原千明の娘であるすみれは、1月30日深夜放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演し、過去にネットで誹謗中傷され号泣したと告白し、「仕事でメンタルがやられてしまう」と語っていた。中村も、すみれのような状態になってしまったのだろうか。

 しかし、周囲はそんな中村を「応援したい」と言っているようだ。中村を知る前出の週刊誌ライターが明かす。

「仕事上で、彼女の悪い評判は聞いたことがありません。モデルとして若い女性から人気が出てもテングにならず、性格もいいようです。現在の精神状態だと、多方面での仕事は難しいかもしれませんが、安定したら少しずつオファーが増えていくでしょうね」

 中村同様、一時仕事量を大きく減らしていたすみれは17年に本格復帰し、現在はテレビに数多く出演している。中村の回復を祈りたい。

人気急上昇中のジャニーズWESTをフォトレポート! デビューから今までの彼らをプレイバック!

 2014年4月、7人での感動的なデビューから、いまや冠番組を持ち、ドラマ・舞台・映画とメンバーは活躍のフィールドをますます拡大中! 
 今、ジャニーズで最も“アツい”7人に注目!!

CONTENTS

重岡大毅 DAIKI SHIGEOKA・・・04P~
桐山照史 AKITO KIRIYAMA・・・18P~
中間淳太 JUNTA NAKAMA・・・32P~
神山智洋 TOMOHIRO KAMIYAMA・46P~
藤井流星 RYUSEI FUJII・・・・・58P~
濱田崇裕 TAKAHIRO HAMADA・・70P~
小瀧 望 NOZOMU KOTAKI・・・82P~

■立ち読みはこちら

カテゴリー: 未分類

隅田美保、なぜ婚活がうまくいかない? ブログに綴られた“説明”に感じる面倒くささ

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「以前も、話しましたが」アジアン・隅田美保
(隅田美保公式ブログ、1月27日)

 2011年6月10日放送の『人志松本のゾッとする話』(フジテレビ系)に、アジアン・馬場園梓が出演した時のこと。馬場園は、“ゾッとするネタ”として、相方である隅田美保の話をあげていた。ハワイにロケに行った時、仕事を終えて疲れて寝たい馬場園に対し、海外でテンションの上がっている隅田が、「ねえねえ、男の人と付き合うってどんな感じなん?」「(経験がないのに)キスする時、うちは目を開けておきたい方やねん」と話しかけてきたとのこと。暗闇の中で携帯の光に照らされた顔が、『デスノート』(集英社)の死神みたいでゾっとしたと話して、笑いを誘っていた。

 また『そうだ旅(どっか)行こう』(テレビ東京系)で、「美を磨く旅」と称して、アジアンと美容家・IKKOが新大久保の韓国コスメ店を訪れた際、女性器を引き締めるためのよもぎ蒸しのナプキンを店員から勧められると、馬場園は隅田に「そもそも、穴が開いてないんだから、使っても無駄」と、交際経験がないことをバカにするような発言をしていた。

 オンナ芸人がブスやモテないネタで笑いを取るのは、よくあることではある。けれど、自分で自分をネタにして笑うことはあっても、相方が率先して言い出すケースはほとんどなく、私には馬場園が隅田をバカにしているように感じた。

 なので、隅田が「ブスいじりのせいで、結婚できないのがイヤ」とブログで説明し、テレビに出るのを休むと宣言した時、いい判断だなと思った。オンナ芸人の中には、ブスやモテないネタを、“笑いを取るためのビジネス”と割り切れる人と、そうでない人がいる。隅田は割り切れないタイプのようだし、相方という年柄年中一緒にいる人に見下されていては、精神衛生上よくないと思ったわけだ。

 あれから3年、隅田がテレビに帰ってきた。昨年12月に更新された、本人の公式ブログによると、「彼氏ができんへん事をお笑いのせいやと思ってたんですが どうやら全く関係ありませんでした」と、“現実”に気付いたようである(オンナ芸人でも、恋愛や結婚している人はたくさんいるわけで、そこに考えが及ばないあたり、案外視野が狭いと思われる)。

 『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演し、めでたくテレビ復帰を果たした隅田が、1月27日に自身のブログを更新した。それを読んで、この人、面倒くさいと思った次第である。

 「私の事を大事にしてくれる人(イケメン)」「サプライズとか好きな人」「家事が好きな人」といった隅田の結婚相手に求める条件に対して、面倒くささを感じたのではない。ブログが、オンナノコっぽい攻撃性とぼんやりした感じにあふれているのである。

 オンナノコっぽい攻撃性とは、“本質とは関係ない妙なこだわり”、もしくは“潔癖さ”からくる攻撃性のことを指す。隅田のブログは割とケンカ腰で、「〇〇と報道されているが、真実ではない」ということが繰り返し書かれている。例えば、「世間の人らは、ずっと私がブスいじりが嫌で、テレビを休んでいると勘違いしているみたいですね」とか「ネットニュースは、実はブスいじりに病んでるとか、実はコンビ不仲とか、すぐ好き勝手なことを書く」といった具合だ。隅田は将来カフェを開きたいという夢があり、テレビに出ていない間、婚活と合わせてカフェでバイトをしていたそうだが、最新の日記には「以前も、話しましたが」と断りを入れた上で、「生活費稼ぎのために、ただカフェでアルバイトをやっていたと思われているようです」と皮肉まじりの口調で弁明をしている。

 隅田は、間違った情報が流布されることに我慢がならないのかもしれない。しかし、その情報は果たして必要だろうか。大人の世界で重んじられるのは、結果である。隅田に「自分からテレビに出ない時期」があったのは事実で、結婚相手が見つかれば「めでたしめでたし」で終わる話だったのだ。婚活がうまくいっていない今、報道が正しくないという理由でいちいち訂正をしていると、結果が出ていないだけに「口うるさい」「プライドだけ高い」とくくられてしまい、損をするのがオチである。

 また、カフェ開業に関しても、ぼんやりして夢見がちな部分が目立つ。隅田はカフェのオーナーになりたいのか、現場で店長として指揮を執りたいのか、それともおしゃれ空間で働くことにあこがれているのかが伝わってこないのである。

 飲食業というのは大変厳しい世界で、店を立ち上げるより、キープする方が至難の技らしい。『有吉ゼミ』(日本テレビ系)には「芸能人の心配な店」というコーナーがあり、数々の芸能人経営の店が、高確率で潰れる確率を宣告されているが、それはつまり飲食業は芸能人のネームバリューと資金力だけでは持たないということだろう。隅田が付け焼刃的にバイトでコーヒーの淹れ方を学ぶより、そちらは経験の長い人に任せて、経営を勉強する方が現実的ではないだろうか。カフェ開業を夢見ているものの、資金難でどうにもならないイケメンを探せば、婚活も兼ねられるので一石二鳥である。もちろん、資金作りと宣伝のために、本業であるテレビも重要視すべきだろう。

 世の中は、結果が全て。売れっこ芸人である隅田は、その意味をよく知る1人だろう。仕事のノウハウは、実は婚活にも有効である。ブログでいちいち説明せずに、頑張ってほしい。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの

滝沢秀明が『ネタパレ』登場で自身の“笑いのツボ”が明らかに! 2月2日(金)ジャニーズアイドル出演情報

――翌日にジャニーズアイドルが出演予定の番組情報をお届けします。見逃さないように、録画予約をお忘れなく!

※一部を除き、首都圏の放送情報を元に構成しています。
※番組編成、及び放送日時は変更になることがあります。最新情報は番組公式サイト等をご確認ください。

●TOKIO

8:00~ 9:55 『白熱ライブビビット』(TBS系) 国分太一
11:25~11:30 『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系) 国分太一
22:00~22:54 『たけしのニッポンのミカタ!』(テレビ東京系) 国分太一

●V6

8:15~ 9:54 『あさイチ』(NHK総合) 井ノ原快彦
9:50~11:25 『ノンストップ!』(フジテレビ系) 坂本昌行※「One Dish」コーナー
23:00~23:29 『晴れ、ときどきファーム!』(NHK BSプレミアム) 長野博

■続きを読む

カテゴリー: 未分類

ベッキーはヤケクソなのか……BS“お色気ドラマ”主演で「地上波完全復帰」はさらに遠のく!?

 思えば、あの“不倫会見”から早2年が経とうとしている。今年4月にスタートするドラマ『くノ一忍法帖 蛍火』(BSジャパン/火曜20時~)に、ベッキーが主演することがわかった。

 このドラマの原作は、作家・山田風太郎の小説『忍法双頭の鷲』(角川文庫)。徳川家五代目将軍・綱吉の時代を舞台に、幕府を脅かす悪人に対して3人のくノ一が立ち上がるといったストーリーだ。ベッキーは、キリシタンの母を持ち、生真面目で正義感が強い忍者・お螢を演じる。不倫騒動以来初の主演ドラマということで、ベッキーも「最高の作品が撮れるよう、がんばります!」と意気込みを寄せていた。しかし、このドラマ主演には、「ベッキーがヤケクソになっている!」などと、ネット上がざわついている。

 というもの、同ドラマの原作シリーズは時代劇小説で何度も映像化されているのだが、1964年に公開された映画版や90年代に発売されたVシネマ版には、“お色気要素”が強く取り入れられており、“エロ忍法”が炸裂するのだ。そのため、今回のドラマ化でも「お色気要素があるのでは!?」と勘繰られているのだ。

「毎回“型破りの特殊忍法”を見せるというのが同作の売りですからね。『ベッキーが、どんな特殊忍法を繰り出すのだろうか?』と、みんな期待しているみたいですよ。ただ、BS放送とはいえど、露骨なエロネタは放送できないので、ベッキーが必ず脱ぐというわけではないでしょうが……」(芸能ライター)

 不倫騒動での謝罪会見後、LINEでの「ありがとう! センテンススプリング!」と開き直ったやり取りがバレて、世間を敵に回してしまったベッキー。そんな彼女が主演ということで、どんな“開き直った演技”をみせてくれるのか楽しみである。また、彼女が同ドラマ主演を受けたのには、どうやらある心境の変化があったようだ。

「ベッキーは謹慎が明けて以来、インタビュー取材などで自分から不倫騒動に触れては、ブラックジョークにしています。彼女自身、サバサバした性格なため、“ぶっちゃけキャラ”で再起をかけていったほうがいいと感じているのでしょう。事務所側も、マスコミが取材であの騒動について触れても、何も言ってこないですから。それに、今回のドラマは主演ということもあって、“捨て身の覚悟”で体当たり演技を見せてくれるかもしれませんね」(同)

 BS放送ということで視聴率は期待できないかもしれないが、ベッキーがサービスショットを振りまくようなら、大きな話題になることは必至。まだ、地上波に完全復帰できていないベッキー。今回の決断は、吉と出るか凶と出るか……?