元アンジュルム・田村芽実が1年ぶりに活動再開! 「すっごい露出」の衣装で初舞台に挑む

元アンジュルム・田村芽実が1年ぶりに活動再開! 「すっごい露出」の衣装で初舞台に挑むの画像1
 元ハロー!プロジェクト・アンジュルムのメンバー、田村芽実(18)が17日、渋谷・CBGKシブゲキ!!で初主演舞台『minako -太陽になった歌姫-』(5月17日~21日)の公開稽古を行った。  本作は、2005年に急性骨髄性白血病で逝去した歌手・本田美奈子.の軌跡を描く物語。芸能界の育ての親、高杉敬二氏が総合監修を務め、アイドルから日本の歌姫へと脱皮した本田の生きざまが鮮やかによみがえる。  昨年5月にグループを卒業した田村は、ファンから「孤高の天才」と呼ばれるほど歌唱力には定評があり、宝塚や劇団四季の大ファンとしても知られている。高杉氏も「田村さんの高音部は本当に素晴らしくて、アイドルのときの本田、クラシックの本田を上手に使い分けている」と太鼓判。  舞台初主演の田村だが、「思った以上に緊張していない」と余裕の表情。「大好きな本田さんの役を演じられるのは、まだ夢を見ているよう。今日から5日間、本田美奈子.として強く生きたいと思います」「お芝居を通して、歌を通してみんなに笑顔を届けたい」と、笑顔で意気込みを語った。
元アンジュルム・田村芽実が1年ぶりに活動再開! 「すっごい露出」の衣装で初舞台に挑むの画像2
 本作では、本田が大事にしていた歌や、アイドル時代の曲も何曲か披露され、その際には本田が実際に着用した衣装を日替わりで着るという。田村の赤いドレスも、本田のものだ。 「衣装を着ると、気分がアガリますね。入らないんじゃないかと思ったんですが、意外とピッタリで。日によっては、すっごい露出が多い衣装もあります。アイドル時代も露出度の高い衣装を着ていたんですが、それと比べ物にならないくらい(笑)。その日に当たった人はラッキーですね」  なお本作はチケットが買えなかったファンの要望で、8月18日(金)にDVD発売が決定。さらに、7月17日(月祝)には代々木・山野ホールにてDVD完成披露試写会が行われる。当日は、主演の田村と、作・演出の野沢トオルが参加。チケットは本日よりポニーキャニオン特設サイトにて予約開始なので、ぜひチェックしてほしい。 ●DVD情報 舞台『minako -太陽になった歌姫-』 発売日:8月18日(金) 価格:[豪華版]8,000円+税 [通常版]6,000円+税 発売・販売元 ポニーキャニオン ●イベント情報 日程 7月17日(祝月) 時間 1部 13:00開場/13:30開演 2部 17:30開場/18:00開演(予定) 開場 山野ホール(東京都渋谷区代々木1-53-1) 出演 田村芽実、野沢トオル チケット 5,000円(税込) チケット受付ページ http://ps.ponycanyon.co.jp/stage-minako/ticket/ 主催 ポニーキャニオン

“ほぼパイパン”にマニア垂涎? 仲村みうAVデビュー作の気になる中身は……

ほぼパイパンにマニア垂涎? 仲村みうAVデビュー作の気になる中身は……の画像1
 GW後半戦直前に飛び込んできた、お笑いコンビ・ココリコ田中直樹の電撃離婚。小日向しえの浮気が原因か? ともささやかれましたが、真相はいまだ明らかになっていません。一方、一世を風靡した元人気グラドル・仲村みうのAVデビューにも注目が集まりました。  それでは、ランキングを見ていきましょう! 第1位 坂口杏里容疑者と正反対!? AVデビューの仲村みう“男優との絡みカット”解禁! 気になるよね 第2位 浮気が原因か!? “おしどり夫婦”ココリコ田中直樹・小日向しえ夫妻、離婚の真相は…… 闇深そう 第3位 石原さとみ、深田恭子を亀梨&山Pに“食われた”ホリプロの逆襲はあるのか ジャニーズが弱ってる今のうちに! 第4位 衝撃の離婚! ココリコ・田中直樹“イイ人伝説”の裏でささやかれていた「危惧」とは “イイ人”だけなわけがない 第5位 木村拓哉主演の大コケ映画『無限の住人』 戸田恵梨香がロケ現場で“トイレセクハラ”被害!? 映画も好評! ◆編集部厳選! イチオシ記事◆ “元アウトローのカリスマ”瓜田純士、「レゴランド」へ行く! そして、いきなり入場を拒否される!? 楽しそう 「ルールは破る」登山家・野口健が提唱する、避難所に“テント村”という選択肢 野口節炸裂! 『子供に言えない動物のヤバい話』動物研究家・パンク町田が語る「ペットの犬を捨ててはいけない理由」 サイゾー初登場!

まっすーの“リア恋スマイル”に癒やされたい!

こだわりの男、ファッションリーダー、アイデアマン――
ホンワカとした笑顔で見る者を虜にするNEWS、テゴマスの懐刀・増田貴久。その魅力の数々に迫ります!

Picky
やりたいことをやれる状況だからこそ、最高のものを作りたい・・・4P~
—-人との出会いに沢山の感動があり、すごく影響を受けてきた

Carefully
一番謎が多いのは、たぶんオレ(笑)・・・22P~
—-全部を見せないのがアイドルっていうものでしょう?

Pure
サプライズはしてあげたいけど、得意じゃないみたい・・・34P~
—-”喜怒哀楽”は大事だよね。いろんな気持ちを素直に出すの

Fan
嬉しかったです。必要とされて…・・・・・・44P~
—-僕らの最大の武器は、ファンのみんなと素敵な関係性を築いていること

Actor
信じられるものは。「経験とスキル」・・・56P~
—-男のプライドは仕事

Anniversary
10年は通過点。いいものをどんどん届けていくよ!・・・68P~
—-君を世界で二番目に幸せにするよ。だって一番は君といられる僕だから

Tegomass
オレの相方は手越しかいない・・・84P~
—-歌うことに関して歴史がはじまったのは、手越がいたから

■立ち読みはこちら

カテゴリー: 未分類

『母になる』小池栄子演じる麻子が「人を殺した理由」とは? 視聴者の話題独占で「もはや主役」

 沢尻エリカ主演で放送中の連続ドラマ『母になる』(日本テレビ系)の第6話が、5月17日に放送される。物語が折り返し地点に突入する中、視聴者の間では、小池栄子演じる門倉麻子に注目が集まっているようだ。

 主人公・柏崎結衣(沢尻)と西原莉沙子(板谷由夏)、そして麻子という“3人の母親”の葛藤や成長が描かれる同ドラマ。3歳の息子・広(吉武歓)を誘拐された結衣は、9年後、児童福祉司・木野愁平(Hey!Say!JUMP・中島裕翔)の働きかけにより、13歳になる広(関西ジャニーズJr.・道枝駿佑)と再会。しかし、広は10歳まで自分を育ててくれた麻子を“ママ”と慕っており、結衣やその夫・陽一(藤木直人)が家族に生じた“溝”を埋めていこうと奮闘するストーリーだ。

「先週放送された第5話では、結衣の元から施設に戻るはずだった広が、木野の隙をついて姿を消してしまいました。その後、仲良くしていた施設の先輩・田中今偉(望月歩)と一緒にネットカフェで発見され、2人は、木野の同行のもと、今偉の母親を探しに行く……という展開でした」(芸能ライター)

 一方、麻子は柏崎家が経営する柏崎オートの事務員・緒野琴音(高橋メアリージュン)と知り合い、仕事の紹介を受けることに。その仕事が「柏崎オートの職員」と知らずに、陽一の母・里恵(風吹ジュン)と対面し、広の写真を見せられ、麻子は大きく動揺。結局、結衣と陽一のもとを訪れて「こちらで雇っていただくことになりました、門倉麻子です」と挨拶するも、麻子の素性を知った琴音がその場に駆け付け、「その人、人殺し! 人殺しだから!」と叫んでエンディングを迎えたのだった。

「第5話の平均視聴率は8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、第3話の9.3%、第4話の7.9%から引き続き1ケタ台を脱せずにいます。視聴者は、『麻子が人を殺した理由が気になる』『でも柏崎家に働きに行く神経がわからない』などと、麻子の話題を中心に盛り上がっていました」(同)

 続く第6話では、麻子がつきまとう男の暴力から広を守るために事件を起こし、刑務所に入っていたこと、さらに麻子の壮絶な過去などが明かされる。

「ネット上では『麻子がどんな過去を送ってきたか気になる』『のこのこ柏崎オートにやって来たのは、広への執着だよね』『本当の意味で麻子が立ち直れるのか心配』など、もはや主人公の結衣よりも麻子サイドの話で持ち切り。また、小池は演技派としても知られているため、『どんな演技を見せてくれるのか楽しみ』といった声もあり、主役である沢尻を食ってしまいかねません。もしかしたら、麻子にスポットを当てた方が、数字が上がる可能性もありますよ」(同)

 果たして第6話で、2ケタ台回復なるか。視聴者の期待は高まっているようだ。

両替機荒らしに、パチモン景品……クレーンゲーム人気爆発の韓国でトラブル続出中!

両替機荒らしに、パチモン景品……クレーンゲーム人気爆発の韓国でトラブル続出中!の画像1
 韓国で「クレーンゲーム」ブームが巻き起こっている。クレーンゲームを導入した店舗は、2015年は21カ所にすぎなかったが、17年1月には1,000カ所を、4月には2,000カ所を超えたという。  韓国メディアは「クレーンゲーム旋風」と喧伝しているが、黎明期とあって、何かとトラブルが後を絶たない。  その最大の原因は、クレーンゲームを設置している店舗が無人であり、24時間営業も多いこと。そのため、犯罪が起こりやすい状況にあるとされる。クレーンゲーム場にまつわる犯罪で最も多いのが、両替機内の現金を狙った窃盗だ。5月3日午前5時40分、清州(チョンジュ)市のある店舗に、2人の少年が来店。彼らは両替機を破壊して現金200万ウォン(約20万円)を強奪、逃走した。監視カメラの映像から2人はすぐに逮捕されたが、その後の取り調べで、仁川(インチョン)、大田(テジョン)など35カ所でも同様の犯行を繰り返していたことが判明。被害総額は、計3,149万ウォン(約315万円)にも上る。    また、クレーンゲーム内の景品を直接盗む輩も多い。中には景品取り出し口に体を入れて身動きできなくなり、救助隊が出動する事態になったケースもあるというのだからあきれてしまう。  一方、景品のライセンス問題も勃発している。日本でも2016年、秋葉原のクレーンゲーム専門店で“偽グッズ”が景品となり、著作権法違反の容疑で店舗経営者が書類送検されている。韓国でも国内の人気コンテンツをはじめ、ポケモンなどの無許可アイテムが数多く流通する事態となっている。  2月には文化体育観光部と韓国著作権保護院、韓国文化コンテンツライセンス協会などがパチモンの取り締まりを強化したが、現状、氾濫は止まらない。  ある専門家は、クレーンゲームブームについて「挫折や苦悩の続く韓国社会に不満を感じる多くの人が、クレーンゲームで景品を獲得することで一種の達成感と幸福感を得ている」と分析しているが、いずれにせよ、犯罪に対する早急な対策が求められる。

離婚した葉月里緒奈の“母親失格”バッシングに響く、辻仁成の「親権」への言及

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 「週刊現代」(講談社)でジャーナリスト岩瀬達哉氏による連載「裁判官よ、あなたに人が裁けるか」がスタートした(今週で3回目)。原発を止めると左遷される、上司に逆らうとパージされる、転勤を断ると出世できないなどなど、裁判官と人事の関係、司法の闇、正義とは決して言えない実態などがあぶり出される骨太のルポ。今後も楽しみにしたい必見の連載だ。

第364回(6/11~16発売号より)
1位「辻仁成『ムスコ飯』(第124飯)」(「女性自身」5月30日号)
参照「独占キャッチ! 葉月里緒菜 『夫と娘を残して…』離婚&奔放愛『魔性の選択』」(「女性自身」5月30日号)
2位「赤西仁 田口淳之介 田原俊彦に続いてメジャー再デビューへ」(「週刊女性」5月30日号)
3位「井上真央 仕事復帰で遠ざかる松潤との春」(「週刊女性」5月30日号)

 今週の「女性自身」がスクープしたのが、葉月里緒菜の離婚と新恋人の存在だ。葉月は2004年に不動産会社の御曹司である男性と再婚し、直後に長女も授かったが、しかし、2年前に離婚、新たな恋人も存在しているのだという。

 ここ数年、葉月は芸能界から遠ざかっていたこともあり、離婚報道は確かにスクープだ。だが、もうひとつ明らかになったのが、現在、葉月の娘は葉月ではなく父親と生活をしていること。記事では「葉月さんが娘を残して家を出たのは、娘の教育などについて元夫と話し合って決めたことだと聞いています」と知人のコメントが挿入されているが、またしても――の予感である。

 そう、ココリコ・田中直樹の離婚騒動でも巻き起こった“母親失格”バッシングだ。

 田中は5月2日、妻で女優の小日向しえとの離婚を発表したが、離婚に際して“2人の息子の親権を父親である田中が持つ”と報じられると、母親の小日向への誹謗中傷、バッシングが巻き起こった。さらに “不倫・妊娠疑惑”まで流布された。もちろん何の根拠もないものだったが、母親が親権を得なかったり、離婚後子どもが父親と一緒に暮らすことになると、母親に対する不当なバッシングが起こるのが、この日本である。

 今回も葉月に対し、同様のバッシングが起こるのでは。そんな危惧を持ったが、「自身」を読み進めると、同じ号に素敵な記事がありました! それが同誌の名物連載コラムとなった辻仁成の「ムスコ飯」だ。

 辻は、今号でココリコ・田中の離婚に言及し、離婚は本人しかわからないし、どんな状況でも5分5分の責任があると前提した上で、こんなことを書いている。

「しかし、お子さんがいる場合ちょっと厄介です。とくに日本の場合、親権はどちらかが持つという『わけのわからない法律』があるからです。養育権というのであればわかりますけど、親権を選ぶという発想が時代遅れじゃありません?」

 拍手! である。さらに、辻は、最近では世界的にもシングルファザーが増えていること、女性の離婚意識が自由になってきたことも指摘している。

 確かに、辻も、親権バッシングのある意味で当事者だった。14年、中山美穂と離婚した際、息子の親権を辻が持ち、また養育も辻が担うことになったが、その際も、中山へのバッシングが巻き起こったからだ。そうした経緯を踏まえても、“親権はわけのわからない法律”という辻の主張は、心に響く。さらに辻は個人的意見として「シングルファザーは悪くない。子供と仕事を両立することで、得られるものが大きい」とも記している。

 辻のような考え方が、広く日本にも浸透してほしい。そして今回、離婚が発覚した葉月に不当なバッシングが起らないよう切望したい。

 2位は「週刊女性」のジャニーズネタ。確かに異変かもしれない。ジャニーズ事務所の逆鱗に触れて“追放”されたはずの田口淳之介に続き、赤西仁もユニバーサルミュージックから、メジャー再デビューするというのだから。

 赤西は事務所に報告なしで黒木メイサとデキ婚し、一方、田口は年上女優・小嶺麗奈と交際するだけでなく、“マスオさん同棲”が事務所の逆鱗に触れ追放されている。でも、田口は今年3月に『スカパー! 音楽祭 2017』に出演、またドキュメンタリー番組『田口淳之介 -TO THE NEXT LEVEL-』(BS12)など、地上波ではないものの、異例の芸能界復帰を果たしていた。

 それに続き赤西も――。

 この異変について、「週女」はSMAP騒動の影響とジャニーズ事務所の影響力衰退を指摘するが、それだけでなくジャニーズJr.の今後のCDデビューが凍結されたり、そのため中居正広が新事務所を作った場合、Jr.も一緒に大量脱退するのではないか、との情報も付随して紹介されている。

 まあ、赤西メジャー再デビューにひっかけて、中居の新事務所の話に無理やり持っていく、という苦肉の記事にも見えるが、驚くのが、この“異変”の中に、田原俊彦までが“挿入”されていることだ。

「今年2月には、田原俊彦もユニバーサルに所属することを発表。約11年ぶりのメジャー復帰だ。相次ぐ元ジャニーズタレントのメジャー所属に、芸能界でも驚きの声が」

 だって。いやいや。赤西や田口ならまだしも、そこにトシちゃん!? 笑えた。

 事務所を移籍して以降、結婚か、芸能界引退かなどと物議を呼んでいた井上真央。その間、恋人である嵐・松本潤の“浮気”も発覚するなど、散々な事態も巻き起こったが、すでに来春公開の映画に出演するなど、芸能界復帰を果たしていたらしい。さらに浮気騒動後も、松潤とは交際を続けているとも。

 記事には結婚より仕事を選んだことで、松潤とのゴールインが遠のいたと指摘されているが、しかし“敵”はそれだけではないと思う。もし嵐の中で結婚が許されるとしたら。井上と松潤の大物カップルではなく、櫻井翔とテレビ朝日アナウンサーの小川彩佳なんじゃないか。そう、密かに思っている。

Gスポットより気持ちいい「裏Gスポット」を探せ! クリ責めだけの単調愛撫に飽きた貴女へ

友人がナプキンのようにパンツに貼って使用する「よもぎ蒸しパッド」でデリケートゾーンを火傷したようです。みなさんもお気をつけください。こんにちは、大根 蘭です。

 「女性の性感帯スポット」と聞いたらどの部分を思い浮かべるでしょうか。やはり「Gスポット」でしょうか。特に“潮吹きのときに刺激する場所”として脚光を浴びたスポットではないかと思います。その他にも、AGスポット、Uスポット、Tスポット、Kスポットなど、快感を引き出すスポット(と名称)が、わんさかあるようです。同じ性感帯の部分にも関わらず、別のネーミングで呼んでいることもあったり、膣の中だけというわけでもないらしい……、ややこしいっ! ※ちなみに「クリトリス」のことを「Cスポット」と呼ぶ場合もあるようですが、「クリ」の方がしっくりきますね。

今回は、お馴染みのGスポットをはじめ、快感を得られるかもしれないスポット5カ所を、お伝えしたいと思います!

◎Gスポット

 まずGスポットのおさらいから。仰向けになった状態で人差し指と中指の2本を第2関節くらいまで挿入し、恥骨側に曲げて指先が当たる部分。

体調や膣の形状などによって個人差がありますが、ザラっという感覚を意識しながら探し当ててみてください。刺激の与えかたは、挿入した指の腹部分をGスポットに押し当てるようにして、前後3~4cmほど往復させます。(※引っ掻かないよう!)。このとき、早めの動き(振動)が効果的です。

◎裏Gスポット

 実はGスポットは1カ所じゃないってご存知ですか? 膣の入り口と膣奥(奥裏)の2カ所に「裏Gスポット」として存在しています。この2カ所ともに「Gスポット」より深い快感が得られるといわれている場所です。

*入り口裏Gスポット

お腹側にあるGスポットの反対側のお尻側にあるスポット。

動きはGスポットと同じく、膣の入り口から人差し指と中指を3~4cm挿入した部分を押し当てて刺激します。お尻側のため、オナニーで刺激するのは難しいと思うので、バイブなど長さと角度のあるオモチャを利用した方がよさそうです。

*奥裏Gスポット

 入り口裏Gからさらに奥に進んだ先にある部分(膣奥のお尻側の膣壁)。

人差し指と中指を奥まで挿入し、前後に擦るように動かします。ここが快感に感じる方は、前戯としては深い快感を得る場所です。ヒットすれば痙攣していしまうほど気持ちよさを感じる唯一のスポットだともいわれています。気をつけなければいけないのは、爪(この場所に限らずですが)。膣の奥は特に、子宮っが近い場所でもあるので絶対に傷つくことのないように気をつけて下さい。

◎Pスポット(ポルチオスポット)

 「快感スポット」で忘れてはいけない、ポルチオ。一番奥の子宮の入り口にあるスポット。1番深いオーガズムを感じる場所と言われている場所でもあります。

中指・人差し指・薬指の3本の指で、同時にゆっくり突くと進んでいくと、奥にコリコリした突起物、中心はへこんだ部分です(見ることは出来ないですが、タコの口に似ているようです)。

日本人女性の膣の深さは、平均8cm~10cm程度だといわれています。辿り着くまでと、子宮の入り口を傷つけないために、濡れた状態の指を1本ずつ挿入して少しずつ膣を伸ばしていくようにしてください。そして指先にPスポットを感じたらゆっくり圧迫⇒ゆっくり抜く……のスローピストンを繰り返します。私もそうですが、ポルチオ好きな方が「Pスポット」でイクのは、指よりもちんこで刺激した時の方が多いようです。

◎Aスポット

 ここは知らない方もいるのではないでしょうか。ここはお腹側にある「Gスポット」から奥に進んだ膣上部に位置しているスポット(ポルチオと膀胱の間)。

ポルチオのでっぱりよりも奥なので、指だと届きにくい性感帯になっていますが、指でチャレンジしてみる際は、Gスポットを愛撫した薬指と中指の2本を伸ばします。Gスポットよりも優しく、弱めの刺激で円を描くように刺激してください。ちんこを挿入する際は、1番根元まで押し当てます(女性のお腹と男性のお腹が密着している状態)。この状態で、ちんこの先が当たっている部分にグリグリと小刻みな振動を与えます。

 全てのスポットに対していえることですが、快感と感じるかは人それぞれ。特に、慣れていない場所への刺激は、オナニーもセックスでも、ゆっくり・優しく! を心がけて快感スポットを探し、開発してみてください。もちろん痛みを感じる場合は、わざわざ探す必要なし!!! 無理やりスポット捜索してくる強引な相手がいたら蹴り飛ばしていいと思います。

(大根 蘭)

Hey! Say! JUMP伊野尾慧が『VS嵐』に登場! 5月18日(木)ジャニーズアイドル出演情報

――翌日にジャニーズアイドルが出演予定の番組情報をお届けします。見逃さないように、録画予約をお忘れなく!

※一部を除き、首都圏の放送情報を元に構成しています。
※番組編成、及び放送日時は変更になることがあります。最新情報は番組公式サイト等をご確認ください。

●TOKIO

8:00~ 9:55 『白熱ライブビビット』(TBS系) 国分太一
11:25~11:30 『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系) 国分太一
18:55~19:25 『Rの法則』(NHK Eテレ) 山口達也
19:56~20:54 『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)国分太一 ※不定期出演

●V6

8:15~ 9:54 『あさイチ』(NHK総合) 井ノ原快彦

 

■続きを読む

カテゴリー: 未分類

低空飛行続くTBS系『あなたのことはそれほど』 本当に不幸なのは誰!?

低空飛行続くテレビ朝日系『あなたのことはそれほど』 本当に不幸なのは誰!?の画像1
TBS系『あなたのことはそれほど』番組サイトより
 演じる本人も役を否定するほどの身勝手な主人公・渡辺美都(波瑠)が“ゲス不倫”にまい進する『あなたのことはそれほど』(TBS系)。16日放送の第5話の視聴率は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、低空飛行状態が続いています。  同ドラマの主人公・美都なんですが、夫の渡辺涼太(東出昌大)をうまく飼い慣らしているように見えますが、美都は“嘘が吐けない”という欠点があるんですね。  不倫劇といえば、水面下で関係を重ね、バレて壮絶な修羅場が待っている……というのがセオリー。ですが、“普通じゃない”涼太は、1話ですでに妻の微妙な変化を感じ取り、スマホをチェック。一方の美都の不倫相手である有島光軌(鈴木伸之)は、妻の麗華(仲里依紗)とともに住むマンションの隣人・横川皆美(中川翔子)に、美都とのやり取りを、やはり目撃されてしまいます。  ドラマのスタートから不倫がパートナーにバレているという構造。これから先、4人の騙し合いになっていくのでしょうか。  さて、今回は、“普通じゃない”夫の涼太がいよいよ動き出します。すでに涼太は、美都と有島の関係を把握しており、有島の電話番号を入手済み。だからと言って、殴り込みをかけたり離婚をしないのがこの男の怖いところ。前回の終わり、結婚記念日のディナーで、美都の不倫を把握していることを告白した上で「それでも愛することができるよ」と言うシーンは、こちらまで心臓をつかまれるような気分でした。  公園にいる有島と麗華と娘に接触する涼太。電話を受け取った有島の顔をきちんと確認してからわざとぶつかって、偶然を装う周到さ。美都も騙された(?)その張り付くニコニコ笑顔で、有島と懇意になると、一緒に喫茶店まで行っちゃう。マジでサイコパス。  その道中ついに涼太が自身の正体を明かすと、有島の顔はみるみるうちに曇っていきます。曇るというか、もう怯えきった顔に。涼太が去ったあと、タイミング悪く電話をよこした美都に「もうヤバいわ、これ」と力なく言うしかありません。身の危険を感じた有島は、美都に関係をやめることを提案します。それを承諾すればドラマは終わってしまいます。さて、美都の答えは……。  一方の麗華も“普通じゃない”片鱗がチラリと見えてきました。麗華は、洞察力に優れ有島の所作を逐一じっと観察しています。公園で涼太と出会ったとき、偽装した偶然を見抜いたり、最近そわそわしっぱなしの有島を試すように「変だなあ」なんて言葉を食卓に並べちゃう。こちらもぐわっと心臓をつかまれたような気分です。  既婚者の美都と有島による“ゲス不倫”のドラマだと思ったら、もしかすると“普通じゃない”人間と結婚してしまった人の不幸なお話なのかも。涼太を操っているように見えた美都は、早々にその嘘を看破されてしまったし、麗華によって有島の牙城が崩されるのは、時間の問題でしょう。  普通なら、不倫がバレた場合離婚するのが常。「そもそもドラマなので」という点は無視して、麗華と涼太がなぜ、不倫を認知していながらこだわり続けるのか。今回、その理由が語られます。  麗華と有島の出会いは、高校生のときだったそう。暗くて地味だった麗華の家庭は、父親が暴力をふるうような悲惨な状態でした。そんなとき、いつも駆けつけてくれたのが有島だったんですね。  大切な用事を抜け出してまで会いに来てくれ、さらにぐちゃぐちゃになった実家を文句言わず片付ける有島の姿を麗華は強烈に覚えています。まさに、有島がいなくなったら自分は生きていけない、ということでしょうか。モテる有島に釘を刺すようなことはしません。  涼太がここまで美都に固執するのは、裏を返せば一途だと言えます。その証拠に、まず不倫を知った上で愛し続けると宣言しているし、次回予告では、服装や髪型を有島のような感じにしています。これもまた、一途だからこそ。  だけれども、その変貌ぶりに美都が離れていくのは、目に見えてるし、涼太としては努力を否定されたも同じなので、こちらの夫婦はどんどんすれ違いが重なりそう。  と、なれば矛先がどこに向かうのかは、想像できますね。有島と麗華の子どもを「可愛いですね」と言う涼太の笑顔が、筆者はもうすでにトラウマです。 (文=どらまっ子HAYAちゃん)

「週刊文春」が「週刊新潮」の“中吊り入手”問題 盗用・スクープ潰しの実態を現場記者が暴露!

「週刊文春」が「週刊新潮」の中吊り入手問題 盗用・スクープ潰しの実態を現場記者が暴露!の画像1
 数々のスクープを連発して世間を騒がせ、“文春砲”なる言葉を生んだ「週刊文春」(文藝春秋)に、とんだ疑惑が持ち上がった。出版取次業大手のトーハンが、発売前の「週刊新潮」(新潮社)の中吊り広告を、ライバル誌「週刊文春」を発行する文藝春秋に渡していたと「週刊新潮」が報じたのだ。文春側は「新潮の中吊り広告を見て、記事を書き換えたり、盗用したことはない」と疑惑を否定しているが、ある週刊誌記者は盗用の実態についてこう語る。 「例えば木曜日に発売される週刊誌の場合、大手マスコミ各社の編集部には、前日の夕方にはライバル誌の見本誌が届いています。ところが、ネットニュースの隆盛により、これを盗用するところが現れ始めたんです。例えば『○月○日発売の週刊○○が、△△と××の熱愛について報じている』といった形で、雑誌発売より前にスクープをネットで報じてしまうもの。スポーツ紙サイトがよくやるやり方です。また、別のパターンもあります。それは、見本誌を読んだ編集部が『週刊○○に○○という記事が載るそうですが、これは本当ですか?』と、本人や事務所に問い合わせるというもの。これによって、雑誌の発売前に本人や事務所がコメントを出してしまい、スクープが潰れてしまうこともあります。これも“泥棒”みたいなものですよね」  一切取材をしていない媒体に第一報を流されてしまっては、スクープをつかんだ側はたまらないが、このやり方には、さらなるメリットもあるという。 「週刊誌は常に訴訟のリスクを抱えています。実際、大手週刊誌ともなれば、同時進行でいくつもの名誉毀損案件の裁判を抱えているもの。一人で複数の裁判を抱えている記者もいます。しかし『○○が報じている』と書いてしまえば、たとえそれが誤報であっても、『ウチは“報じている”と書いただけです』と逃げ切れるのです。朝のワイドショーの“新聞チェック”のコーナーが『スポーツ紙の○○が○○と報じている』というのも同じ理屈です」(同)  ちなみに、文春は本当に新潮をパクっていなかったのか? 「新潮側は『文春のネットニュースで速報され、スクープを潰されたこともあった』と言っていますが、文春が『ウチも同じネタをつかんでいた』と言い張れば、後は水掛け論です。文春にもプライドがあるでしょうから、まさか新潮のスクープを盗むなんてことはないと思いますが……もしやっていたなら“オシマイ”ですね」(同)  腰の入ったパンチを放った“新潮砲”に“文春砲”がどう対抗するのか、この先の展開が見ものになりそうだ。