浜崎あゆみ御殿の購入者が判明! 利用方法は住居以外!?「大理石が冷たい……」

浜崎あゆみ御殿の購入者が判明! 利用方法は住居以外!?「大理石が冷たい……」の画像1
 歌手の浜崎あゆみの“要塞ビル”を購入したアパレル会社社長が、10日発売の「週刊新潮」(新潮社)で購入に至った経緯を明かしている。  浜崎の東京・南青山の自宅ビルが「売りに出されている」とネットで話題になったのは4月。同誌によれば、同物件が人の手に渡ったのは3月30日で、購入者は南青山近くに社屋を構えるアパレル企業。浜崎が直接、同社に「売りたい」と話も持ちかけたため、優良物件だったこともあってすぐに購入が決定したのだという。 「エントランスから地下に続く階段は全面鏡張り。寝室やダイニングなど、そのほとんどの壁や床が大理石。5階のテラスにある露天ジャグジー風呂には、犬専用のシャワーまで完備している。地下の仕事部屋は壁と天井が赤一色で、天井からは巨大なミラーボールが。絵に描いたようなバブル時代の“成金御殿”です」(芸能記者)  同誌の取材に答えたアパレル会社社長は、ビルの利用法について「検討中」だといい、転売も視野に入れているのだとか。 「同社長は購入価格については明言しなかったものの、土地だけで10億円ほどと見られている。あとは、“あゆ仕様”にリフォームされた特殊な内装にどれだけの価値があるのか……といったところ。人が住むには総大理石は冷たすぎますから、正直、住居には向いていないと思いますよ」(不動産に詳しいライター)  浜崎といえば、2014年にも神奈川県・逗子の別荘を売りに出して騒ぎに。完成から約2年半しか経っていなかった同物件は、海外のセレブ向け不動産サイトに3億4,880万円で紹介されていた。 「オフのたびにお抱えのダンサーたちを引き連れて海外バカンスを楽しんでいるあゆですが、旅費や滞在費は全て“あゆ持ち”。4月のデビュー記念日にも、男性スタッフばかりをゾロゾロと連れてフランスに旅立っていました。そんなあゆを、『パートナーのいない寂しさを紛らわしているのでは?』とウワサする関係者は多い。相次ぐ不動産の手放しも、スターゆえの孤独と戦っている表れでは?」(芸能記者) “ギャルのカリスマ”として成功したあゆの象徴とも言うべき“要塞ビル”。売却後も、地下のミラーボールは回り続けるのだろうか?

視聴率下落! 『あなたのことはそれほど』朝ドラ女優・波瑠の“ゲス不倫妻”がハマり役!?

視聴率下落! 『あなたのことはそれほど』朝ドラ女優・波瑠のゲス不倫妻がハマり役!?の画像1
TBS系『あなたのことはそれほど』番組サイトより
 NHK朝ドラ女優・波瑠が“ゲス不倫”へまっしぐらに突き進む、TBS系『あなたのことはそれほど』。9日放送4話の視聴率は、9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、2ケタに届かず。  GW期間中の2日に放送された3話では、波瑠演じる渡辺美都の母、三好悦子(麻生祐未)が、骨折したことをきっかけに、夫の渡辺涼太(東出昌大)との愛の巣に同居し、2人の微妙な空気を感じ取り、「涼太さん、怖い人かもしれないよ」と予言めいたことを言います。骨折が完治したことと、経営するスナックの営業のため悦子が帰ったところから、4話はスタート。  引き続き、有島光軌(鈴木伸之)との密会を続ける美都。1話で有島と関係を持ったときの後ろめたさは、どこへやら。スマホでの連絡の頻度は高くなり、お決まりのバーで定期的に会う美都の顔に悪びれた様子はありません。  そんな“ゲス不倫”を地で行く美都の一方で、夫・涼太の美都への不信感は募るばかり。美都のスマホにある有島とのやり取りから、自分が「柴犬」と呼ばれていることを確認すると、何気ない夫婦の会話で「正直者の柴犬だから」と言ってみたり、有島との温泉旅行のアリバイに使われた、美都の親友・香子(大政絢)に、行っていない温泉旅行について直接尋ねたりと、あの手この手で嘘を洗い出していきます。  やり取りの履歴を消したり、密会する場所や時間に細心の注意を払っていた有島と美都ですが、夢中になるあまり、油断するようになっていきます。有島は、後輩社員に美都と2人で歩く姿を目撃され、さらにマンションの隣人・横山皆美(中川翔子)に電話で美都とやり取りする姿を見られた上に、妻の有島麗華(仲里依紗)にその様子を密告されてしまいました。  美都の方とはというと、職場の同僚・森瑠美(黒川智花)の勧めで通い始めた陶芸教室で、麗華とたまたま出会ってしまいます。愛する有島の妻と、その子どもを目の前にして嫉妬心をメラメラと燃え上がらせるのでした。  同じく、美都に対して違った意味の嫉妬心を燃え上がらせる涼太。ドラマの終盤で、有島の番号を携帯に登録したことを告白。ここで、涼太が有島に電話をすれば、ドラマは終わってしまうのですが、涼太は電話をしないと言います。 「電話をしてしまったら、自分がどうなってしまうのかわからない」と言うように、美都のゲス不倫の事実を把握していながら、またその不倫が目の前で繰り広げられていようとも、愛情を貫こうとするのが、この涼太という男のようです。一途を通り越して、もはや異常としか言いようがありません。  対する有島の妻・麗華も不倫を薄々と感じながらも、何も言わず、こちらもこちらで異常なのかも。1話のレビューでも言いましたが、有島と美都が惹かれあうのは、互いの伴侶が持っていないものを持っているから、という構図がここでも作用しています。  美都は、穏やかな涼太との生活よりも、笑ったり不機嫌になったりする有島との時間の方こそ夫婦的だと思っているんでしょう。涼太に「夫婦なんだから、ブラックな部分を見せたい」と語りますが、涼太は「ケンカは、ないほうがいい」と一蹴。一方で執念深くゲス不倫の裏を取るのですから、美都が言うように、涼太は「普通じゃない」ですし、不倫という世間的にも好まれない題材を扱った同ドラマの中でも、特に際立って異質な人物だと言えるでしょう。  さて、次回は美都が麗華に近づいたり、涼太が変装して有島の周辺を嗅ぎ回るなど、さらなるドロドロが待っている予感。しばらくはざわざわする夜が続きそうです。 (文=どらまっ子HAYAちゃん)

歴代ツアーから『ドリボ』などの舞台ショットまで収めた『Kis-My-Ft2アーカイブス』が本日発売!

デビューから現在までの歴代ツアーに加え、ゲスト出演した「SUMMARYスペシャル」や「DREAM BOYS」「美男ですね」「TAKE FIVE2」など、
大人気舞台の模様も一挙に振り返る永久保存版フォトレポート!

Contents

2011 年 Debut Tour 2011 Everybody Go
& Debut Tour 2011 Everybody Go to TOKYO DOME・・・・・・・・・・・4P~
さよなら夏休み! SUMMARY スペシャル・・・・・・・・・・・・20P~
帝劇 Johnnys Imperial Theatre Special「Kis-My-Ft2 with ジャニーズJr.」・・・・30P~
舞台「美男ですね」・・・・・・・・・・・・36P~
2012 年 Marching J & ジャニーズJr. 選抜野球大会 2012 春・・・・・・・・・・・・40P~
Kis-My-MiNT Tour・・・・・・・・・・・・44P~
舞台「DREAM BOYS」・・・・・・・・・・・・56P~
タッキー&翼 10 周年 in 東京ドーム・・・・・・・・・・・・60P~
Johnnys’ Countdown 2012-2013・・・・・・・・・・・・64P~
2013 年 Good Live Tour いくぜ!・・・・・・・・・・・・68P~
SNOW DOME の約束 IN TOKYO DOME / OSAKA DOME・・・・・・・・・・・・76P~
Johnnys’ Countdown 2013-2014・・・・・・・・・・・・84P~
2014 年 2014 Concert Tour「Kis-My-Journey」・・・・・・・・・・・・88P~
2015 年 新春Kis-My- 福袋 ~今年もよろしくThank you じゃん!~・・・・・・・・・・・・・・・96P~
2015 CONCERT TOUR KIS-MY-WORLD・・・・・・・・・・・・100P~
2016 年 舞台「TAKE FIVE2」・・・・・・・・・・・・106P~
CONCERT TOUR 2016 I SCREAM・・・・・・・・・・・・110P~

■立ち読みはこちら

カテゴリー: 未分類

浜崎あゆみのインスタはなぜ注目されるのか? 歌姫の「加工修正だらけ」の顔がもたらす快感

 

@tiffanyandco のジュエリー💎寄りで見ると全部お花のモチーフなんだよ😍 make up: @ryujimake Hair: @yottinco

ayumi hamasakiさん(@a.you)がシェアした投稿 –

 2000年代前半には、女子高生のカリスマといわれた“歌姫”浜崎あゆみ。時は流れて、浜崎は現在38歳。全盛期の彼女に夢中になっていた世代も、いまや30代になった。浜崎は歌手としての活動で注目を浴びることが少なくなってからも、トレンドを作り出す立場に輝き続けている。

 例えば、熱愛・結婚・離婚の報道が出るたびに、空港で報道陣の前を通り過ぎる儀式を繰り返して、「空港芸人」という新しい言葉を創出。最近では、インスタグラムを更新するごとにネットニュースに取り上げられるようになり、「インスタ芸人」という称号も手に入れた。更新されるインスタのコメント欄は、ファンからの「かわいい」「セクシー」といった誉め言葉だらけだが、ネットニュースのコメント欄は真逆で「加工しすぎ」「痛い」などの言葉が並ぶ。なぜ彼女のインスタはネットをこんなに湧かせるのだろうか。

 誰もが気付く通り、一番の理由はインスタ写真の姿とテレビ出演時の姿の差が激しいことだ。インスタでは全盛期そのままの20代のような容姿を披露しているが、たま~にテレビに出演すると年相応の体形や、お肌に異物を注入したかのような不自然な顔の引きつれ、しわ、表情が目立ち、その落差に視聴者は驚いてしまう。浜崎のインスタ写真は、体を細く見せたり、肌の粗を消したりする加工修正がされていることは、ネット上で多く指摘されている。いわば脳内で見ている理想の自分像が、そのまま写真に表現されているのだと思われるのだ。他人の脳内なんて滅多に覗かせてもらえるものではない。それがあっさりと覗けてしまうことへの非日常感に、私たちは、“やられて”しまうのかもしれない。

 現実と脳内の姿の差があればあるほど恥ずかしいことだというのが、一般的な感覚。しかし浜崎は、それを惜しげもなく披露してしまう。だから私たちは、浜崎が「どうして私は写真写りが悪いのかしら」「おかしい、テレビ映りはもっと悪いわ……」とつぶやきながら修正作業を行っている姿を妄想してしまう。かつてカリスマといわれた存在の滑稽な姿。それをリアルに想像できてしまうのが、彼女のインスタ。たまに自撮りではない写真に、プロカメラマン(いつも決まった人物)のクレジットを入れて投稿することもある。不思議なことに、その写真もテレビ映像とはまったく違い、抜群に写りが良い。浜崎が見たい世界だけを提供してやれる者だけが、彼女の近くにいることを許されるのだという闇を見せられているようで、そこにも我々はゾクゾクしてしまうのではないだろうか。

 久々の動く姿を見せた4月の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)出演後も、ネット上にはインスタ写真との落差を指摘する書き込みがあふれた。数日後、浜崎は自身の横顔の写真と共に、「何をしてもしなくても、これからも指差されるんだろう。許されはしないんだろう。それは誰のせいでもない、ただの自業自得だ」と意味深なポエム文を投稿した。何を言いたいのか不親切な文章だが、「加工してもしなくても、これからも指差されるんだろう。それは誰のせいでもない、ただの自業自得だ」と読み換えると納得できる。今後も浜崎の脳内自分像を覗いていきたい。

大江綾子(おおえ・あやこ)
日夜、テレビや週刊誌、芸能人のSNSなどをウォッチングしているライター。どこか癖のあるニオイを放つ女性タレントがお気に入り。

コンセプトはよかったのに……NHK『明石家スポーツ』さんまを“裸の王様”にする、過剰な「接待」演出

コンセプトはよかったのに……NHK『明石家スポーツ』さんまを裸の王様にする、過剰な「接待」演出の画像1
 昨年末、明石家さんま「31年ぶりのNHK出演」としてニュースになった『第1回明石家紅白!』。この流れをくみ、“明石家ふたたび”と銘打って放送されたのが、5月5日の『明石家スポーツ』だ。祝日のゴールデン帯にこの番組を持ってきたNHKの意気込みがうかがえる。  企画コンセプトは、スポーツの技やルールが生まれた「決定的瞬間」「歴史的瞬間」を、芸能界で随一のスポーツ通・さんまが厳選してお届けする、というもの。 「このVTRはNHKしかそろわんぞ……と思ったら、予想以上にそろわんかったですね(笑)」  といきなりオチをつけ、実際、「映像提供TBS」といった具合に他局から借り受けたモノも多かったわけだが、コンセプト自体はとても素晴らしかったと思う。 『アメトーーク!』(テレビ朝日系)しかり、『マツコの知らない世界』(TBS系)に出てくる各界のマニアたちしかり。好きなことを好きなだけ語り尽くす番組は、その分野を知らない人間が見ても一種のカタルシスが生まれて心地いい。  今回の『明石家スポーツ』でも、NHKが調べた内容に関して「“俺調べ”とは違うんやけどなぁ……」「俺の記憶が正しければ……」「これはNHKと勝負や!」と、スポーツ知識の競い合い。さんまが語るうんちくや知識にもそれぞれ説得力があって、結果としてその「さんま知識」が違っていても、ひとつのエンタメとして成り立っていた。  また、NHKの番組でここまでWOWOWやスカパー!、DAZNといったほかの放送局の名称が出たことはいまだかつてないはず。意図せずにじみ出てしまった「NHKスポーツへの物足りなさ」も、見ていてちょっとおかしかった。  ただ、残念だったことが2点。  ひとつは、そのマニアックさを振り切れなかったこと。なぜ、スポーツを知らない女性タレントを配置するのか。NHKのゴールデンだから親しみやすく……という配慮なのだろうが、さんまの熱量についてこられないタレントは、番組そのものの熱量をも下げてしまっている。スポーツのマニアック度を下げておきながら、「笑い声」を足していた場面もあったのは見ていて歯がゆかった。  もうひとつが、さんまに対しての接待感だ。これは今回の『明石家スポーツ』に限らず、ここ数年、さんまがゲスト出演する番組でもたびたび見かけるもの。むやみに「お笑いモンスター」と持ち上げ、あおるのは、一体誰のためなのか?  接待感の一例が、海外一流アスリート(今回でいえば、アメリカのフィギュアスケーター、グレイシー・ゴールド)から、さんまへのビデオレター。これ、さんまがうれしいだけで、視聴者的にはポカーンと置いてけぼりにされるばかり。演者や番組スタッフが、視聴者ではなくMCさんまを見てしまっているのだ。結果、それがさんまを「裸の王様」化しているように感じてならない。  さんまのスポーツ知識に対して「すごい」「なんでそんなこと知ってるんですか?」と持ち上げるのではなく、「いやいやさんまさん、それ違いますよ」と切り返せる、さらなるスポーツマニアを配したっていいはずだ。  今回の番組であれば、小宮山悟や前園真聖、織田信成といった元アスリートがその役割を担っていたのかもしれないが、「専門性を見せつけよう」という気概よりも、やはり「いかにMCさんまが気持ちよくしゃべれるか」に気持ちが向いていたように感じられた(そもそも、その役割を元アスリートに求めることが違うはずだ)。  繰り返すが、さんまがスポーツのことをマニアックに語る、というコンセプト自体は間違っていない。実際、さんまのスポーツ知識・造詣の深さの一端を、今回の番組でも示すことができていた。第2回の放送があるのならば、その「マニアックさんま」を、もっともっと生かす布陣を期待したい。 (文=オグマナオト)

Hey! Say! JUMP伊野尾慧が『櫻井・有吉THE夜会』に登場! 5月11日(木)ジャニーズアイドル出演情報

――翌日にジャニーズアイドルが出演予定の番組情報をお届けします。見逃さないように、録画予約をお忘れなく!

※一部を除き、首都圏の放送情報を元に構成しています。
※番組編成、及び放送日時は変更になることがあります。最新情報は番組公式サイト等をご確認ください。

●TOKIO

8:00~ 9:55 『白熱ライブビビット』(TBS系) 国分太一
11:25~11:30 『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系) 国分太一
18:55~19:25 『Rの法則』(NHK Eテレ) 山口達也
19:56~20:54 『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)国分太一(※不定期出演)

●V6

8:15~ 9:54 『あさイチ』(NHK総合) 井ノ原快彦

【ゲスト】
19:56~20:54 『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系) 長野博

 

■続きを読む

カテゴリー: 未分類

リアル『仁義なき戦い』が始まる!? 神戸山口組からの大量離脱で「兵庫県」が三つ巴の大抗争前夜

リアル『仁義なき戦い』が始まる!? 神戸山口組からの大量離脱で「兵庫県」が三つ巴の大抗争前夜の画像1
『別冊サイゾーvol.5 「山口組」新論』(サイゾー)
 指定暴力団・神戸山口組を離脱した有力組長らが、4月に新組織「任侠団体山口組」の結成を表明した。  結成の際に、新組織は記者会見を開き「高額な上納金があることや、一部の組だけが優遇されている状況がある」などと神戸山口組への不満点を述べ、公然と批判。大きな火種を残した。  そんな状況下で、さらに不穏な情報が流れてきた。 「神戸山口組内の最大組織『山健組』が、新組織の代表を非難するレターを傘下組織に送ったようです。その内容が、離脱者に復帰するよう勧めるとともに、新組織の結成について『私利私欲以外、何ものでもない』と断罪。対決姿勢を表したものとなっているようなんです」(警察関係者)  両組織間では現在、引き抜き合戦が激化し、にらみ合いが続いている。新組織の会合に出席していた組長が一転、神戸山口組の定例会に出席したケースが出てくるなど、神戸山口組に残る組員も出始め、事態は混沌としている。  そんな中、5月6日には、神戸山口組と新組織の双方の関係先がある神戸市中央区の路上で、新組織の男性が頭を殴られケガをする事件が発生。前出の警察関係者は「今後、街中での大規模な抗争に発展する可能性がある」と警告する。  そもそも神戸山口組といえば、2015年8月末に指定暴力団・山口組から分裂。たび重なる衝突により、警察庁は昨年3月、両組織を「対立抗争状態」と認定。構成員の数は神戸山口組が約2,600人、山口組が約5,200人とされているが、新組織の規模が拡大となれば、三つ巴の抗争に発展しかねない。  警察は大抗争が起きることを懸念しており、周辺では一般市民も含め、緊迫の度合いが高まっている。このまま最悪の方向に進んでしまったら、映画さながらの血で血を洗う抗争劇が、兵庫県を中心に発生してしまうのかもしれない。

リアル『仁義なき戦い』が始まる!? 神戸山口組からの大量離脱で「兵庫県」が三つ巴の大抗争前夜

リアル『仁義なき戦い』が始まる!? 神戸山口組からの大量離脱で「兵庫県」が三つ巴の大抗争前夜の画像1
『別冊サイゾーvol.5 「山口組」新論』(サイゾー)
 指定暴力団・神戸山口組を離脱した有力組長らが、4月に新組織「任侠団体山口組」の結成を表明した。  結成の際に、新組織は記者会見を開き「高額な上納金があることや、一部の組だけが優遇されている状況がある」などと神戸山口組への不満点を述べ、公然と批判。大きな火種を残した。  そんな状況下で、さらに不穏な情報が流れてきた。 「神戸山口組内の最大組織『山健組』が、新組織の代表を非難するレターを傘下組織に送ったようです。その内容が、離脱者に復帰するよう勧めるとともに、新組織の結成について『私利私欲以外、何ものでもない』と断罪。対決姿勢を表したものとなっているようなんです」(警察関係者)  両組織間では現在、引き抜き合戦が激化し、にらみ合いが続いている。新組織の会合に出席していた組長が一転、神戸山口組の定例会に出席したケースが出てくるなど、神戸山口組に残る組員も出始め、事態は混沌としている。  そんな中、5月6日には、神戸山口組と新組織の双方の関係先がある神戸市中央区の路上で、新組織の男性が頭を殴られケガをする事件が発生。前出の警察関係者は「今後、街中での大規模な抗争に発展する可能性がある」と警告する。  そもそも神戸山口組といえば、2015年8月末に指定暴力団・山口組から分裂。たび重なる衝突により、警察庁は昨年3月、両組織を「対立抗争状態」と認定。構成員の数は神戸山口組が約2,600人、山口組が約5,200人とされているが、新組織の規模が拡大となれば、三つ巴の抗争に発展しかねない。  警察は大抗争が起きることを懸念しており、周辺では一般市民も含め、緊迫の度合いが高まっている。このまま最悪の方向に進んでしまったら、映画さながらの血で血を洗う抗争劇が、兵庫県を中心に発生してしまうのかもしれない。

中居正広、周囲に「俺、ジャニーズから出ないよ」!? テレ朝も「事務所残留」を確信か

 昨年のSMAP解散騒動において、“独立派”のリーダーといわれていた中居正広。業界内では、「今後ジャニーズ事務所を退所する」との見方が強かったものの、近頃では「ジャニーズ残留説」が急浮上しているという。

「昨年の独立騒動を経て、木村拓哉以外の4人は次の契約を更新せずに事務所を去るとみられていました。特に中居については、『自ら音頭を取って新事務所を設立する』とのウワサもあり、業界中から注目が集まっていたんです」(テレビ局関係者)

 中居らの現契約が更新されるのは、今年9月。この契約を更新するか否かの意思表示を3カ月前に行う必要があり、つまり6月には、進退について決定するとみられていた。そんな中、最近中居は、周囲にこう話しているようだ。

「中居は近しい関係者に、『今後どうするのか』と聞かれると、『俺、(ジャニーズから)出ないよ?』などと答えているそうです。一部では、中居の新設事務所に木村以外のメンバーもついて行く可能性が報じられていたため、中居が残るとなれば、ほかのメンバーもどうなるのか……。そんな中、中居のジャニーズ残留を確信しているのがテレビ朝日です」(同)

 テレ朝は春の改編で、『中居正広のミになる図書館』をゴールデンタイムの生放送に切り替えていた。

「中居がジャニーズを抜ければ、番組の存続も危ぶまれます。今このタイミングでゴールデンに昇格させたのは、完全に『中居は残留する』と確信しているからでしょう」(同)

 とはいえ、最終的に各メンバーがどういった決断を下すかは、いまだはっきりとわからない状況。運命の6月まで1カ月を切ったが、果たして最初に動きを見せるのは誰なのだろうか。

フジテレビ・日枝久会長&亀山千広社長退任で新体制に! 視聴者との“感覚のズレ”は解消する?

フジテレビ・日枝久会長&亀山千広社長退任で新体制に! 視聴者との感覚のズレは解消する?の画像1
 フジテレビは9日、都内で役員会議を開き、亀山千広社長を退任とする人事を固めた。後任には、BSフジ社長の宮内正喜氏が就任する。  そんな亀山社長に対し、ネット上では「だろうな」「感覚がズレてるからな」「よく4年も続いたな」といった声が相次いでいる。  フジは、年間視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)において、2004年から10年まで7年連続でトップを独走。しかし、11年に韓流への偏重などが批判され、“嫌フジ”ムード一色に。その後はご覧の通りの惨状だ。 「約2年前、亀山社長がフジの敷地内に“トレビの泉”をもじった『テレビの泉』という噴水を作らせた時には、『ああ、もうダメそうだな』と思いましたね。2体の“ラフくん”があしらわれた立派な噴水で、『コインを1枚投げ入れると、再びフジテレビに来ることができる』という新名所を目指しましたが、案の定、不発。これは、亀山社長がハマッている風水も兼ねていたようですが、この先も亀山社長の遺産として冷笑されるんでしょうね……」(制作会社関係者)  亀山社長といえば、14年6月に全社員の3分の2にあたる約1,000人の配置換えを断行。しかし、現場を混乱させるだけの愚策に終わってしまった。  さらに、視聴者との感覚のズレもたびたび指摘されていた。特に、昨年1月放送の『SMAP×SMAP』での生謝罪会見について「ファンの不安を5人が考えてくれて、ファンや番組に対して愛を感じた。感謝しています」とコメントした際には、「いくらなんでもズレすぎ」との指摘が相次いだ。 「とはいえ、亀山社長時代が、たまたま局の低迷期に重なっただけとの擁護の声も多い。また、日枝久会長の独裁体制が続く限り、フジの根底を変えることは叶わなかったとも」(同)  そんな日枝会長も、6月の株主総会で、代表権のない取締役相談役に退くことが正式発表される予定だという。  視聴者をもう一度振り向かせようともがくフジ。新体制後は、私たちのテレビに一体何を映してくれるのだろうか?