NHK大河ドラマ『直虎』、歴代ワースト3位でさびしく幕! 主演・柴咲コウは井上真央の“二の舞”も……

 柴咲コウが主演を務めたNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(日曜午後8時~)の最終回(第50話)が17日、10分拡大で放送され、視聴率は12.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)どまりだった。低迷するフジテレビの『Cygames THE MANZAI 2017~プレマスターズ~』(午後7時~10時24分)の12.7%にも敗れる始末で、最終回ながら盛り上がることもなく、さびしく幕を閉じた。

 全話平均は12.8%で、2015年『花燃ゆ』(井上真央主演)、12年『平清盛』(松山ケンイチ主演)の12.0%に次ぎ、歴代ワースト3位の惨状だった。

 初回は史上ワースト4位となる16.9%でスタートしたが、結果的にこれが最高となった。その後、15.5%、14.3%、16.0%、16.0%と続き、第6話で14.5%に降下すると、それ以降15%を超えることは1度もなかった。以後、10~14%台に低迷し、第38話以降は13%台にすら乗せられずじまいで、最低は第31話の10.6%。

「『花燃ゆ』と『平清盛』は、大河では異例の1ケタ台を連発し、低視聴率で話題になりました。『直虎』で不幸中の幸いと言えば、1ケタ転落が一度もなかった点でしょうか。ただ、柴咲には同情的な声も少なくありません。というのは、主人公が歴史的に著名ではない井伊直虎ということで、視聴者の関心そのものが低かったのです。制作費も昨年の『真田丸』(堺雅人主演)と比べると、明らかに少なかったですから。その点、ラッキーなのは、来年の『西郷どん』で主演する鈴木亮平でしょう。役者としての“格”的には劣りますが、なんせ主人公は、日本人なら誰もが知る歴史上の人物・西郷隆盛だけに、注目度が『直虎』とは雲泥の差です」(テレビ誌関係者)

“大河主演女優”の肩書きを手に入れた柴咲だが、今後の女優活動は決して順風満帆とはいきそうにない。

「柴咲は業界大手のスターダストプロモーションに所属していますが、昨年11月に、IT企業『レトロワグアース』を設立し、代表取締役兼CEOに就任しました。そして、ファンクラブ事業を自身の会社に引き継ぎ、レコードレーベルを立ち上げ、事実上、社内独立を果たしています。同社は今年10月、1億6,200万円の資金調達を実施したことを明らかにし、柴咲は歌手活動に意欲を見せているといいます。今後スターダストとのミゾが深くなれば、完全独立に向け動くことになりかねません。独立騒動が再燃すれば、どのテレビ局も柴咲の起用には慎重にならざるを得ず、来年の活動は不透明ですね」(スポーツ紙記者)

 本来なら、大河で主役を張れば、ステータスが上がるはずだが、『直虎』の視聴率は低迷し、世間的にも話題にならなかったことで、それは期待できそうにない。独立問題を抱えて、18年に突入する柴咲。『花燃ゆ』出演後に事務所を移籍した井上は、女優業復帰まで、2年もの期間を要した。女優業より、歌手活動に目が行っているという柴咲だけに、ヘタをすれば、井上の“二の舞”になりかねないだろう。
(文=田中七男)

V6最新ツアー『The ONES』はもちろん、秘蔵写真をたっぷり収録! V6ファン必見のフォトレポート!

 今、第2のブレイクを迎えつつあるV6。
最新ツアー「V6 LIVE TOUR 2017 The ONES」の模様をはじめ「カウントダウン2016‐2017」「V6プレイバック」とV6の魅力をたっぷり詰め込んだフォトレポート!

CONTENTS
V6 LIVE TOUR 2017 The ONES
2017年10月20日atエコパアリーナ(静岡)レポート・・・・4P~
岡田准一・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・22P~
三宅 健・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・32P~
森田 剛・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・42P~
井ノ原快彦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・52P~
坂本昌行・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・62P~
長野 博・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・72P~
ジャニーズカウントダウン2016-2017・・・・・・・・・・82P~
V6プレイバック・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・98P~

■立ち読みはこちら

カテゴリー: 未分類

V6最新ツアー『The ONES』はもちろん、秘蔵写真をたっぷり収録! V6ファン必見のフォトレポート!

 今、第2のブレイクを迎えつつあるV6。
最新ツアー「V6 LIVE TOUR 2017 The ONES」の模様をはじめ「カウントダウン2016‐2017」「V6プレイバック」とV6の魅力をたっぷり詰め込んだフォトレポート!

CONTENTS
V6 LIVE TOUR 2017 The ONES
2017年10月20日atエコパアリーナ(静岡)レポート・・・・4P~
岡田准一・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・22P~
三宅 健・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・32P~
森田 剛・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・42P~
井ノ原快彦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・52P~
坂本昌行・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・62P~
長野 博・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・72P~
ジャニーズカウントダウン2016-2017・・・・・・・・・・82P~
V6プレイバック・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・98P~

■立ち読みはこちら

カテゴリー: 未分類

クセが強すぎる! 昭和のレジェンドレスラーを描く『プロレススーパースター列伝』とは?

 みなさんは、プロレスはお好きでしょうか? 40代、あるいは30代の男子なら、青春時代に一度はプロレスにハマった経験があるのではないでしょうか? 児童館でウエスタンラリアットやバックドロップ、コブラツイストに四の字固めなどを掛け合って瀕死になったのも、今はいい思い出です。あっ、今、技の掛け合いをしている子どもたち! 四の字固めをやられると本当にしばらく歩けなくなるから要注意な!!

 近年、プ女子と呼ばれる女性ファンを中心に、プロレスブームが再び復活の兆しがあるというニュースをチラホラ見かけるようになり、思わずうれしくなってしまったのですが、僕らがハマっていた1980年代のプロレスブームは、本当にすごかった。ジャイアント馬場の全日本プロレスにアントニオ猪木の新日本プロレスという、野球でいえばセ・パに相当する2大団体の存在。ファンの度肝を抜いた初代タイガーマスクの登場、そしてゴールデンタイムのTV中継、東スポの見出しが毎日のようにプロレスネタなどなど……実にいい時代でした。

 本日はそんなオールドプロレスファンの美化しきった思い出に、さらにブーストをかけてくれるであろうプロレスマンガの名作をご紹介したいと思います。その名も『プロレススーパースター列伝』(講談社漫画文庫ほか)。

『プロレススーパースター列伝』は巨人の星、あしたのジョー、タイガーマスクの故・梶原一騎先生が原作、作画が原田久仁信先生。以前ご紹介した『男の星座』(日本文芸社ほか)も、このコンビの作品でした。

 いわゆる馬場・猪木による昭和プロレス全盛の時代に活躍したプロレスラーたちが、いかにして成り上がっていったかを紹介する伝記的作品なのですが、出てくるレスラーがことごとくキャラが濃いのです。そしてクセの強さが尋常じゃない。まあプロレスラーってキャラが濃くてなんぼのところがありますけど、それにしても限度があります。あり得ないほどのヤバイエピソードと名言の数々……久しぶりに読み返したら、面白すぎて震えが止まらなくなりました。

 作品中で紹介されているプロレスラーは、スタン・ハンセン、アブドーラ・ザ・ブッチャー、アンドレ・ザ・ジャイアント、タイガー・ジェット・シン、ジャイアント馬場とアントニオ猪木、初代タイガーマスク、ハルク・ホーガン、ブルーザー・ブロディなどなど……いずれもレジェンド級の名レスラーばかりです。オススメは、「黒い呪術師」アブドーラ・ザ・ブッチャーが出てくるエピソード。本作品に出てくるレスラーは例外なく口が悪く、面白名ゼリフのオンパレードになっていますが、ブッチャーとブルーザー・ブロディのリング上での言い合いはもう最高です。

「きさまもステーキになりてえか!?」

「黒ブタがトンカツになりやがれ!!」

 ブッチャーはその巨体のため仕方ないのですが、とにかくかわいそうなぐらい黒ブタネタでイジられまくります。ブラックタイガーとの舌戦もすごいです。

「黒ブタ風情が黒いトラに対してでかい口をきくな!」

「あッ、いった、いった、ミーが一番トサカにくることを──!」

 ブタなのにトサカにくるとか……そんな面白い言い回し、実際は絶対言ってないと思うんですが、梶原先生のセンスで面白おかしく脚色されてます。

「インドの狂虎」と呼ばれるタイガー・ジェット・シンも、文字通りクレイジー。有名なエピソードとしては、「新宿伊勢丹路上乱闘事件」というのがありまして、アントニオ猪木と当時の奥さん、倍賞美津子が夫婦でショッピングをしていたところ、タイガー・ジェット・シンとその手下たちが襲いかかり、猪木をボコボコに、通行人が通報したためパトカー数台が出動して大騒ぎ、というガチの暴力事件がありました。その辺のエピソードも、しっかりマンガ化されています。

「ヘイッイノキ!! 大事な美人ワイフの目のまえでぶざまにブチのめしてやるぜ!」

「おまえは狂人か!?」

 こんなセリフのやり取りがあったのです。たとえ演出だったとしても、今だったらほんとに逮捕されそうでシャレになってません。当時のなんでもありなプロレスの雰囲気を象徴している事件といえます。

 本作品で大きくフィーチャーされている、初代タイガーマスクのエピソードも演出過剰すぎて目が離せません。タイガーマスクはデビュー前、メキシコの秘密養成所でプロレス修行を積んでおり、火の輪くぐりをしたり、マットが鉄板で電流が流れている、そんなリングでスパーリングしたり、ガラスの破片がちりばめられたサンドバッグでキックの練習をしたり、トゲのついたバーベルを持ち上げたり……などの拷問スレスレの特訓をして強くなったと紹介されています。今考えると、ほぼ原作マンガ『タイガーマスク』(講談社)の悪役レスラー養成機関「虎の穴」のエピソードと一緒で、あまりに出来すぎなのですが、連載当時、少年だった僕は、プロレスは100%リアルガチな格闘技だと思っていましたので、このマンガに描かれていることもすべて真実だと思って信じ切っていました。

 プロレスといえば、スポーツなのかショーなのか、格闘技なのかエンタメなのか、ガチなのか八百長なのかというグレーゾーンな議論が必ず付きまとっていたのですが、2001年に元新日本プロレスのレフリー・ミスター高橋氏が書いた暴露本『流血の魔術 最強の演技』(講談社+α文庫)で、すべて勝敗がはじめっから決まっているショーであることが明らかにされ、今までプロレスのグレーだった部分がクロで確定してしまったのです。

 これは僕らのように、薄々感づきながらもプロレスを格闘技だと信じ続けていたファンにとって、かなり衝撃的なことでした。と同時に『プロレススーパースター列伝』に書いてあったこともウソッパチだらけだったんだなあと、気づかされたものです。

 何しろ、作品中でアントニオ猪木が「だれも八百長などと疑わぬ、実力が全ての過激な新日本プロレス」って、思いっきり書いてますからね。

 とまあ、そういう経緯があり、プロレスはエンタメであると踏まえた上で改めて読んでみても、やっぱり『プロレススーパースター列伝』には色あせない面白さがあります。登場キャラが魅力的すぎるんですよね。この作品を読んだ後に、『流血の魔術 最強の演技』を併せて読むと、マンガでいかにも真実であるかのように描かれている伝説がことごとく否定されており、これはこれで非常に味わい深く楽しめますよ。
(文=「BLACK徒然草」管理人 じゃまおくん<http://ablackleaf.com/>)

◆「ザオリク的マンガ読み」過去記事はこちらから

ジャニーズの「トップイケメン」を決定! Dr.高須幹弥が全デビュー組から選ぶベスト5

【第53回】「高須幹弥センセイ、ジャニーズ1のイケメンは誰ですか?」
 この連載では、これまでジャニーズの全デビュー組アイドルグループ&デュオ計14組を顔面診断してきた。その中には、高須クリニック名古屋院院長の高須幹弥先生から「東大クラス」「1000人に1人の逸材」などのお墨付きをもらった超絶イケメンも多く、ジャニーズの顔面偏差値の高さが伺える結果に。そこで気になるのが、全デビュー組の中で最もイケメンなのは誰なのか? ということだ。高須先生、先生が選ぶ「ジャニーズのイケメンベスト5」を教えてください!

■ついにジャニーズ1のイケメンが決定!
 グループ当時の「SMAP」から「ジャニーズWEST」まで全デビュー組の顔面診断をさせていただき、グループごとのトップイケメンもご紹介してきました。ジャニーズだけに、グループトップともなると、どの方も顔立ちのバランスがよく、大きな欠点も見当たらず、本当に甲乙つけがたいのですが……。マイナス要素による減点法に僕の好みも加味して、僕なりの「ジャニーズイケメンベスト5」を挙げてみましょう。

 ジャニーズのトップ オブ ザ イケメンに輝いたのは、「Sexy Zone」の中島健人さんです。減点法で見ていくとマイナス要素がほとんどなく、強いて欠点を挙げるとすれば小鼻が横に広がっていることくらい。目、肌質、輪郭、口元など、どこをとってもジャニーズらしい要素を兼ね備えた顔立ちの、典型的な“ジャニーズのイケメン”だと思います。

 2位は「V6」の岡田准一さん。年齢を重ねたことで味が出て、年相応のいい老け方をしているので、ダンディーなアラフォーイケメンだと思います。彫りが深く、目元はきれいな二重で目力もあり、一つひとつのパーツがしっかりとした岡田さんの顔は、美容整形の患者さんも憧れる顔立ち。気持ち鼻が大きいけれど、男らしさの象徴にもなっているので、大きな欠点にはならないですね。ただ、年齢的に小じわが増え、肌のハリもなくなりつつあるので、あえなく2位となりました。

 3位は「Sexy Zone」の佐藤勝利さん。佐藤さんもバランスの整った顔立ちをしていて、大きな欠点はありません。丸顔の輪郭やクリクリした目からかわいい印象を与える童顔タイプなので、やはりジャニーズらしいイケメン顔といえるでしょう。ただ、好みが別れる顔ではあるので、3位という結果に。

 4位は「KAT-TUN」の亀梨和也さん。シャープで女性的な輪郭、綺麗な肌など、ジャニーズらしい要素を持ち合わせたイケメンです。二重の幅が狭く奥二重気味のため、ときどき目が細く見えますが、切れ長の目といった印象だけで、欠点と言うほどではないでしょう。それでも4位なのは、中性的な雰囲気を苦手とする女性も一定数いるから。輪郭をもっとしっかりさせて男らしさが増せば、岡田さんを抜いて2位にランクインできると思います!

 5位は「NEWS」の手越祐也さん。手越さんも非の打ち所がないイケメン顔です。強いてマイナスポイントを挙げるとすれば、二重の幅が左右非対称なところだけなのですが、「非対称は人間味があっていい」とする派と、「対称的なほうがかっこいい」派に分かれるので5位止まり。でも、もし手越さんが僕のところへ整形の相談に来たら、「どこも直すところはないです」と答えると思います(笑)。

■ジャニーズのイケメン定義は「王子様顔」
 ジャニーズでイケメンといわれるメンバーのほとんどは、目が大きくて二重の幅が広く、肌もきれいで色白で、輪郭もゴツゴツしていない「王子様」タイプ。目が細いと睨んでいるような怖い印象を与えますし、肌が黒いと男らしさを強調してしまうので、“かわいらしくて女性らしいイメージ”であることが、ジャニーズ顔のイケメンの定義といえるでしょう。

 ジャニーズ以外の芸能人では、小池徹平さん、ウエンツ瑛士さん、三代目J Soul Brothersの岩田剛典さんなどが、ジャニーズ顔のイケメンの部類に入ると思います。

takasumikiya01高須幹弥(たかす・みきや)
美容外科「高須クリニック」名古屋院・院長。オールマイティーに美容外科治療を担当し、全国から患者が集まる。美容整形について真摯につづられたブログが好評。
公式ブログ

ジャニーズの「トップイケメン」を決定! Dr.高須幹弥が全デビュー組から選ぶベスト5

【第53回】「高須幹弥センセイ、ジャニーズ1のイケメンは誰ですか?」
 この連載では、これまでジャニーズの全デビュー組アイドルグループ&デュオ計14組を顔面診断してきた。その中には、高須クリニック名古屋院院長の高須幹弥先生から「東大クラス」「1000人に1人の逸材」などのお墨付きをもらった超絶イケメンも多く、ジャニーズの顔面偏差値の高さが伺える結果に。そこで気になるのが、全デビュー組の中で最もイケメンなのは誰なのか? ということだ。高須先生、先生が選ぶ「ジャニーズのイケメンベスト5」を教えてください!

■ついにジャニーズ1のイケメンが決定!
 グループ当時の「SMAP」から「ジャニーズWEST」まで全デビュー組の顔面診断をさせていただき、グループごとのトップイケメンもご紹介してきました。ジャニーズだけに、グループトップともなると、どの方も顔立ちのバランスがよく、大きな欠点も見当たらず、本当に甲乙つけがたいのですが……。マイナス要素による減点法に僕の好みも加味して、僕なりの「ジャニーズイケメンベスト5」を挙げてみましょう。

 ジャニーズのトップ オブ ザ イケメンに輝いたのは、「Sexy Zone」の中島健人さんです。減点法で見ていくとマイナス要素がほとんどなく、強いて欠点を挙げるとすれば小鼻が横に広がっていることくらい。目、肌質、輪郭、口元など、どこをとってもジャニーズらしい要素を兼ね備えた顔立ちの、典型的な“ジャニーズのイケメン”だと思います。

 2位は「V6」の岡田准一さん。年齢を重ねたことで味が出て、年相応のいい老け方をしているので、ダンディーなアラフォーイケメンだと思います。彫りが深く、目元はきれいな二重で目力もあり、一つひとつのパーツがしっかりとした岡田さんの顔は、美容整形の患者さんも憧れる顔立ち。気持ち鼻が大きいけれど、男らしさの象徴にもなっているので、大きな欠点にはならないですね。ただ、年齢的に小じわが増え、肌のハリもなくなりつつあるので、あえなく2位となりました。

 3位は「Sexy Zone」の佐藤勝利さん。佐藤さんもバランスの整った顔立ちをしていて、大きな欠点はありません。丸顔の輪郭やクリクリした目からかわいい印象を与える童顔タイプなので、やはりジャニーズらしいイケメン顔といえるでしょう。ただ、好みが別れる顔ではあるので、3位という結果に。

 4位は「KAT-TUN」の亀梨和也さん。シャープで女性的な輪郭、綺麗な肌など、ジャニーズらしい要素を持ち合わせたイケメンです。二重の幅が狭く奥二重気味のため、ときどき目が細く見えますが、切れ長の目といった印象だけで、欠点と言うほどではないでしょう。それでも4位なのは、中性的な雰囲気を苦手とする女性も一定数いるから。輪郭をもっとしっかりさせて男らしさが増せば、岡田さんを抜いて2位にランクインできると思います!

 5位は「NEWS」の手越祐也さん。手越さんも非の打ち所がないイケメン顔です。強いてマイナスポイントを挙げるとすれば、二重の幅が左右非対称なところだけなのですが、「非対称は人間味があっていい」とする派と、「対称的なほうがかっこいい」派に分かれるので5位止まり。でも、もし手越さんが僕のところへ整形の相談に来たら、「どこも直すところはないです」と答えると思います(笑)。

■ジャニーズのイケメン定義は「王子様顔」
 ジャニーズでイケメンといわれるメンバーのほとんどは、目が大きくて二重の幅が広く、肌もきれいで色白で、輪郭もゴツゴツしていない「王子様」タイプ。目が細いと睨んでいるような怖い印象を与えますし、肌が黒いと男らしさを強調してしまうので、“かわいらしくて女性らしいイメージ”であることが、ジャニーズ顔のイケメンの定義といえるでしょう。

 ジャニーズ以外の芸能人では、小池徹平さん、ウエンツ瑛士さん、三代目J Soul Brothersの岩田剛典さんなどが、ジャニーズ顔のイケメンの部類に入ると思います。

takasumikiya01高須幹弥(たかす・みきや)
美容外科「高須クリニック」名古屋院・院長。オールマイティーに美容外科治療を担当し、全国から患者が集まる。美容整形について真摯につづられたブログが好評。
公式ブログ

SHINee・ジョンヒョンの死亡報道で、「目を覚まして」インスタに悲痛なコメントあふれる

 日本でも絶大な人気を誇るK-POPアイドルグループ・SHINeeのジョンヒョンの死亡が報じられた。12月18日、韓国「聯合ニュース」によると、ジョンヒョンは午後6時半頃、死亡した状態で発見され、病院に搬送されたという。

 SHINeeは2008年に本国でデビューし、日本では翌09年から活動を開始。メンバーは、ジョンヒョン、オンユ、キー、ミンホ、テミンの5人で、東方神起の弟グループとして日本でも着実に人気を獲得。18年2月には東京ドームで単独コンサートを4年連続で行うことが決定していた。「聯合ニュース」は、ジョンヒョンは18日、ソウル清潭洞(チョンダムドン)にある部屋で練炭を燃やし、倒れた状態で発見されたと報じている。

 ジョンヒョンは15年にソロ活動をスタートし、4枚のアルバムリリースと、他グループへの楽曲提供を行うなど、音楽面で精力的に活動。今年12月9~10日には、ソロコンサート『JONGHYUN SOLO CONCERT ‘INSPIRED』を開催していた。

 ジョンヒョンの死亡がYahoo!のトップサイトで報じられると、ネットでは「ドーム公演も決まってるんだからありえない。信じない。生きてるジョンヒョンは生きてる」「自殺なんかするわけない」「どうゆうこと? 手が震える……」などとファンから悲痛なコメントが噴出。タイやロシア、アメリカなどからも、「SHINeeの歌に涙が止まらない」「K-POPの世界を私に教えてくれたグループ。もういないなんて信じられない」「真実を誰か教えてください」など、混乱と動揺の声が上がっている。

 ジョンヒョンのインスタグラムは11月20日の更新を最後に止まっているが、報道を受けたファンからのコメントが現在も投稿され続け、「この方法しかなかったのだろうか」「苦しみを1人で抱えてたの?」「いつも助けてもらってたのに、私たちが助けられなくてごめんなさい」「目を覚まして」「戻ってきてください……」「この世界の何が地獄だったの?」など、悲しみにあふれている。

 SHINeeが所属するSMエンターテインメントは、東方神起、少女時代、EXO、NCTなど日本で活動するグループも多いだけに、今回の一件はK-POPファンの心に暗い影を落とすことになりそうだ。

SHINee・ジョンヒョンの死亡報道で、「目を覚まして」インスタに悲痛なコメントあふれる

 日本でも絶大な人気を誇るK-POPアイドルグループ・SHINeeのジョンヒョンの死亡が報じられた。12月18日、韓国「聯合ニュース」によると、ジョンヒョンは午後6時半頃、死亡した状態で発見され、病院に搬送されたという。

 SHINeeは2008年に本国でデビューし、日本では翌09年から活動を開始。メンバーは、ジョンヒョン、オンユ、キー、ミンホ、テミンの5人で、東方神起の弟グループとして日本でも着実に人気を獲得。18年2月には東京ドームで単独コンサートを4年連続で行うことが決定していた。「聯合ニュース」は、ジョンヒョンは18日、ソウル清潭洞(チョンダムドン)にある部屋で練炭を燃やし、倒れた状態で発見されたと報じている。

 ジョンヒョンは15年にソロ活動をスタートし、4枚のアルバムリリースと、他グループへの楽曲提供を行うなど、音楽面で精力的に活動。今年12月9~10日には、ソロコンサート『JONGHYUN SOLO CONCERT ‘INSPIRED』を開催していた。

 ジョンヒョンの死亡がYahoo!のトップサイトで報じられると、ネットでは「ドーム公演も決まってるんだからありえない。信じない。生きてるジョンヒョンは生きてる」「自殺なんかするわけない」「どうゆうこと? 手が震える……」などとファンから悲痛なコメントが噴出。タイやロシア、アメリカなどからも、「SHINeeの歌に涙が止まらない」「K-POPの世界を私に教えてくれたグループ。もういないなんて信じられない」「真実を誰か教えてください」など、混乱と動揺の声が上がっている。

 ジョンヒョンのインスタグラムは11月20日の更新を最後に止まっているが、報道を受けたファンからのコメントが現在も投稿され続け、「この方法しかなかったのだろうか」「苦しみを1人で抱えてたの?」「いつも助けてもらってたのに、私たちが助けられなくてごめんなさい」「目を覚まして」「戻ってきてください……」「この世界の何が地獄だったの?」など、悲しみにあふれている。

 SHINeeが所属するSMエンターテインメントは、東方神起、少女時代、EXO、NCTなど日本で活動するグループも多いだけに、今回の一件はK-POPファンの心に暗い影を落とすことになりそうだ。

船越英一郎が“プライバシー侵害訴訟”取り下げか? 実子に気遣いゼロの“銭ゲバ”松居一代に非難

 俳優の船越英一郎が、タレントの松居一代をプライバシー侵害で訴えた民事訴訟を取り下げていたとの一部報道を受け、ネット上では松居へのバッシングがヒートアップしている。

 16日付のスポーツニッポンによれば、13日の第2回調停で、松居が船越への誹謗中傷を「二度としない」と約束。これを信じ、船越は同日のうちに提訴を取り下げたという。

「“松居にもう関わりたくない”という思いが一番でしょうが、それ以外に松居の連れ子のことを考えての決断でもあるようです。松居といえば、船越がバイアグラを使ってハワイ在住の女性とダブル不倫をしていたと主張し、それを否定する船越のプライベート動画を無断でYouTubeに投稿(削除済み)。さらに、糖尿病を患っているせいで勃起不全に陥っていることや、ヘモグロビンA1cの数値まで暴露していました」(芸能記者)

 また、7月発売の「週刊新潮」(新潮社)の松居のロングインタビューでは、船越の頭髪問題についても暴露していた。

「松居は『彼、カツラですから』とあっさり。女性との行為中にカツラがズレてしまうため、浮気はできないと思い込んでいたことや、カツラコレクションが数十個に及ぶこと、1月にロスで“自毛植毛”の手術を受けたことなどを明かしていました。このように、プライバシー侵害に当たりそうな項目は数が多く、法廷で細かく争った場合、長期に及ぶ可能性もあったのでは」(同)

 そんな松居は、15日に緊急記者会見を開き、船越のことを「大っ嫌い!」と言い放ったほか、「離婚を勝ち取った」とガッツポーズ。さらに、実家の母親に生電話するパフォーマンスを見せた。

「船越の訴訟取り下げ報道により、世間は『船越は血の繋がらない息子さんのことを考えて行動してるのに、松居はお金のことばかり』という印象に。実際、松居は、会見中に息子を気遣う発言はなく、自分のことばかり。すっかりヒールと化し、ネット上では『もう見たくない』『テレビに出てほしくない』といった厳しい声が相次いでいます」(同)

 船越が訴えを取り下げたとはいえ、所属事務所のホリプロが松居に対し、名誉毀損や業務妨害で損害賠償を求めた訴訟は続いている。船越と松居の縁が完全に切れる日は、一体いつになるのだろうか?

船越英一郎が“プライバシー侵害訴訟”取り下げか? 実子に気遣いゼロの“銭ゲバ”松居一代に非難

 俳優の船越英一郎が、タレントの松居一代をプライバシー侵害で訴えた民事訴訟を取り下げていたとの一部報道を受け、ネット上では松居へのバッシングがヒートアップしている。

 16日付のスポーツニッポンによれば、13日の第2回調停で、松居が船越への誹謗中傷を「二度としない」と約束。これを信じ、船越は同日のうちに提訴を取り下げたという。

「“松居にもう関わりたくない”という思いが一番でしょうが、それ以外に松居の連れ子のことを考えての決断でもあるようです。松居といえば、船越がバイアグラを使ってハワイ在住の女性とダブル不倫をしていたと主張し、それを否定する船越のプライベート動画を無断でYouTubeに投稿(削除済み)。さらに、糖尿病を患っているせいで勃起不全に陥っていることや、ヘモグロビンA1cの数値まで暴露していました」(芸能記者)

 また、7月発売の「週刊新潮」(新潮社)の松居のロングインタビューでは、船越の頭髪問題についても暴露していた。

「松居は『彼、カツラですから』とあっさり。女性との行為中にカツラがズレてしまうため、浮気はできないと思い込んでいたことや、カツラコレクションが数十個に及ぶこと、1月にロスで“自毛植毛”の手術を受けたことなどを明かしていました。このように、プライバシー侵害に当たりそうな項目は数が多く、法廷で細かく争った場合、長期に及ぶ可能性もあったのでは」(同)

 そんな松居は、15日に緊急記者会見を開き、船越のことを「大っ嫌い!」と言い放ったほか、「離婚を勝ち取った」とガッツポーズ。さらに、実家の母親に生電話するパフォーマンスを見せた。

「船越の訴訟取り下げ報道により、世間は『船越は血の繋がらない息子さんのことを考えて行動してるのに、松居はお金のことばかり』という印象に。実際、松居は、会見中に息子を気遣う発言はなく、自分のことばかり。すっかりヒールと化し、ネット上では『もう見たくない』『テレビに出てほしくない』といった厳しい声が相次いでいます」(同)

 船越が訴えを取り下げたとはいえ、所属事務所のホリプロが松居に対し、名誉毀損や業務妨害で損害賠償を求めた訴訟は続いている。船越と松居の縁が完全に切れる日は、一体いつになるのだろうか?