元金メダリスト・内柴正人、準強姦の刑期満了で格闘技「RIZIN」から熱視線!?「事件のみそぎを……」

 2011年に起こした準強姦事件で懲役5年の実刑判決を受け、今年9月に仮出所していた柔道の五輪金メダリスト・内柴正人が15日午前0時、刑期の満期を迎えた。そんな内柴に、総合格闘技イベント「RIZIN」の関係者が「プロ転向を期待したい」と話している。

「知名度が高いし、総合格闘家としての素質は十分。事件のみそぎとするには、激しいプロのリングで戦うのが一番だし、世界の強豪に立ち向かってくれたらイメージを回復できる」(同)

 関係者は交渉の権限を持っていないとするが「共通の知人がいるので、個人的にも本人に興味がないか話をしてみたい」とした。

 内柴は仮出所後、アマチュア柔術大会に出場するなど、柔術家として再出発中だ。来年2月には都内で開催される「ヒクソン・グレイシー杯」にも出場する予定で、指導者の山田重孝氏も、世界大会への出場を目指す方針を掲げている。柔術は総合格闘技のベースになる競技でもあるだけに、RIZIN関係者からも注目を集めているのだ。

「来年以降の目玉として、引退した大相撲の元横綱・日馬富士とともにリングに上がってほしい」(同)

 ただ、RIZINの顔として表に出ている実行委員長の榊原信行氏や統括本部長の高田延彦が内柴にラブコールを送っている様子は見られない。

「それは、テレビ中継のスポンサーの手前」と関係者。

「内柴さんには世間的な批判も根強いので、安易に話を持ち出すとRIZINのイメージダウンになるデリケートな問題があります。テレビ視聴率がフジテレビの目標値に届いていないこともあり、スポンサーの手前、強気な言動もできないんですよ」(同)

 また、内柴自身もプロ活動に意欲を見せるような話は一切していない。柔術についても「柔術の技術を高めて柔道のスキルを上げたい」と目的を話しており、追放処分となっている柔道界への復帰に未練がある様子だ。

 柔道取材をしているある通信社の記者によると「柔道界は、選手を引き抜いていくプロ格闘技イベントに対して反発心が強いので、内柴さんが自分からプロ転向の話をしたら柔道界への復帰の目が完全になくなる」とする。ただ、そうでなくとも全日本柔道連盟の永久追放処分が解けるとも思えず、RIZIN関係者は「そのあたり、心の切り替えができるのを待ちたい」と言う。

「それに、プロ転向に積極的ではない素振りには、彼の駆け引きもあります。自分から『出たい』と言わない方が、商品価値が高まるんですよ。黙っておくのは、より高い契約条件を出させる選手側の常套手段。だからイベント側としては、“他に選択肢がないよ”という状態になってくれた方が誘いやすいですね。あとは来年にでも格闘界のレジェンド、ヒクソン・グレイシーとの顔合わせが実現すれば、自ずと機運は高まるのでは」(同)

 最終的にはテレビ局からゴーサインが出なければ実現は難しく、レイプ事件の汚名から、番組スポンサーとの調整も必要だろう。

 内柴は11年、コーチを務めていた大学の合宿中に19歳だった女子部員に酒を飲ませ、ホテルの部屋に連れ込んでレイプしたとされる。内柴は「合意の上だった」と無罪を主張したが、法廷では「俺がインポってことにすれば」などと隠蔽工作を疑わせるメールを関係者に送信していたことが明かされ、その後の言い分も「虚言」と見なされたところもあった。最終的には東京高裁、最高裁が控訴を棄却して実刑判決が決まった。

 柔道家のプロ転向では、先にプロデビューした石井慧を内柴が批判したこともあり、プロのリングでの“決着戦”も期待されるが、RIZIN関係者は「内柴さんはもともと66キロ級で小柄。石井選手は今なお100キロクラスなので、体重差がありすぎて、それはない」とのことだった。
(文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

元金メダリスト・内柴正人、準強姦の刑期満了で格闘技「RIZIN」から熱視線!?「事件のみそぎを……」

 2011年に起こした準強姦事件で懲役5年の実刑判決を受け、今年9月に仮出所していた柔道の五輪金メダリスト・内柴正人が15日午前0時、刑期の満期を迎えた。そんな内柴に、総合格闘技イベント「RIZIN」の関係者が「プロ転向を期待したい」と話している。

「知名度が高いし、総合格闘家としての素質は十分。事件のみそぎとするには、激しいプロのリングで戦うのが一番だし、世界の強豪に立ち向かってくれたらイメージを回復できる」(同)

 関係者は交渉の権限を持っていないとするが「共通の知人がいるので、個人的にも本人に興味がないか話をしてみたい」とした。

 内柴は仮出所後、アマチュア柔術大会に出場するなど、柔術家として再出発中だ。来年2月には都内で開催される「ヒクソン・グレイシー杯」にも出場する予定で、指導者の山田重孝氏も、世界大会への出場を目指す方針を掲げている。柔術は総合格闘技のベースになる競技でもあるだけに、RIZIN関係者からも注目を集めているのだ。

「来年以降の目玉として、引退した大相撲の元横綱・日馬富士とともにリングに上がってほしい」(同)

 ただ、RIZINの顔として表に出ている実行委員長の榊原信行氏や統括本部長の高田延彦が内柴にラブコールを送っている様子は見られない。

「それは、テレビ中継のスポンサーの手前」と関係者。

「内柴さんには世間的な批判も根強いので、安易に話を持ち出すとRIZINのイメージダウンになるデリケートな問題があります。テレビ視聴率がフジテレビの目標値に届いていないこともあり、スポンサーの手前、強気な言動もできないんですよ」(同)

 また、内柴自身もプロ活動に意欲を見せるような話は一切していない。柔術についても「柔術の技術を高めて柔道のスキルを上げたい」と目的を話しており、追放処分となっている柔道界への復帰に未練がある様子だ。

 柔道取材をしているある通信社の記者によると「柔道界は、選手を引き抜いていくプロ格闘技イベントに対して反発心が強いので、内柴さんが自分からプロ転向の話をしたら柔道界への復帰の目が完全になくなる」とする。ただ、そうでなくとも全日本柔道連盟の永久追放処分が解けるとも思えず、RIZIN関係者は「そのあたり、心の切り替えができるのを待ちたい」と言う。

「それに、プロ転向に積極的ではない素振りには、彼の駆け引きもあります。自分から『出たい』と言わない方が、商品価値が高まるんですよ。黙っておくのは、より高い契約条件を出させる選手側の常套手段。だからイベント側としては、“他に選択肢がないよ”という状態になってくれた方が誘いやすいですね。あとは来年にでも格闘界のレジェンド、ヒクソン・グレイシーとの顔合わせが実現すれば、自ずと機運は高まるのでは」(同)

 最終的にはテレビ局からゴーサインが出なければ実現は難しく、レイプ事件の汚名から、番組スポンサーとの調整も必要だろう。

 内柴は11年、コーチを務めていた大学の合宿中に19歳だった女子部員に酒を飲ませ、ホテルの部屋に連れ込んでレイプしたとされる。内柴は「合意の上だった」と無罪を主張したが、法廷では「俺がインポってことにすれば」などと隠蔽工作を疑わせるメールを関係者に送信していたことが明かされ、その後の言い分も「虚言」と見なされたところもあった。最終的には東京高裁、最高裁が控訴を棄却して実刑判決が決まった。

 柔道家のプロ転向では、先にプロデビューした石井慧を内柴が批判したこともあり、プロのリングでの“決着戦”も期待されるが、RIZIN関係者は「内柴さんはもともと66キロ級で小柄。石井選手は今なお100キロクラスなので、体重差がありすぎて、それはない」とのことだった。
(文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

関ジャニ∞のハジけた姿をばっちり収録! 歌あり、笑いありの元気溢れるフォトレポート!

 「もっとエイターとふれあいたい!」「近くに行くで!」そんなエイトのファンサービスが炸裂した『関ジャニ∞リサイタル お前のハートをつかんだる!』ツアー・フォトレポート!

 5大都市以外のアリーナツアーならではの歌あり、笑いあり、ご当地企画ありの、みんなが笑顔になるイベントに大満足!
CMで話題の「キャンジャニ∞」も登場のサプライズはじめ、いつものドームコンサートとは一味違う、元気いっぱいのエイトがハジけた姿をばっちりキャッチしました!

■立ち読みはこちら

カテゴリー: 未分類

“クドカン天才説”撤回! 『監獄のお姫さま』最終回は、やっつけ仕事で不満の残るラストに

“クドカン”の愛称で親しまれる脚本家・宮藤官九郎による復讐コメディードラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)の最終話が19日に放送され、平均視聴率7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.1ポイントダウンとなりました。

 まずは、これまでのあらすじを少し。2017年のクリスマス・イブ、元囚人の馬場カヨ(小泉今日子)、大門洋子(坂井真紀)、足立明美(森下愛子)、勝田千夏(菅野美穂)と元刑務官の若井ふたば(満島ひかり)の5人は、EDOミルク社・社長の板橋吾郎(伊勢谷友介)を誘拐。その背景には、6年前に沖縄で起こった横田ユキ(雛形あきこ)殺害事件の罪を、当時婚約者だった“爆笑ヨーグルト姫”こと江戸川しのぶ(夏帆)に吾郎が押しつけたことを証言させ、再審請求しようという目的があったのです。

 その吾郎・監禁シーンと、カヨたちが出会い親密になっていく女子刑務所シーンとが行き交うカタチでドラマは展開したのですが、前回で回想シーンは終了。吾郎が監禁されている現場にカヨたちだけでなく、検察官検事の長谷川信彦(塚本高史)や吾郎の妻・晴海(乙葉)、ユキ殺害の実行犯でタイ人のプリンス(ナリット)らも集い、しのぶの再審請求に先立つプレ裁判が始まったのでした。

 その前回の終了間際、殺人事件当日の昼間に撮影された動画を見ていた長谷川が、パラセーリングを楽しむしのぶのヘルメットにカメラが設置されていることを発見。事件の手がかりになる映像が残っているのではないかと、沖縄へ足を運びます。

 運よく6年前の映像は残っていたものの手がかりは掴めず。落胆する長谷川ですが、吾郎のヘルメットにもカメラが設置されていることに気づきます。そして、その映像には吾郎の殺人教唆を裏づける証拠が残っていたのです。

 一方、カヨたちは正式な裁判を起こすため吾郎を一旦解放することに。しかし、拉致&監禁の被害届は出さないと約束した吾郎が、解放後すぐに裏切って被害届を出したため、全員が逮捕されてしまいます。

 その後、晴海の尽力によってカヨたちは不起訴処分になります。そして迎えた横田ユキ殺害事件の再審で長谷川が例の映像を提出。その映像には、プリンスにナイフを握らせて指紋を付着させ、しのぶが殺人を依頼しているように聞こえる会話を録音するようプリンスに指示を与える吾郎の様子がバッチリと収められているのです。

 追い詰められた吾郎は長谷川との問答の中で、「(ナイフの)鞘は海に捨てた」と失言。しかし、鞘にはわざわざプリンスの指紋を付着させたはずです。なぜ捨てる必要があったのか? となり、実際には自身がユキを殺害し、その際に鞘に指紋を付けてしまったため海に投げ捨てたことを告白。その瞬間、カヨたちの念願叶い、しのぶの無実が明らかになったのでした。

 その後、しのぶはひとり息子の勇介と再会を果たし、EDOミルク社の社長に就任。カヨは千夏の専属メイクになり、明美は死んだ夫が組長を務めていた指定暴力団の“姐御”に、洋子は女優に、ふたばは女子刑務所に再就職と、それぞれの道を歩み始めたところで終了となりました。

 前回、第1話の勇介&吾郎誘拐シーンの舞台裏を明かすことで見事な伏線回収をやってのけたクドカンですが、ドラマの盛り上がりはそこがピークだったようです。結局は吾郎が真犯人だったという、何のひねりもないラスト。前回のレビューで書いたクドカン天才説は撤回したいと思います。少なくとも、事件の真相究明の部分はやっつけ仕事にしか感じられませんでした。

 例えば、今回のストーリーで大どんでん返しにもっていくとしたら、吾郎が犯人じゃないという展開が一番有力ですよね。しのぶが真犯人でカヨたちを騙していたかあるいは二重人格だった、晴海が真犯人、ユキの自殺……。いくらでも選択肢はあったと思います。

 吾郎が真犯人でもそれはそれで構わないのですが、問題なのはナイフにプリンスの指紋を付着させた証拠映像。6年前になぜ警察は気づかなかったのでしょうか。しのぶのヘルメットに設置されたカメラの映像はチェックしたのに、吾郎の方はスルーというのはおかしいですよね。タイ語で会話してるから気づかなかったとか、しのぶがすぐに自供したからよく調べなかったとか言い訳めいたことがカヨたちの会話の中にチラッと織り込まれていましたが、まったく説得力がありません。

 真相追及の部分がないがしろにされてしまったため、しのぶがカヨたちに感謝の気持ちを伝えたり勇介との再会を果たすなど、本来なら感動的なはずの場面も感情移入できず。前回から期待値が高まっていた分だけ落胆が大きくなってしまい、残念な幕引きとなってしまいました。ただ、おばちゃんたちの鈍くさくも愛らしいキャラやワチャワチャ感を描くクドカンの手腕は秀逸だっただけに、同じキャストでの再結集に期待したいです。
(文=大羽鴨乃)

“クドカン天才説”撤回! 『監獄のお姫さま』最終回は、やっつけ仕事で不満の残るラストに

“クドカン”の愛称で親しまれる脚本家・宮藤官九郎による復讐コメディードラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)の最終話が19日に放送され、平均視聴率7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.1ポイントダウンとなりました。

 まずは、これまでのあらすじを少し。2017年のクリスマス・イブ、元囚人の馬場カヨ(小泉今日子)、大門洋子(坂井真紀)、足立明美(森下愛子)、勝田千夏(菅野美穂)と元刑務官の若井ふたば(満島ひかり)の5人は、EDOミルク社・社長の板橋吾郎(伊勢谷友介)を誘拐。その背景には、6年前に沖縄で起こった横田ユキ(雛形あきこ)殺害事件の罪を、当時婚約者だった“爆笑ヨーグルト姫”こと江戸川しのぶ(夏帆)に吾郎が押しつけたことを証言させ、再審請求しようという目的があったのです。

 その吾郎・監禁シーンと、カヨたちが出会い親密になっていく女子刑務所シーンとが行き交うカタチでドラマは展開したのですが、前回で回想シーンは終了。吾郎が監禁されている現場にカヨたちだけでなく、検察官検事の長谷川信彦(塚本高史)や吾郎の妻・晴海(乙葉)、ユキ殺害の実行犯でタイ人のプリンス(ナリット)らも集い、しのぶの再審請求に先立つプレ裁判が始まったのでした。

 その前回の終了間際、殺人事件当日の昼間に撮影された動画を見ていた長谷川が、パラセーリングを楽しむしのぶのヘルメットにカメラが設置されていることを発見。事件の手がかりになる映像が残っているのではないかと、沖縄へ足を運びます。

 運よく6年前の映像は残っていたものの手がかりは掴めず。落胆する長谷川ですが、吾郎のヘルメットにもカメラが設置されていることに気づきます。そして、その映像には吾郎の殺人教唆を裏づける証拠が残っていたのです。

 一方、カヨたちは正式な裁判を起こすため吾郎を一旦解放することに。しかし、拉致&監禁の被害届は出さないと約束した吾郎が、解放後すぐに裏切って被害届を出したため、全員が逮捕されてしまいます。

 その後、晴海の尽力によってカヨたちは不起訴処分になります。そして迎えた横田ユキ殺害事件の再審で長谷川が例の映像を提出。その映像には、プリンスにナイフを握らせて指紋を付着させ、しのぶが殺人を依頼しているように聞こえる会話を録音するようプリンスに指示を与える吾郎の様子がバッチリと収められているのです。

 追い詰められた吾郎は長谷川との問答の中で、「(ナイフの)鞘は海に捨てた」と失言。しかし、鞘にはわざわざプリンスの指紋を付着させたはずです。なぜ捨てる必要があったのか? となり、実際には自身がユキを殺害し、その際に鞘に指紋を付けてしまったため海に投げ捨てたことを告白。その瞬間、カヨたちの念願叶い、しのぶの無実が明らかになったのでした。

 その後、しのぶはひとり息子の勇介と再会を果たし、EDOミルク社の社長に就任。カヨは千夏の専属メイクになり、明美は死んだ夫が組長を務めていた指定暴力団の“姐御”に、洋子は女優に、ふたばは女子刑務所に再就職と、それぞれの道を歩み始めたところで終了となりました。

 前回、第1話の勇介&吾郎誘拐シーンの舞台裏を明かすことで見事な伏線回収をやってのけたクドカンですが、ドラマの盛り上がりはそこがピークだったようです。結局は吾郎が真犯人だったという、何のひねりもないラスト。前回のレビューで書いたクドカン天才説は撤回したいと思います。少なくとも、事件の真相究明の部分はやっつけ仕事にしか感じられませんでした。

 例えば、今回のストーリーで大どんでん返しにもっていくとしたら、吾郎が犯人じゃないという展開が一番有力ですよね。しのぶが真犯人でカヨたちを騙していたかあるいは二重人格だった、晴海が真犯人、ユキの自殺……。いくらでも選択肢はあったと思います。

 吾郎が真犯人でもそれはそれで構わないのですが、問題なのはナイフにプリンスの指紋を付着させた証拠映像。6年前になぜ警察は気づかなかったのでしょうか。しのぶのヘルメットに設置されたカメラの映像はチェックしたのに、吾郎の方はスルーというのはおかしいですよね。タイ語で会話してるから気づかなかったとか、しのぶがすぐに自供したからよく調べなかったとか言い訳めいたことがカヨたちの会話の中にチラッと織り込まれていましたが、まったく説得力がありません。

 真相追及の部分がないがしろにされてしまったため、しのぶがカヨたちに感謝の気持ちを伝えたり勇介との再会を果たすなど、本来なら感動的なはずの場面も感情移入できず。前回から期待値が高まっていた分だけ落胆が大きくなってしまい、残念な幕引きとなってしまいました。ただ、おばちゃんたちの鈍くさくも愛らしいキャラやワチャワチャ感を描くクドカンの手腕は秀逸だっただけに、同じキャストでの再結集に期待したいです。
(文=大羽鴨乃)

日馬富士暴行問題、当局による「白鵬を刑事訴追」まであった!? 検討された“主犯”のシナリオ

今週の注目記事・第1位
「『安倍・麻生』ベッタリ記者の『欠陥スパコン』に公金100億円!!」(「週刊新潮」12/28号)

同・第2位
「AmazonVS.イオン・ヨーカ堂の勝者」(「週刊現代」12/30号)

同・第3位
「『貴乃花』『白鵬』最後の死闘」(「週刊新潮」12/28号)

同・第4位
「日馬富士暴行事件で見えた日本相撲ナショナリズム」(「ニューズウイーク日本版」12/26号)

同・第5位
「太川陽介“旅ロケ”中 妻・藤吉久美子は『路線バス』で不倫へ」(「週刊文春」12/21号)

同・第6位
「9月総裁選に小泉進次郎が出馬」(「週刊現代」12/30号)

同・第7位
「富岡八幡宮宮司刺殺『資産100億円』姉弟“怨霊バトル”全内幕」(「週刊文春」12/21号)

同・第8位
「滝沢カレンが六本木バーの店長と2年越しの熱愛」(「フライデー」12/29号)

同・第9位
「親中派・二階俊博自民幹事長が中国人ビジネスマンに脅されていた!」(「週刊ポスト」1/1・5号)

【巻末付録】現代とポストのSEXYグラビアの勝者はどっちだ!

 今週は、現代とポストが水曜日発売で、新潮も同日。文春はいつも通りの木曜日発売だが、ポストは合併号で480円だ。

 ポストは、今年最後の発売だから、すごいスクープやSEXYグラビアがあるのだろうと見てみたが、残念ながら定価に見合う記事は見当たらない。来年の新年合併号は、たぶん定価500円になるだろう。先週のポストだったか、消費税が10%に引き上げられると、3%上げた前回よりも、消費者の心理的な「高い感」ははるかに上がり、消費は間違いなく落ち込むと書いていたが、その通りになるはずである。

 文春も40万を大きく下回ってきた週刊誌酷寒時代に、消えていく週刊誌が出てくるかもしれない。来年こそが各週刊誌の正念場になるはずだ。

 さて、ほとんど読むところのないポストだが、自民党の二階幹事長の思わせぶりな記事が、オヤと思わせる。

 なんでもポストによると、日本に住む中国籍の会社経営者・王俊彦を、警視庁捜査1課の捜査員が逮捕したという。

 この人物、在日中国人社会では名の通った大物だそうだ。彼の会社が買収した静岡県のセミナーハウスの倉庫から、「衆議院議員二階俊博」と記載のある段ボール箱が見つかったそうである。

 そこで王が、二階の二男に、「買い取った中に大変なものがあった。これを流せば大変なことになる」と脅したというのだ。

 また、衆院選が迫った17年9月22日にも、「明確な返事がない場合は、コピーをマスコミに送る」というメールを出した。

 二男は応じなかった。二階側は被害届を出して、王は逮捕されてしまうのである。

 だが、その後、奇妙なことに、王が資料を二階側に返すという示談書を交わし、二階側は被害届を取り下げたのだ。

 段ボールに入っていたという二階の重要な資料とは、いったい何だったのであろう。また、時の自民党幹事長を脅迫したといわれる大事件なのに、メディアは大きく取り上げていない。

 私はこう思う。この資料を手に入れた警察は、時の大権力者の「弱点」を何か握ったのかもしれない。警察に「やましい」恥部を握られた二階は、警察の意向を忖度して動かざるを得ないのではないか。

 警察というのは、そうやって権力者たちの弱点を知り、何かあればそれを小出しにメディアにリークすることで、警察国家の存在を大きくしていくのである。

 お次は滝沢カレンが六本木バーの店長と2年越しの熱愛というフライデーの記事。

 Yahoo!JAPANニュースの「12/15(金)7:10配信」から引用してしまいます。ゴメンね手抜きで。

「『知らぬ間に消え去ったって感じです』
 今年6月に出演したバラエティ番組の中で、ボーイフレンドとは長く続かない性格であることを独特の表現で明かしていた彼女だが、どうやらこの発言は『テレビ用』のもの。実際は、ブレイク前から付き合っていたカレ氏と、2年にわたる一途な恋愛を続けていたようだ―。
 今年一番の冷え込みとなった11月下旬の夜10時半、東京・六本木(港区)でモデルでタレントの滝沢カレン(25)の姿をキャッチした。
 ルックスは『正統派モデル』なのに、喋ると丁寧ながらどこか言い回しがおかしいというギャップが話題を呼び、いまやテレビで見ない日はないほどの人気者となっている。
 170センチの長身によく似合う、オレンジ色のロングコートに身を包んだ滝沢が足早に向かったのは、路地裏にある雑居ビル。慣れた様子で狭い階段を上り、バーへ入っていく。
 その後、彼女が店から出てきたのは、約1時間後だった。階段から降りてくると、一緒に退店した外国人グループと出入り口の前でハグをしたり、笑顔で談笑したりと、少し酔っているのか、かなり楽しそうな様子だ。
 2~3分後、表通りから路地に入ってきたタクシーが、階段の目の前に停まった。そそくさと乗り込む滝沢。そして、彼女が座った後部座席の横には、男性の姿が。先ほど、滝沢とともに店を出てきて、一緒に外国人グループと歩いて行った大谷翔平似のイケメンだ。
『男性は、この雑居ビルに入るバーで店長をやっているA君。知人の紹介でカレンちゃんと出会い、2年ほど前から交際をしています。A君は以前は広尾(渋谷区)でイタリアンを経営していたんですが、そこを閉め、今年1月に友人と一緒に六本木にバーをオープンした。以来、カレンちゃんは週に2~3度くらいのペースでこのバーを訪れ、飲んだ後にA君と一緒に帰るというのがお決まりになっているようです。すでに親に紹介しているとも聞いています。少なくともA君は、結婚を意識していると思いますよ』(A氏の友人)
 現在、A氏は20代後半で、かつてはロックバンドでメジャーデビューしたこともあるという。このままA氏とゴールインということになったとすれば、どんな『ヘンな日本語』で発表してくれるのだろうか」

 ところで、私の母親は信心深い女性で、深川生まれ(本当は本所だが)でもあったから1年に何回かは深川の八幡さまへお参りしていた。

 私は今でも母親からもらったお守りを持っている。そんな創業390年の歴史を持つ由緒ある富岡八幡宮の宮司、富岡長子(58)が、弟の富岡茂永(56)とその妻に日本刀で襲撃され、命を落とした事件はショックだった。

 長子を殺した後、茂永と妻は自殺してしまったが、文春によると、茂永は神社関係者に遺書を作成し、事件当日に別の人間によって投函された。

 実にその数は、段ボール箱14個、2,300通にもなったという。遺書には、「私は死後においてもこの世(富岡八幡宮)に残り、怨霊となり、私の要求に異議を唱えた責任役員とその子孫を永遠に祟り続けます」。

 現代の四谷怪談のような話だが、この家にはそうした雰囲気が似つかわしいようだ。

 富岡八幡宮の格を押し上げたのは長子や茂永の祖父(富岡家に養子に入った)だったそうだ。

 だが、あとを継いだ電通社員だった興永は、精神的に不安定なところがあって、長男の茂永が父親に引導を渡し、自分が宮司に就任した。

 資産100億円といわれる八幡宮の宮司になった茂永は、次第にフィリピンバーや銀座のクラブで女に溺れ、3番目の結婚相手が、今回一緒に自殺した女性だった。

 そうした放蕩三昧を見て、父・興長は、財産贈与を拒否する公正証書遺言に署名していたという。

 その後、茂永の悪行が週刊誌で報じられ、茂永は辞表を出して辞任する。退職金は1億2,000万円だったと文春は報じている。

 一旦は八幡宮を離れた茂永だったが、興長が入院して、長子が宮司代務者に任命されると、宮司返り咲きを目指すようになっていった。

 また長子のほうも、文春によれば、毎週のように歌舞伎町のホストクラブへ通い始め、月の支払いは200万を超えたそうだ。

 宗教法人で非課税の上、不動産などからの賃貸収入もあり、初詣の参拝客が落としていくカネは1億円はあるといわれているそうだ。

 長子は実質的な宮司だったが、神社本庁は親族間のトラブルや、長子の経験不足を理由に、正式な宮司に就任することを認めなかった。

 そこで神社本庁から9月末に離脱したが、それから2カ月後に、長子は弟の刃に斃れてしまうのである。

 もはや呪われた八幡宮に、来年の参拝客は激減するはずだ。私の母親が生きていたら、どうしただろうか。そんなことを考えながら、この記事を読んだ。

 現代の売り物は「2018年はこうなる」という予測もの。

 日経平均3万超越えは6月。北朝鮮にアメリカが空爆し、金正恩はロシアに亡命する。AI革命で伸びる会社・縮む会社などがあるが、興味のある方は、買ってご覧ください。

 現代によれば、スパコン詐欺とリニア不正入札事件が、モリカケ問題のように、広がっていくと見ている。

 中でも、JR東海の葛西敬之名誉会長は安倍首相の応援団長だから、野党は活気づくだろうと見ている。

 そうしたことと同時に、いい加減に安倍さん辞めてくれよという声が、党内からの大きくなってきているという。

 その代表は、地方を回って支持を広げようとしている石破と、このところ激しく安倍のやり方を批判している小泉進次郎である。

 小泉は石破が来年9月の総裁選に出れば応援する側に立つが、もう一つは、自身が立候補するのではないかと、自民党の重鎮が見ているそうだ。

 政界デビュー10年を来年迎える小泉が総裁選に第三の候補として立候補すれば、面白い勝負になる。

 そこまで若返り、路線を変えなければ、自民党は高齢者の互助会のようになる。

 今のところ、そうした流れを変えられる若手議員としては、小泉進次郎しかいない。どんな形でもいいから、安倍を引きずり下ろす若い議員が出てきてほしいものである。

 さて、私はよく知らないが、太川陽介と藤吉久美子夫妻は芸能界きってのおしどり夫婦といわれるそうだ。

 2人は95年に結婚し、01年に長男を出産している。

 その藤吉が、大阪朝日放送のゼネラルプロデューサーで50代後半の既婚者Aと怪しい関係になったと文春砲が報じた。

 11月23日、Aと藤吉の姿が宮崎県都城市にあった。藤吉は地元の祭りに出ると、スタッフたちとホテルに戻った。

 Aと藤吉は同じフロア。11時半ごろ、Aが部屋を出て藤吉の部屋へ入る。Aが藤吉の部屋を出てきたのは翌朝の8時半だという。

 その時の姿は、グラビアで見ることができる。12月9日、太川に見送られた藤吉は、Aのマンションに行き、2時間あまりして2人で出てくる。

 そこを文春は直撃している。Aはホテルで朝までいたことはないと否定。藤吉も、Aに対して恋愛感情はないと答えている。

 意地悪な文春は、太川に「Aと藤吉が不倫している」と聞きにいっている。

 妻に不倫などないといっていた太川だが、文春がさらに不倫の一部を伝えようとすると、それを遮って、

「ごめん、それ以上は聞きたくない」

 その後、再び文春が太川に電話すると、藤吉から説明を受け、「そういうのじゃないから」といわれ、「ただねぇ、誰が見たって疑わしいに決まってるだろうと。何をやってんだ、バカモンて(笑)」。僕的には納得したし、そこだけは信じてあげたいと話した。

 藤川は、テレビの取材に号泣したそうだが、離婚はしないようだ。

 こうした太川の心の大きさが、おしどり夫婦といわれる所以なのだろう。

 私事で恐縮ですが、今きたメールのことについて話をさせていただく。

 私の従弟の山田隆志が肺がんで亡くなったという知らせだった。私より1歳年下。

 最近は会っていなかったが、子どもの頃は兄弟同様に育ち、よく彼の家の前の原っぱで、凧揚げしたり、ベーゴマや爆竹を鳴らしたりして遊んだ。

 東京の中野だが、その頃は小川も流れ、ザリガニのいる大きな池もあった。

 読売新聞に入り、記者ではないが仕事も順調で、結婚して子どもは女の子2人だったと記憶しているが、幸せな人生だと思っていた。

 だが、奥さんが早く亡くなり、子どもの世話と会社務めで大変だった時期がある。娘2人を愛し、無事定年を迎えて、悠々自適に暮らしていると思っていたが、今日、突然の訃報に驚いている。

 この歳になると、自分より下の人間が亡くなるのが辛い。自分を見送ってくれる人間がどんどん少なくなってくるからでもある。

 隆志の死は、私の子どもの頃の思い出を蘇らせた。敗戦直後の貧しい時代と、抜けるような青空を。東京にだってでっかい空があったと、高村光太郎にいってやりたかったな。

 ところで、いまだに日馬富士騒動が話題である。貴乃花親方が口を開かないことで、問題解明にならないからだが、週刊誌の白鵬叩き、モンゴル力士叩きは、少し度を越してきているのではないかと思う。

 このままいくと、モンゴル人への差別につながりかねない。そう危惧する。

 昔、小錦というハワイ出身の力士がいた。現在は帰化して、タレントとして活躍している。最高位は大関だったが、横綱にはなれなかった。

「当時外国出身力士初となる横綱昇進は果たせなかった。その3月場所後、小錦自ら『横綱になれないのは人種差別があるからだ。もし自分が日本人だったらとっくに推挙されているはずだ』と語ったという趣旨の記事がニューヨーク・タイムズに掲載された。また日本経済新聞にも『小錦が横綱になれないのは人種差別のせいだ』といった趣旨の記事が掲載された。
 これらの件に関し、小錦はニューヨーク・タイムズの記事については小錦自身ではなく、自身の付き人である幕下力士・高竜(ハワイ出身)が本人に成り済まして電話で答えたものであり、日本経済新聞の記事についても『人種差別とは言っていない』と弁明した。しかし、これらの新聞記事の掲載対象となった発言が小錦自身によるものではないかという疑惑からバッシングが発生した。報道陣から取材が殺到し、謝罪会見を開く騒動に至った。高砂親方からも責められて誰も信用できなくなり、誰も知った人のいない所で自殺しようと考えて航空会社に電話しようとしたが、当時の妻(後に離婚)に電話線を引き千切られて止められた」(Wikipediaより)

 私も小錦の相撲を見ているが、当然、後輩の曙よりも早く横綱になっていい力士であった。

 今月の8日から10日ばかりハワイへ行ってきた。ハワイには小錦のような体格の男がごろごろいる。

 以前だったら、そうした中から第二、第三の小錦が出てきたのは違いない。だが、日本人しか横綱になれない、外国人力士に対する差別が相撲にはあると、最近ではハワイ人は、相撲への関心をなくしてしまったのではないか。

 その後、モンゴルから来た力士たちが強くなり、今やモンゴル相撲といっていい相撲界である。

 だが、ニューズウイーク日本版で、南モンゴル出身の日本人のコラムニスト楊海英が、こう書いている。

「ここ数年、国技館で観衆から起こる『モンゴルに帰れ』という罵声だ。これは横綱3人をはじめ大勢のモンゴル出身力士への排除姿勢の表れで、ヘイトスピーチと言える」

 楊は、相撲は興行としての性格が強かったもので、政治的なナショナリズムを帯びた『国技』としての性質を強調するのは危険だと危惧する。

「暴力は絶対否定すべきだが、同時に相撲ナショナリストによる言葉の暴力も許されない」

 いまや日本人だけで相撲は成立しない。モンゴル力士を全て排除して日本人だけでやれば、マイナーリーグ相撲でしかなくなる。

 そんなものを日本人は見に行かないだろう。どのスポーツの世界もいろいろな人種が混じり合い、切磋琢磨して力を磨いていくのだ。

 偏狭な、モンゴル力士は品格がない、行儀がなっていないという批判は、各々の力士たちを預かり育てている部屋の親方にいうべきである。

 その親方連中は、ほとんどが日本人であり、帰化しなければ白鵬のような大横綱でも親方になれないというのは、時代遅れの考え方である。

 新潮は、貴乃花が闘っているのは、相撲協会や白鵬だけではなく、検察や協会よりの人間を多く輩出している読売新聞という巨大権力とも闘っているという。

 貴乃花はガチンコが当たり前で、モンゴルの連中はガチンコではないといいたいようだが、星のやりとりだけで33回も優勝できるはずはない。

 さらに新潮は、捜査当局は白鵬を刑事訴追するシナリオまで検討していたと報じている。殴打事件は白鵬が主導したのだといいたいのだろうが、これも無理筋だろう。

 新潮は白鵬に対してこう書く。

「いずれにせよ、『万歳演出』『モンゴリアン・チーム』ジャージと、彼の行動に『日本の魂』を見出すことは至難の業だ」

 私には、日本人力士が「日本人の魂」を持っているとも思えないし、第一、日本人魂とは何のことを指しているのか、さっぱりわからない。

 カミカゼ、八紘一宇、そんなものが日本人魂であるはずはない。そういうのなら、「日本人魂」というものは何を指すのか、はっきりと示すべきである。

 貴乃花もモンゴル力士を嫌うだけでなく、相撲道とはこれこれだと、彼らに説くべきであろう。

 まさか、沈黙を決め込むことが日本人魂だというのではあるまいな。

 ハワイ島に行ってなるほどと思ったのは、部屋のテレビでNetflixやYouTubeが見られることであった。

 そしてスーパーには、豆腐から納豆までそろっていた。多少割高だが、焼酎も日本酒もあるし、なんとスーパーのワイン売り場で、「オーパス・ワン」を見つけたのだ。

 ボルドーメドック格付け第一級のシャトー・ムートン・ロスチャイルドを所有するバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵と、カリフォルニアワイン界の重鎮、ロバート・モンダヴィが手を組んでつくりあげた伝説のワインである。

 だが、値段は邦貨にして4万円近いので断念した。以前は、高くても1万5,000円ぐらいだったのに、どんどん値上がりしているようだ。

 アマゾンも順調に売り上げを伸ばしているようで、現代によれば、16年の売り上げが約1兆を超えたそうだ。

 そのアマゾンが、まだ地域が限定されているが、『アマゾンフレッシュ』を始め、アイテム数は10万点で、最短4時間で家に届けてくれる。

 これにイトーヨーカドーやイオンが対抗してそうしたサービスを始めるようだが、アマゾンはその上を考えていると、立教大学の田中道昭教授がいう。

「彼らが狙っているのは生鮮食品から宇宙旅行まで、ありとあらゆるモノやサービスを販売する『エブリシングストア』になること」

 このままでは、スーパーマーケットが共倒れになる危険がある。

 これからは、ITを活用できない高齢者は飢え死にしないとも限らない。

 そういえば、これもハワイでのことだが、朝、家の前のゴルフ場を眺めていたら、凧揚げならぬドローン揚げをしている若いカップルがいた。

 スーパーでは、安いものから高いものまで、いくつものドローンを売っていた。

 アマゾンで注文したものをドローンが運んでくる時代もすぐそこに来ているということなのだろう。

 アップルやグーグルがなくなっても、アマゾンは生き残る。それはなぜか。本や食べるという、人間になくてはならない日常的にやることに密接に結び付き、そうしたサービスを次々に推し進めているからである。アマゾンは本の流通革命を起こし、食料品の物流を変革し、その次はどこへ向かうのだろう。

 イオンやヨーカドーが適う相手ではないようだ。

 今週の第1位は、麻生副総理と親しかった『べジーコンピューティング』創業社長齊藤元章が、詐欺で逮捕されたが、どうやら血税が100億円も投入されていたと報じている新潮の記事だ。

 麻生の名前を出し、麻生も国会内外でベジーを持ち上げる発言をしていたという。

 だが、スパコンに詳しい技術者によると、

「齊藤のスパコンは省エネ世界一などと誇っていますが、しょっちゅうシステムエラーを起こしてしまう。熱くなって暴走し、稼働しない時間が長い。だから、とても実用化できないと敬遠されていました」

 そんなベンチャーに血税をじゃぶじゃぶ注ぎ込んだのはなぜか。

 国から出た100億円超のうち、約60億円は科学技術振興機構(JST)が融資を決定した。

 ここは文科省の外郭団体。融資の経緯を聞くと、昨年8月に閣議決定された『未来への投資を実現する経済対策』の趣旨にのっとり、緊急募集分は10月2日に締め切った。

 この募集期間はたった14日間しかなく、公募募集の説明会は正味2日しかなかった。

 こうしたやり方は変だと、JSTの関係者。

「緊急募集の要項は152ページあり、かねてより準備をしていなければ、あるいは、緊急募集が行われることを前もって知らなければ対応するのは難しい。それを乗り越えてどこが応募できるのか、誰のための募集だったのか、改めて考えるべきでしょう」

 結果、齊藤ともう1社のみの応募で、事業が成功すれば全額返済、失敗すれば支出額の10%だけの返済でいいという好条件で、それも無利子だそうだ。

 前回も触れたが、齊藤には詩織事件で有名になった山口敬之元TBS記者がくっついていて、彼が麻生を紹介したのではないかといわれる。

 またまた森友・加計学園と同じ構造のようだ。

 文科省のOB寺脇研はこういう。

「額が大きいですから政治マターでしょう。最大限悪く取ると、官邸トップのお友だちだからこれだけの額の融資が決まったんじゃないのと言われても仕方がない。更に、ああいう書類はそう簡単に出せるものではない。加計学園問題の時も似たようなことがありました。京都産業大学には絶対に間に合わない準備期間が設定されていたということと同じじゃないかと疑ってしまいます」

 東京地検特捜部の「覚悟」が試されているのだ。巨悪を眠らせてはいけない。ああ、懐かしい言葉だね。

【巻末付録】

 現代は、この号で「石田えり写真集」を持ってくると思っていたが、そうしなかったのはなぜだろう。

 あまり気合が入っていない。「べストSEX 2017年総集編」。袋とじは「スクープヌード 2017年傑作選」。お馴染みの壇蜜、高橋しょう子など。

 ポストは、「初めて魅せた! 35歳の成熟美セクシー 三船美佳」。テレビで見るのとは違う、三船のセクシーショット。

 袋とじがいっぱい。「素人女性10人の『ひとりエッチ』動画」。QRコードにアクセスすると彼女たちのオナニーしているところが観られるという。めんどくさい。

 お次の袋とじは「美女4人女子会 エロトーク『ナマ音声』」。これも先ほどと同じQRコードでアクセス。

 次は「世紀の大挑戦 戦後の雑誌が報じた 女性器をどう見せるか」。私が入った当時も、エロ小説のきわどう表現をどう置き換えるかで苦労したな。

 また袋とじで「女はこうして『愛すること』を覚えるの」。要はフェラの仕方ですな。

 お次は新春大型企画と題して「『平凡パンチ』『GORO』『スコラ』の青春ヌード」。関根恵子、田中真理、ひし美ゆり子、長谷直美など。私らの世代には懐かしい女優たちではある。

 まだあるよ。「再会 艶色美女図鑑 波多野結衣ほか」。また袋とじで「ヌードは女優の宿命だった」。つちやかおり、小栗香織、吉沢京子など。西川峰子もあるでよ。

 というわけで、量において断然のポストの圧勝。
(文=元木昌彦)

日馬富士暴行問題、当局による「白鵬を刑事訴追」まであった!? 検討された“主犯”のシナリオ

今週の注目記事・第1位
「『安倍・麻生』ベッタリ記者の『欠陥スパコン』に公金100億円!!」(「週刊新潮」12/28号)

同・第2位
「AmazonVS.イオン・ヨーカ堂の勝者」(「週刊現代」12/30号)

同・第3位
「『貴乃花』『白鵬』最後の死闘」(「週刊新潮」12/28号)

同・第4位
「日馬富士暴行事件で見えた日本相撲ナショナリズム」(「ニューズウイーク日本版」12/26号)

同・第5位
「太川陽介“旅ロケ”中 妻・藤吉久美子は『路線バス』で不倫へ」(「週刊文春」12/21号)

同・第6位
「9月総裁選に小泉進次郎が出馬」(「週刊現代」12/30号)

同・第7位
「富岡八幡宮宮司刺殺『資産100億円』姉弟“怨霊バトル”全内幕」(「週刊文春」12/21号)

同・第8位
「滝沢カレンが六本木バーの店長と2年越しの熱愛」(「フライデー」12/29号)

同・第9位
「親中派・二階俊博自民幹事長が中国人ビジネスマンに脅されていた!」(「週刊ポスト」1/1・5号)

【巻末付録】現代とポストのSEXYグラビアの勝者はどっちだ!

 今週は、現代とポストが水曜日発売で、新潮も同日。文春はいつも通りの木曜日発売だが、ポストは合併号で480円だ。

 ポストは、今年最後の発売だから、すごいスクープやSEXYグラビアがあるのだろうと見てみたが、残念ながら定価に見合う記事は見当たらない。来年の新年合併号は、たぶん定価500円になるだろう。先週のポストだったか、消費税が10%に引き上げられると、3%上げた前回よりも、消費者の心理的な「高い感」ははるかに上がり、消費は間違いなく落ち込むと書いていたが、その通りになるはずである。

 文春も40万を大きく下回ってきた週刊誌酷寒時代に、消えていく週刊誌が出てくるかもしれない。来年こそが各週刊誌の正念場になるはずだ。

 さて、ほとんど読むところのないポストだが、自民党の二階幹事長の思わせぶりな記事が、オヤと思わせる。

 なんでもポストによると、日本に住む中国籍の会社経営者・王俊彦を、警視庁捜査1課の捜査員が逮捕したという。

 この人物、在日中国人社会では名の通った大物だそうだ。彼の会社が買収した静岡県のセミナーハウスの倉庫から、「衆議院議員二階俊博」と記載のある段ボール箱が見つかったそうである。

 そこで王が、二階の二男に、「買い取った中に大変なものがあった。これを流せば大変なことになる」と脅したというのだ。

 また、衆院選が迫った17年9月22日にも、「明確な返事がない場合は、コピーをマスコミに送る」というメールを出した。

 二男は応じなかった。二階側は被害届を出して、王は逮捕されてしまうのである。

 だが、その後、奇妙なことに、王が資料を二階側に返すという示談書を交わし、二階側は被害届を取り下げたのだ。

 段ボールに入っていたという二階の重要な資料とは、いったい何だったのであろう。また、時の自民党幹事長を脅迫したといわれる大事件なのに、メディアは大きく取り上げていない。

 私はこう思う。この資料を手に入れた警察は、時の大権力者の「弱点」を何か握ったのかもしれない。警察に「やましい」恥部を握られた二階は、警察の意向を忖度して動かざるを得ないのではないか。

 警察というのは、そうやって権力者たちの弱点を知り、何かあればそれを小出しにメディアにリークすることで、警察国家の存在を大きくしていくのである。

 お次は滝沢カレンが六本木バーの店長と2年越しの熱愛というフライデーの記事。

 Yahoo!JAPANニュースの「12/15(金)7:10配信」から引用してしまいます。ゴメンね手抜きで。

「『知らぬ間に消え去ったって感じです』
 今年6月に出演したバラエティ番組の中で、ボーイフレンドとは長く続かない性格であることを独特の表現で明かしていた彼女だが、どうやらこの発言は『テレビ用』のもの。実際は、ブレイク前から付き合っていたカレ氏と、2年にわたる一途な恋愛を続けていたようだ―。
 今年一番の冷え込みとなった11月下旬の夜10時半、東京・六本木(港区)でモデルでタレントの滝沢カレン(25)の姿をキャッチした。
 ルックスは『正統派モデル』なのに、喋ると丁寧ながらどこか言い回しがおかしいというギャップが話題を呼び、いまやテレビで見ない日はないほどの人気者となっている。
 170センチの長身によく似合う、オレンジ色のロングコートに身を包んだ滝沢が足早に向かったのは、路地裏にある雑居ビル。慣れた様子で狭い階段を上り、バーへ入っていく。
 その後、彼女が店から出てきたのは、約1時間後だった。階段から降りてくると、一緒に退店した外国人グループと出入り口の前でハグをしたり、笑顔で談笑したりと、少し酔っているのか、かなり楽しそうな様子だ。
 2~3分後、表通りから路地に入ってきたタクシーが、階段の目の前に停まった。そそくさと乗り込む滝沢。そして、彼女が座った後部座席の横には、男性の姿が。先ほど、滝沢とともに店を出てきて、一緒に外国人グループと歩いて行った大谷翔平似のイケメンだ。
『男性は、この雑居ビルに入るバーで店長をやっているA君。知人の紹介でカレンちゃんと出会い、2年ほど前から交際をしています。A君は以前は広尾(渋谷区)でイタリアンを経営していたんですが、そこを閉め、今年1月に友人と一緒に六本木にバーをオープンした。以来、カレンちゃんは週に2~3度くらいのペースでこのバーを訪れ、飲んだ後にA君と一緒に帰るというのがお決まりになっているようです。すでに親に紹介しているとも聞いています。少なくともA君は、結婚を意識していると思いますよ』(A氏の友人)
 現在、A氏は20代後半で、かつてはロックバンドでメジャーデビューしたこともあるという。このままA氏とゴールインということになったとすれば、どんな『ヘンな日本語』で発表してくれるのだろうか」

 ところで、私の母親は信心深い女性で、深川生まれ(本当は本所だが)でもあったから1年に何回かは深川の八幡さまへお参りしていた。

 私は今でも母親からもらったお守りを持っている。そんな創業390年の歴史を持つ由緒ある富岡八幡宮の宮司、富岡長子(58)が、弟の富岡茂永(56)とその妻に日本刀で襲撃され、命を落とした事件はショックだった。

 長子を殺した後、茂永と妻は自殺してしまったが、文春によると、茂永は神社関係者に遺書を作成し、事件当日に別の人間によって投函された。

 実にその数は、段ボール箱14個、2,300通にもなったという。遺書には、「私は死後においてもこの世(富岡八幡宮)に残り、怨霊となり、私の要求に異議を唱えた責任役員とその子孫を永遠に祟り続けます」。

 現代の四谷怪談のような話だが、この家にはそうした雰囲気が似つかわしいようだ。

 富岡八幡宮の格を押し上げたのは長子や茂永の祖父(富岡家に養子に入った)だったそうだ。

 だが、あとを継いだ電通社員だった興永は、精神的に不安定なところがあって、長男の茂永が父親に引導を渡し、自分が宮司に就任した。

 資産100億円といわれる八幡宮の宮司になった茂永は、次第にフィリピンバーや銀座のクラブで女に溺れ、3番目の結婚相手が、今回一緒に自殺した女性だった。

 そうした放蕩三昧を見て、父・興長は、財産贈与を拒否する公正証書遺言に署名していたという。

 その後、茂永の悪行が週刊誌で報じられ、茂永は辞表を出して辞任する。退職金は1億2,000万円だったと文春は報じている。

 一旦は八幡宮を離れた茂永だったが、興長が入院して、長子が宮司代務者に任命されると、宮司返り咲きを目指すようになっていった。

 また長子のほうも、文春によれば、毎週のように歌舞伎町のホストクラブへ通い始め、月の支払いは200万を超えたそうだ。

 宗教法人で非課税の上、不動産などからの賃貸収入もあり、初詣の参拝客が落としていくカネは1億円はあるといわれているそうだ。

 長子は実質的な宮司だったが、神社本庁は親族間のトラブルや、長子の経験不足を理由に、正式な宮司に就任することを認めなかった。

 そこで神社本庁から9月末に離脱したが、それから2カ月後に、長子は弟の刃に斃れてしまうのである。

 もはや呪われた八幡宮に、来年の参拝客は激減するはずだ。私の母親が生きていたら、どうしただろうか。そんなことを考えながら、この記事を読んだ。

 現代の売り物は「2018年はこうなる」という予測もの。

 日経平均3万超越えは6月。北朝鮮にアメリカが空爆し、金正恩はロシアに亡命する。AI革命で伸びる会社・縮む会社などがあるが、興味のある方は、買ってご覧ください。

 現代によれば、スパコン詐欺とリニア不正入札事件が、モリカケ問題のように、広がっていくと見ている。

 中でも、JR東海の葛西敬之名誉会長は安倍首相の応援団長だから、野党は活気づくだろうと見ている。

 そうしたことと同時に、いい加減に安倍さん辞めてくれよという声が、党内からの大きくなってきているという。

 その代表は、地方を回って支持を広げようとしている石破と、このところ激しく安倍のやり方を批判している小泉進次郎である。

 小泉は石破が来年9月の総裁選に出れば応援する側に立つが、もう一つは、自身が立候補するのではないかと、自民党の重鎮が見ているそうだ。

 政界デビュー10年を来年迎える小泉が総裁選に第三の候補として立候補すれば、面白い勝負になる。

 そこまで若返り、路線を変えなければ、自民党は高齢者の互助会のようになる。

 今のところ、そうした流れを変えられる若手議員としては、小泉進次郎しかいない。どんな形でもいいから、安倍を引きずり下ろす若い議員が出てきてほしいものである。

 さて、私はよく知らないが、太川陽介と藤吉久美子夫妻は芸能界きってのおしどり夫婦といわれるそうだ。

 2人は95年に結婚し、01年に長男を出産している。

 その藤吉が、大阪朝日放送のゼネラルプロデューサーで50代後半の既婚者Aと怪しい関係になったと文春砲が報じた。

 11月23日、Aと藤吉の姿が宮崎県都城市にあった。藤吉は地元の祭りに出ると、スタッフたちとホテルに戻った。

 Aと藤吉は同じフロア。11時半ごろ、Aが部屋を出て藤吉の部屋へ入る。Aが藤吉の部屋を出てきたのは翌朝の8時半だという。

 その時の姿は、グラビアで見ることができる。12月9日、太川に見送られた藤吉は、Aのマンションに行き、2時間あまりして2人で出てくる。

 そこを文春は直撃している。Aはホテルで朝までいたことはないと否定。藤吉も、Aに対して恋愛感情はないと答えている。

 意地悪な文春は、太川に「Aと藤吉が不倫している」と聞きにいっている。

 妻に不倫などないといっていた太川だが、文春がさらに不倫の一部を伝えようとすると、それを遮って、

「ごめん、それ以上は聞きたくない」

 その後、再び文春が太川に電話すると、藤吉から説明を受け、「そういうのじゃないから」といわれ、「ただねぇ、誰が見たって疑わしいに決まってるだろうと。何をやってんだ、バカモンて(笑)」。僕的には納得したし、そこだけは信じてあげたいと話した。

 藤川は、テレビの取材に号泣したそうだが、離婚はしないようだ。

 こうした太川の心の大きさが、おしどり夫婦といわれる所以なのだろう。

 私事で恐縮ですが、今きたメールのことについて話をさせていただく。

 私の従弟の山田隆志が肺がんで亡くなったという知らせだった。私より1歳年下。

 最近は会っていなかったが、子どもの頃は兄弟同様に育ち、よく彼の家の前の原っぱで、凧揚げしたり、ベーゴマや爆竹を鳴らしたりして遊んだ。

 東京の中野だが、その頃は小川も流れ、ザリガニのいる大きな池もあった。

 読売新聞に入り、記者ではないが仕事も順調で、結婚して子どもは女の子2人だったと記憶しているが、幸せな人生だと思っていた。

 だが、奥さんが早く亡くなり、子どもの世話と会社務めで大変だった時期がある。娘2人を愛し、無事定年を迎えて、悠々自適に暮らしていると思っていたが、今日、突然の訃報に驚いている。

 この歳になると、自分より下の人間が亡くなるのが辛い。自分を見送ってくれる人間がどんどん少なくなってくるからでもある。

 隆志の死は、私の子どもの頃の思い出を蘇らせた。敗戦直後の貧しい時代と、抜けるような青空を。東京にだってでっかい空があったと、高村光太郎にいってやりたかったな。

 ところで、いまだに日馬富士騒動が話題である。貴乃花親方が口を開かないことで、問題解明にならないからだが、週刊誌の白鵬叩き、モンゴル力士叩きは、少し度を越してきているのではないかと思う。

 このままいくと、モンゴル人への差別につながりかねない。そう危惧する。

 昔、小錦というハワイ出身の力士がいた。現在は帰化して、タレントとして活躍している。最高位は大関だったが、横綱にはなれなかった。

「当時外国出身力士初となる横綱昇進は果たせなかった。その3月場所後、小錦自ら『横綱になれないのは人種差別があるからだ。もし自分が日本人だったらとっくに推挙されているはずだ』と語ったという趣旨の記事がニューヨーク・タイムズに掲載された。また日本経済新聞にも『小錦が横綱になれないのは人種差別のせいだ』といった趣旨の記事が掲載された。
 これらの件に関し、小錦はニューヨーク・タイムズの記事については小錦自身ではなく、自身の付き人である幕下力士・高竜(ハワイ出身)が本人に成り済まして電話で答えたものであり、日本経済新聞の記事についても『人種差別とは言っていない』と弁明した。しかし、これらの新聞記事の掲載対象となった発言が小錦自身によるものではないかという疑惑からバッシングが発生した。報道陣から取材が殺到し、謝罪会見を開く騒動に至った。高砂親方からも責められて誰も信用できなくなり、誰も知った人のいない所で自殺しようと考えて航空会社に電話しようとしたが、当時の妻(後に離婚)に電話線を引き千切られて止められた」(Wikipediaより)

 私も小錦の相撲を見ているが、当然、後輩の曙よりも早く横綱になっていい力士であった。

 今月の8日から10日ばかりハワイへ行ってきた。ハワイには小錦のような体格の男がごろごろいる。

 以前だったら、そうした中から第二、第三の小錦が出てきたのは違いない。だが、日本人しか横綱になれない、外国人力士に対する差別が相撲にはあると、最近ではハワイ人は、相撲への関心をなくしてしまったのではないか。

 その後、モンゴルから来た力士たちが強くなり、今やモンゴル相撲といっていい相撲界である。

 だが、ニューズウイーク日本版で、南モンゴル出身の日本人のコラムニスト楊海英が、こう書いている。

「ここ数年、国技館で観衆から起こる『モンゴルに帰れ』という罵声だ。これは横綱3人をはじめ大勢のモンゴル出身力士への排除姿勢の表れで、ヘイトスピーチと言える」

 楊は、相撲は興行としての性格が強かったもので、政治的なナショナリズムを帯びた『国技』としての性質を強調するのは危険だと危惧する。

「暴力は絶対否定すべきだが、同時に相撲ナショナリストによる言葉の暴力も許されない」

 いまや日本人だけで相撲は成立しない。モンゴル力士を全て排除して日本人だけでやれば、マイナーリーグ相撲でしかなくなる。

 そんなものを日本人は見に行かないだろう。どのスポーツの世界もいろいろな人種が混じり合い、切磋琢磨して力を磨いていくのだ。

 偏狭な、モンゴル力士は品格がない、行儀がなっていないという批判は、各々の力士たちを預かり育てている部屋の親方にいうべきである。

 その親方連中は、ほとんどが日本人であり、帰化しなければ白鵬のような大横綱でも親方になれないというのは、時代遅れの考え方である。

 新潮は、貴乃花が闘っているのは、相撲協会や白鵬だけではなく、検察や協会よりの人間を多く輩出している読売新聞という巨大権力とも闘っているという。

 貴乃花はガチンコが当たり前で、モンゴルの連中はガチンコではないといいたいようだが、星のやりとりだけで33回も優勝できるはずはない。

 さらに新潮は、捜査当局は白鵬を刑事訴追するシナリオまで検討していたと報じている。殴打事件は白鵬が主導したのだといいたいのだろうが、これも無理筋だろう。

 新潮は白鵬に対してこう書く。

「いずれにせよ、『万歳演出』『モンゴリアン・チーム』ジャージと、彼の行動に『日本の魂』を見出すことは至難の業だ」

 私には、日本人力士が「日本人の魂」を持っているとも思えないし、第一、日本人魂とは何のことを指しているのか、さっぱりわからない。

 カミカゼ、八紘一宇、そんなものが日本人魂であるはずはない。そういうのなら、「日本人魂」というものは何を指すのか、はっきりと示すべきである。

 貴乃花もモンゴル力士を嫌うだけでなく、相撲道とはこれこれだと、彼らに説くべきであろう。

 まさか、沈黙を決め込むことが日本人魂だというのではあるまいな。

 ハワイ島に行ってなるほどと思ったのは、部屋のテレビでNetflixやYouTubeが見られることであった。

 そしてスーパーには、豆腐から納豆までそろっていた。多少割高だが、焼酎も日本酒もあるし、なんとスーパーのワイン売り場で、「オーパス・ワン」を見つけたのだ。

 ボルドーメドック格付け第一級のシャトー・ムートン・ロスチャイルドを所有するバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵と、カリフォルニアワイン界の重鎮、ロバート・モンダヴィが手を組んでつくりあげた伝説のワインである。

 だが、値段は邦貨にして4万円近いので断念した。以前は、高くても1万5,000円ぐらいだったのに、どんどん値上がりしているようだ。

 アマゾンも順調に売り上げを伸ばしているようで、現代によれば、16年の売り上げが約1兆を超えたそうだ。

 そのアマゾンが、まだ地域が限定されているが、『アマゾンフレッシュ』を始め、アイテム数は10万点で、最短4時間で家に届けてくれる。

 これにイトーヨーカドーやイオンが対抗してそうしたサービスを始めるようだが、アマゾンはその上を考えていると、立教大学の田中道昭教授がいう。

「彼らが狙っているのは生鮮食品から宇宙旅行まで、ありとあらゆるモノやサービスを販売する『エブリシングストア』になること」

 このままでは、スーパーマーケットが共倒れになる危険がある。

 これからは、ITを活用できない高齢者は飢え死にしないとも限らない。

 そういえば、これもハワイでのことだが、朝、家の前のゴルフ場を眺めていたら、凧揚げならぬドローン揚げをしている若いカップルがいた。

 スーパーでは、安いものから高いものまで、いくつものドローンを売っていた。

 アマゾンで注文したものをドローンが運んでくる時代もすぐそこに来ているということなのだろう。

 アップルやグーグルがなくなっても、アマゾンは生き残る。それはなぜか。本や食べるという、人間になくてはならない日常的にやることに密接に結び付き、そうしたサービスを次々に推し進めているからである。アマゾンは本の流通革命を起こし、食料品の物流を変革し、その次はどこへ向かうのだろう。

 イオンやヨーカドーが適う相手ではないようだ。

 今週の第1位は、麻生副総理と親しかった『べジーコンピューティング』創業社長齊藤元章が、詐欺で逮捕されたが、どうやら血税が100億円も投入されていたと報じている新潮の記事だ。

 麻生の名前を出し、麻生も国会内外でベジーを持ち上げる発言をしていたという。

 だが、スパコンに詳しい技術者によると、

「齊藤のスパコンは省エネ世界一などと誇っていますが、しょっちゅうシステムエラーを起こしてしまう。熱くなって暴走し、稼働しない時間が長い。だから、とても実用化できないと敬遠されていました」

 そんなベンチャーに血税をじゃぶじゃぶ注ぎ込んだのはなぜか。

 国から出た100億円超のうち、約60億円は科学技術振興機構(JST)が融資を決定した。

 ここは文科省の外郭団体。融資の経緯を聞くと、昨年8月に閣議決定された『未来への投資を実現する経済対策』の趣旨にのっとり、緊急募集分は10月2日に締め切った。

 この募集期間はたった14日間しかなく、公募募集の説明会は正味2日しかなかった。

 こうしたやり方は変だと、JSTの関係者。

「緊急募集の要項は152ページあり、かねてより準備をしていなければ、あるいは、緊急募集が行われることを前もって知らなければ対応するのは難しい。それを乗り越えてどこが応募できるのか、誰のための募集だったのか、改めて考えるべきでしょう」

 結果、齊藤ともう1社のみの応募で、事業が成功すれば全額返済、失敗すれば支出額の10%だけの返済でいいという好条件で、それも無利子だそうだ。

 前回も触れたが、齊藤には詩織事件で有名になった山口敬之元TBS記者がくっついていて、彼が麻生を紹介したのではないかといわれる。

 またまた森友・加計学園と同じ構造のようだ。

 文科省のOB寺脇研はこういう。

「額が大きいですから政治マターでしょう。最大限悪く取ると、官邸トップのお友だちだからこれだけの額の融資が決まったんじゃないのと言われても仕方がない。更に、ああいう書類はそう簡単に出せるものではない。加計学園問題の時も似たようなことがありました。京都産業大学には絶対に間に合わない準備期間が設定されていたということと同じじゃないかと疑ってしまいます」

 東京地検特捜部の「覚悟」が試されているのだ。巨悪を眠らせてはいけない。ああ、懐かしい言葉だね。

【巻末付録】

 現代は、この号で「石田えり写真集」を持ってくると思っていたが、そうしなかったのはなぜだろう。

 あまり気合が入っていない。「べストSEX 2017年総集編」。袋とじは「スクープヌード 2017年傑作選」。お馴染みの壇蜜、高橋しょう子など。

 ポストは、「初めて魅せた! 35歳の成熟美セクシー 三船美佳」。テレビで見るのとは違う、三船のセクシーショット。

 袋とじがいっぱい。「素人女性10人の『ひとりエッチ』動画」。QRコードにアクセスすると彼女たちのオナニーしているところが観られるという。めんどくさい。

 お次の袋とじは「美女4人女子会 エロトーク『ナマ音声』」。これも先ほどと同じQRコードでアクセス。

 次は「世紀の大挑戦 戦後の雑誌が報じた 女性器をどう見せるか」。私が入った当時も、エロ小説のきわどう表現をどう置き換えるかで苦労したな。

 また袋とじで「女はこうして『愛すること』を覚えるの」。要はフェラの仕方ですな。

 お次は新春大型企画と題して「『平凡パンチ』『GORO』『スコラ』の青春ヌード」。関根恵子、田中真理、ひし美ゆり子、長谷直美など。私らの世代には懐かしい女優たちではある。

 まだあるよ。「再会 艶色美女図鑑 波多野結衣ほか」。また袋とじで「ヌードは女優の宿命だった」。つちやかおり、小栗香織、吉沢京子など。西川峰子もあるでよ。

 というわけで、量において断然のポストの圧勝。
(文=元木昌彦)

セックスを“あえて”我慢!! “お預けセックス”が気持ち良すぎる

 矢口真里さんが(34)、12月18日に『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)で“忘れられないエッチ”について聞かれた際、「長年付き合っているとマンネリ化する一方」と話していました。え~~!! 梅ちゃんとのエッチ、マンネリ化しちゃってるの!?

 矢口さんだけに限らず、付き合いが長いとセックスがマンネリ化してしまう、という話は定説。彼氏との同棲期間が長い友人は、セックスのマンネリ化→セックスレスに発展しかけているとか……! 由々しき事態です。

 セックスのマンネリ化を解消するための対策としてよく挙げられるのは、いつもの流れとは違うセックスをしてみたり、いつもはやらない体位に挑戦してみたり、ちょっと特殊なプレイに挑戦する……というもの。中にはスワッピングをすることでマンネリを解消するカップルもいます。

 私は性の伝道師でもなんでもない、ただのヤリマンなんですが、最近ある解消法を見つけてしまいました。あえて、セックスを我慢するという方法です。

◎久しぶりのセックスは「超気持ちいい」

 久しぶりにするセックスって、ちょっと燃えますよね(ですよね?)。マンネリ化する前に、その状態をわざと作るのです。お互いにムラムラを我慢しなくちゃいけないですけど……。

 私は今遠距離恋愛中なので、強制的に我慢させられているんですが、お互いに「ヤリたい」を溜めに溜めまくった状態でセックスをすると、特殊なプレイをしなくとも「超気持ちいい」セックスができます。“焦らしプレイ”の進化版なのかもしれません。

 マンコって形状記憶があるとかないとか言われていますが、久しぶりに彼のチンコを入れると、期間が空いたせいなのか、ちょっと挿入しにくいんです(男性のチンコのサイズによるかも)。でも、シていくうちにほぐれていって、次第にマンコとチンコが馴染んでいきます。はじめてシた時を思い出せる感じがして、なかなか良きです。

個人的には1回目は下準備、2回目から超気持ちいい感じ。中には久しぶりすぎて濡れない、挿れられないというパターンもあるので、その時は前戯の時間を多めに取ったり、潤滑剤を使いましょう。

 いつも顔を合わせているカップルなら、「○日までしない」とお互いに決めて、実行してみては。ムラムラも溜まりますが、日程が近づくにつれ、ワクワクもしてきますよ。一緒に我慢してくれる男性じゃないと難しいかもしれませんが……!(男性のほうが性欲強いと言われていますし)

 このプレイのしんどいところは、とにかく「セックスを我慢しなくちゃいけない」ところ。私は1カ月半我慢しました……無理に我慢する必要はありませんが、気になった人は試してみては(あとやぐっちゃんも!)。

『キスマイ超BUSAIKU!? SP』は、Kis-My-Ft2が街中ロケを敢行! 12月21日(木)ジャニーズアイドル出演情報

――翌日にジャニーズアイドルが出演予定の番組情報をお届けします。見逃さないように、録画予約をお忘れなく!

※一部を除き、首都圏の放送情報を元に構成しています。
※番組編成、及び放送日時は変更になることがあります。最新情報は番組公式サイト等をご確認ください。

●TOKIO

8:00~ 9:55 『白熱ライブビビット』(TBS系) 国分太一
11:25~11:30 『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系) 国分太一
18:55~19:25 『Rの法則』(NHK Eテレ) 山口達也
19:56~22:54 『ぐるぐるナインティナイン SP』(日本テレビ系) 国分太一

※『世界くらべてみたら』(TBS、国分太一)は放送休止。

●V6

8:15~ 9:54 『あさイチ』(NHK総合) 井ノ原快彦
12:30~12:50 『トットちゃん!』(テレビ朝日系) 三宅健
21:00~22:00 『ザ・プロファイラー』(NHK BSプレミアム) 岡田准一

■続きはこちら

カテゴリー: 未分類

嵐・相葉雅紀、熱愛女性は「元タレント」! ジャニーズは「1年前に結婚承諾」のウワサ

 嵐の相葉雅紀が、同い年の女性と5年以上の交際を続けていたことが12月18日発売の「FLASH」(光文社)にて報じられた。

 “嵐スキャンダル”と言えば、2016年に「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、松本潤とAV女優の“二股報道”が記憶に新しい。本命の井上真央とは、時期は不明ながら破局していることも明らかとなり、10年の交際は“永すぎた春”に終わった。一時期「結婚秒読み」とまで言われ、ファンの間でも「松潤が嵐の中で一番最初に結婚しそう」ともっぱらの噂だったが、そんな中、「ジャニーズから結婚の許しを得た」のが、このたび熱愛が報じられた相葉だったという。

「同誌が相葉の交際情報を得たのは、誌面では今年春となっていますが、少なくとも昨年冬、松本のスキャンダルが報じられた時期あたりから、相葉の熱愛に関する情報が一部芸能関係者の間で出回っていました。『相手はほぼ同い年』『もともと芸能活動を行っていた』という話に加え、プロフィールも記事内容とほぼ一致していることから、同一人物である可能性が高いです」(スポーツ紙デスク)

 相葉が過去に交際していた水川あさみとは、10~11年頃に破局したとされるが、その後はずっと、この女性との真剣愛を貫いてきた模様。さらに気になるのが、女性との“結婚”を、すでにジャニーズ事務所は承諾している、とマスコミ関係者の間で話題になっているのだ。

「松本、そして今年、小川彩佳アナウンサーとの交際が報じられた櫻井翔も、多くのメディアで『結婚説』が報じられていた。しかしその裏では、『最初に結婚する嵐メンバーは相葉』という話の方が、より信ぴょう性が高いといわれていたのです」(同)

 しかし相葉にしても、結婚の許可がもらえたというだけで、その時期に関してはいまだに未定なのだとか。

「SMAPが解散したいま、嵐が国内トップの男性アイドルグループであることは間違いなく、今後も『NHK紅白歌合戦』司会など、大きな仕事が続きます。ジャニーズとしても、『結婚を禁止する』といった極端なルールこそ設けていないものの、メンバー自身が今後の活動やバランスを考慮して『結婚するにはまだ少し早い』と考えているようです」(芸能プロ関係者)

 嵐メンバーのゴールインはもう少し先の話となりそうだが、今回こうして女性の存在が報じられただけに、今後は各メディアとも確証が持てなかった“相葉結婚説”が、にわかに盛り上がるかもしれない。