元AKB48・高橋みなみ、現役アイドルを心配して炎上! 「中森明菜どこ行った」とフルボッコ

元AKB48・高橋みなみ、現役アイドルを心配して炎上!「中森明菜どこ行った」とフルボッコの画像1
 元AKB48グループ総監督の高橋みなみが、現役アイドルの“第2の人生”についてに語り、物議を醸している。  7日放送のラジオ番組『高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと』(ニッポン放送)で、「お仕事でいろんなアイドルの人に会うと、『この人は最終的にどこにいくんだろう』っていうのは思うの。お姉さんからすると」と切り出した高橋。  現役アイドルを見ていると、「(卒業後に目指すべき道への)行き方がわかんないんじゃないかなって不安になるの。私から見ると」といい、業界で生き残るためには「自分は外に出たときに何が役立つのか、(何が)強いのかっていうのを、グループにいる間にどれだけ伸ばしていくのかは、“第2の人生”にすごく必要なことだと思う」と持論を展開した。  この発言に対し、ネット上では「どの立場から言ってるんだ」「人のことより、自分のこと心配したら」「中森明菜どこ行った」といった声が殺到している。 「高橋といえば、中森明菜を目標に掲げ、ソロ歌手になるためにグループを卒業したものの、歌手活動は手詰まり状態。昨年10月にリリースした初アルバムは大コケ。7月から始まる初の全国ツアーも、その多くがキャパ500人以下の“小箱”で、中にはキャパ200人の超小箱も。高橋自身、後輩たちに絶望的な光景を見せているのですから、偉そうなことを語っても効力はありません」(芸能記者)  AKB48といえば、先月26日深夜放送の『タビフク。』(TBS系)で、元AKB48・永尾まりやが同・板野友美に対し、「自分が思い描けてた自分にはまだなれてない」と卒業後の苦悩を相談する一幕が。永尾は卒業前には「いろんな映画出て、できたらドラマ出て、ファッション誌もたくさんできて、みたいなのを思い描いていた」というが、現実は甘くなかったようだ。  なお、そんな永尾に対し、板野は「そんなすぐに上手くいかないと思うわけ。諦めずに続けていくことが、すごい大事。まずある仕事で100点をずっと出していけば、まりちゃんと仕事したいなと思ってくれる人が増えると思うし、それを繰り返すことが次へのステップに繋がるんじゃないかな」とアドバイスしていた。 「元AKB48の宮澤佐江も、テレビで卒業後の給料について『ほんとに過去最大に少なかったときありました』などと薄給ぶりを告白。さらに、“最後の1期生”であるAKB48の峯岸みなみも、先月出演した『バイキング』(フジテレビ系)で『(グループを)辞めて(ソロでやっていく)自信もないし、できることもないので、とりあえず居るだけは居ようかなみたいな』と居座り宣言していた。全盛期を支えたメンバーのこのような発言を、現役メンバーはどんな顔で聞いているのでしょうか……」(同)  後輩たちの行く末を案じた結果、批判を浴びてしまった高橋だが、「自分のようになってほしくない」という思いの表れなのかもしれない。

“時代の寵児”だった「ピザNAPORI」倒産の衝撃……経済誌記者が明かすその実態とは

pz0509
イメージ画像(足成より)
 メディアがもてはやしていた飲食チェーンが、アッという間に潰れてしまった。ピザ店「NAPORI」「Napoli's」など、フランチャイズを含め70店舗以上を展開していた遠藤商事・Holdings.が、4月28日に東京地裁より破産手続開始決定を受けた。昨年9月期に約25億円の年売上高を計上していたが、急激な事業拡大で資金繰りが追いつかず、12億円以上の負債となった。  社長の遠藤優介氏は、時代の寵児とばかりにメディアに出まくって注目を浴びていた人物だ。 「木箱に入れられ、川を流されていたところを住職に助けられた」 「イタリアセリエAのユースチームと3年契約した元サッカー選手」  その特異な経歴は、まさにマスコミが飛びつきそうなもの。2011年に立ち上げたピザのファストフード店では、ピザを60秒で焼ける機械を開発、ランチ500円のワンコインピザも話題となった。ほか、ラーメン店、カレー店などを多角展開し、ベトナム、バリ、香港にも出店。昨年は「JAPAN VENTURE AWARDS 2016」で、中小企業庁長官賞も受賞していた。 「ピザを日本人の主食にしたい」 「ライバルはマクドナルド」 「夢は教科書に出ること」 「ナポリに店を出すのが目標」 「売上高5000億円を目指す」  インタビューでは過剰に大きな話をしていた遠藤氏だが、「こういう話で急成長をアピールしたり、多角経営をするのは、むしろその裏で資金繰りに苦しんでいることが多い」と経済誌記者。 「事実、今年度に見込んでいた売り上げも70億円で、これは到底、無理な目標でしたよ。過去、あびる優プロデュースの新メニュー発表イベントや無料コーヒーの配布、LINEスタンプをクーポンにするなど、いろいろなアイデアを出して注目を集めることには長けていたのですが、それで身の丈を大きく見せることがやめられなくなっていたのでは」(同)  実際、細かいところに目が届いていない、地に足が着いていない部分がネット上では指摘されていた。都心の店でテーブルが汚いままだったり、客から「水をください」と頼まれ、ぶっきらぼうに「ミネラルウォーターを買って」と言い放つ店員がいたという。  マルチ商法の勧誘をしている人々が席を占拠していたことも報告され、これらはファストフード店でありがちなことだが、ピザの販売だと客の方がまだレストラン感覚で見てしまうところもあったようで、イメージダウンもあった。 「350円のピザに客が殺到した時も店員がかなり不機嫌な対応で、敬語もまともに使えないギャル男もいました。店によってピザの出来にバラつきがあったり、こういう従業員の教育システムができていないまま店舗ばかりを拡大すると大失敗するケースが多く、まさにその典型だった気がします」(前出記者)  メディアで伝えられる派手な話だけ聞いていると革命的な成功者に見えたが、利益確保が不十分なままの拡大路線は背伸びしすぎたようだ。いずれにせよ、ピザの主食化やマクドナルド越えなど、その夢の数々は達成どころか近づくこともできなかった。 (文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)
カテゴリー: 未分類 | タグ: ,

どうぶつ園から貴族まで! 相葉雅紀の多面的な魅力に迫る

天下無双の笑顔で人々を魅了して止まない嵐の“Mr.純真無垢”。
まるで“笑顔という名の特効薬”を振りまきながら空を舞う天使・相葉雅紀の「マジカル」な魅力に迫ります。

Contents

HAPPENING KING・・・・4P~
”ヘラヘラするな”って怒られても、とびっきりの笑顔でいたい。
それが取り柄だから。僕はそれしかないから
—無理に変わろうとしなくていい。自分じゃなくなるから

SMILE・・・・40P~
楽しいから笑うんじゃなくて、
笑えば楽しくなるだろうって考え方。だから笑う
—笑っていれば風向きが変わるって、ずっと本気で信じてるんですよ

BELIEF・・・・50P~
押してだめならもっと押せ!
世界中に嵐を巻き起こします!
—根性があるって一番すごいことでしょ。簡単なようで、一番難しいこと

TEARS・・・・64P~
”人生一度きりしかない”なんて言いますけど、
こんなに楽しかったら、オレ、人生一度でいいや!
—仕事も遊びも中途半端は嫌。そんなんだったらやらない方がいいと思う。やるからには全力!

THANKS・・・・72P~
みんなの笑顔が僕の生きる力です。
みんなの笑顔を見れば、一生頑張れる気がします
—人をうらやんだり妬んだりしても、何ひとつ得られるものはない。

EVOLUTION・・・・78P~
アイドルって何?一生出せない答え。
だからその答えを、僕自身が見てみたい
—何でも楽しんじゃうことが一番大事かな。だから僕はよく笑ってます

■立ち読みはこちら

カテゴリー: 未分類

どうぶつ園から貴族まで! 相葉雅紀の多面的な魅力に迫る

天下無双の笑顔で人々を魅了して止まない嵐の“Mr.純真無垢”。
まるで“笑顔という名の特効薬”を振りまきながら空を舞う天使・相葉雅紀の「マジカル」な魅力に迫ります。

Contents

HAPPENING KING・・・・4P~
”ヘラヘラするな”って怒られても、とびっきりの笑顔でいたい。
それが取り柄だから。僕はそれしかないから
—無理に変わろうとしなくていい。自分じゃなくなるから

SMILE・・・・40P~
楽しいから笑うんじゃなくて、
笑えば楽しくなるだろうって考え方。だから笑う
—笑っていれば風向きが変わるって、ずっと本気で信じてるんですよ

BELIEF・・・・50P~
押してだめならもっと押せ!
世界中に嵐を巻き起こします!
—根性があるって一番すごいことでしょ。簡単なようで、一番難しいこと

TEARS・・・・64P~
”人生一度きりしかない”なんて言いますけど、
こんなに楽しかったら、オレ、人生一度でいいや!
—仕事も遊びも中途半端は嫌。そんなんだったらやらない方がいいと思う。やるからには全力!

THANKS・・・・72P~
みんなの笑顔が僕の生きる力です。
みんなの笑顔を見れば、一生頑張れる気がします
—人をうらやんだり妬んだりしても、何ひとつ得られるものはない。

EVOLUTION・・・・78P~
アイドルって何?一生出せない答え。
だからその答えを、僕自身が見てみたい
—何でも楽しんじゃうことが一番大事かな。だから僕はよく笑ってます

■立ち読みはこちら

カテゴリー: 未分類

松田聖子の恋愛観が“確執”の種? 神田沙也加の結婚報じる女性誌の暴論

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!


 ゴールデンウィーク中、家の固定電話に世論調査依頼の音声メッセージが。もちろん受けて立ちました。安倍政権を支持するか? 支持政党は? 豊洲移転問題の是非は? 都知事選で都民ファーストの会を支持するか? 少しでも安倍政権支持率低下の糧になれば幸いなのだが――。

第363回(5/9発売号より)※「女性セブン」は合併号につきお休み
1位「ペアルック直撃撮 神田沙也加 松田聖子と訣別し 父と事務所設立も」(「週刊女性」5月23日号)

参照「松田聖子 沙也加“反逆婚”に激怒『披露宴、出たくない!』」(「女性自身」5月23日号)
2位「寺島しのぶ 『息子に音羽屋名跡を!』“女を呪った”母の闘い」(「女性自身」5月23日号)
参照「寺島しのぶの音羽屋式英才教育」(「週刊女性」5月23日号)
3位「ファンキー加藤 “W不倫”騒動中に授かった第2子ベビーが誕生していた」(「週刊女性」5月23日号)

 ゴールデンウィーク明けの「女性自身」と「週刊女性」では、特集ネタが2つ被ったので、その比較をしていきたい。まずは神田沙也加の結婚に関するエピソード。ともに母親である松田聖子との確執を扱っているが、しかしそのトーンは微妙に食い違う。

 まずは「週女」。沙也加と夫・村田充さんのマクドナルドデート目撃談と、その後の直撃をフックに、いまだ聖子が娘の結婚についてコメントを出していないこと、逆に父親・神田との親密ぶりが描かれるが、注目すべきは、父子の新事務所設立だ。

 沙也加は結婚と同時期に聖子の事務所を離れ、新事務所を設立しているが、記事によると、そこに父親である神田も“移籍”するというのだ。

 新情報、新展開である。しかもこの新事務所の社長は聖子の兄で、住所も前の聖子の事務所と同じ。これは一体! なんとも複雑な家族関係、そして今後の波乱を予感させるものだが、一方の「自身」には、神田の移籍に関する記載はなし。代わって、これまで散々報じられてきた沙也加と聖子の確執、聖子による沙也加の恋愛への干渉の歴史が描かれる。だが、そこにはかなり驚く記述が。それは聖子が今回、沙也加結婚に反対した理由だ。

「『この男、もしかして私の財産目当て?』とまで疑心暗記になっていて、披露宴にも“出たくない”ようです」(音楽関係者のコメント)

 しかも、沙也加の新事務所設立も聖子の差し金で、“夫になる村田さんに自分の稼いだお金が流れる可能性”を阻止するためだと解説するのだ。

 いや~。そんな金銭のこととは思えないけど。さらに首を傾げたくなるのは、心理学者の晴香葉子氏のこんなコメントだ。

「聖子さんが沙也加さんの恋愛や結婚にだけ厳しくされるのは、『自分と同じような苦労をしてほしくない』という親心からでしょう」

 いやいや、どうなの、これ。聖子はそんな殊勝な気持ちはないと思う。そもそも聖子は自分で繰り返してきた結婚や再婚、数々の恋愛遍歴やスキャンダルを“苦労”だなんて思ってはいないはずだ。もちろん後悔などないし、その人生を誇りに思っていると思う。「自分と同じ苦労」なんてちゃんちゃら思っているはずはない(と思う)。あるとしたら毒母にありがちな、娘に対する感情的な束縛、独占欲だと思うけど。

 よって「自身」をランク外の“参照”にしておいた。

 次のネタ被りは寺島しのぶと、その長男・眞秀クン。今月3日の眞秀クンの初お目見えはワイドショーなどでも盛んに取り上げられたが、「自身」「週女」もこの話題を取り上げている。

 眞秀クンは確かに可愛いし、ある種のオーラというか目を引く存在だ。4歳にしてこの貫禄。だがそれ以上にビックリだったのは、今まで見たことのない寺島の表情だった。歌舞伎役者として歩み始めた息子を誇らしく思い、その成長を喜ぶ“母親”としての寺島の柔らかな表情は、女優としての演技とまったく違った一面を見せてくれたものだ。

 ともあれ、「自身」「週女」記事ともに、幼い頃から歌舞伎役者にあこがれてきたが、女性であるが故に果たせなかった寺島の苦悩と、その思いを着実に引き継ぐ眞秀クンの姿を追ったものだ。しかし、もちろん細かいところでは、それぞれ特徴がある。

 まずは「週女」。子どもに自分の思いを押し付けてはいけないと思った寺島だったが、しかし眞秀クン本人はやる気満々だということ、そして眞秀クンが日本語、英語、フランスのトリリンガルだということ、祖父の菊五郎も孫にデレデレなことなど、微笑ましいエピソードが綴られている。

 一方「自身」は、同じく歌舞伎界で話題の市川海老蔵エピソードを投入してきた。

「さらに寺島さんは、この(16年に菊五郎が眞秀クンを抱いて舞台に上がった)團菊祭で海老蔵さんの楽屋にも眞秀くんを連れていきました。そこで『眞秀があなたの大ファンなの。iPadの写真を見せると、いつもあなたのところで手が止まるの』と伝えたところ、海老蔵さんは大喜びだったといいます」

 その後、家族ぐるみでの交友が始まり、海老蔵の長男で眞秀クンと同じ4歳になった勸玄クンとも仲良しになったらしい。普通なら“あざとい”と思われそうなエピソードだが、そう思えないのは、寺島、というより眞秀クンの人徳か(笑)!?

 さらに「自身」ではハーフの眞秀クンへの風当たりが強かったことや、寺島の弟の長男・和史クンの存在と眞秀クンに与えるであろう“今後の影響”などにも言及、歌舞伎界の新たな世代に興味を持たせるなど、より奥深いものとなっていた。よって今回の軍配は「自身」にあげたい。

 そして今週の「週女」トップ特集を飾ったのは、ファンキー加藤の第2子誕生ネタだ。この第2子は、加藤がアンタッチャブル・柴田英嗣の元妻とのW不倫騒動の最中に授かったことが判明した子どもらしい。そして「週女」は加藤と妻、そして今回生まれた赤ちゃんを含む2人の子どもたちが揃ってお出かけする写真をばっちり押さえている。しかし、直撃取材で向かったのは加藤本人ではなく元相棒のDJケミカルだった。武士の情けか、小さな子どもたちへの配慮か。しかし今回の「週女」の配慮は、嫌いじゃない。

松田聖子の恋愛観が“確執”の種? 神田沙也加の結婚報じる女性誌の暴論

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!


 ゴールデンウィーク中、家の固定電話に世論調査依頼の音声メッセージが。もちろん受けて立ちました。安倍政権を支持するか? 支持政党は? 豊洲移転問題の是非は? 都知事選で都民ファーストの会を支持するか? 少しでも安倍政権支持率低下の糧になれば幸いなのだが――。

第363回(5/9発売号より)※「女性セブン」は合併号につきお休み
1位「ペアルック直撃撮 神田沙也加 松田聖子と訣別し 父と事務所設立も」(「週刊女性」5月23日号)

参照「松田聖子 沙也加“反逆婚”に激怒『披露宴、出たくない!』」(「女性自身」5月23日号)
2位「寺島しのぶ 『息子に音羽屋名跡を!』“女を呪った”母の闘い」(「女性自身」5月23日号)
参照「寺島しのぶの音羽屋式英才教育」(「週刊女性」5月23日号)
3位「ファンキー加藤 “W不倫”騒動中に授かった第2子ベビーが誕生していた」(「週刊女性」5月23日号)

 ゴールデンウィーク明けの「女性自身」と「週刊女性」では、特集ネタが2つ被ったので、その比較をしていきたい。まずは神田沙也加の結婚に関するエピソード。ともに母親である松田聖子との確執を扱っているが、しかしそのトーンは微妙に食い違う。

 まずは「週女」。沙也加と夫・村田充さんのマクドナルドデート目撃談と、その後の直撃をフックに、いまだ聖子が娘の結婚についてコメントを出していないこと、逆に父親・神田との親密ぶりが描かれるが、注目すべきは、父子の新事務所設立だ。

 沙也加は結婚と同時期に聖子の事務所を離れ、新事務所を設立しているが、記事によると、そこに父親である神田も“移籍”するというのだ。

 新情報、新展開である。しかもこの新事務所の社長は聖子の兄で、住所も前の聖子の事務所と同じ。これは一体! なんとも複雑な家族関係、そして今後の波乱を予感させるものだが、一方の「自身」には、神田の移籍に関する記載はなし。代わって、これまで散々報じられてきた沙也加と聖子の確執、聖子による沙也加の恋愛への干渉の歴史が描かれる。だが、そこにはかなり驚く記述が。それは聖子が今回、沙也加結婚に反対した理由だ。

「『この男、もしかして私の財産目当て?』とまで疑心暗記になっていて、披露宴にも“出たくない”ようです」(音楽関係者のコメント)

 しかも、沙也加の新事務所設立も聖子の差し金で、“夫になる村田さんに自分の稼いだお金が流れる可能性”を阻止するためだと解説するのだ。

 いや~。そんな金銭のこととは思えないけど。さらに首を傾げたくなるのは、心理学者の晴香葉子氏のこんなコメントだ。

「聖子さんが沙也加さんの恋愛や結婚にだけ厳しくされるのは、『自分と同じような苦労をしてほしくない』という親心からでしょう」

 いやいや、どうなの、これ。聖子はそんな殊勝な気持ちはないと思う。そもそも聖子は自分で繰り返してきた結婚や再婚、数々の恋愛遍歴やスキャンダルを“苦労”だなんて思ってはいないはずだ。もちろん後悔などないし、その人生を誇りに思っていると思う。「自分と同じ苦労」なんてちゃんちゃら思っているはずはない(と思う)。あるとしたら毒母にありがちな、娘に対する感情的な束縛、独占欲だと思うけど。

 よって「自身」をランク外の“参照”にしておいた。

 次のネタ被りは寺島しのぶと、その長男・眞秀クン。今月3日の眞秀クンの初お目見えはワイドショーなどでも盛んに取り上げられたが、「自身」「週女」もこの話題を取り上げている。

 眞秀クンは確かに可愛いし、ある種のオーラというか目を引く存在だ。4歳にしてこの貫禄。だがそれ以上にビックリだったのは、今まで見たことのない寺島の表情だった。歌舞伎役者として歩み始めた息子を誇らしく思い、その成長を喜ぶ“母親”としての寺島の柔らかな表情は、女優としての演技とまったく違った一面を見せてくれたものだ。

 ともあれ、「自身」「週女」記事ともに、幼い頃から歌舞伎役者にあこがれてきたが、女性であるが故に果たせなかった寺島の苦悩と、その思いを着実に引き継ぐ眞秀クンの姿を追ったものだ。しかし、もちろん細かいところでは、それぞれ特徴がある。

 まずは「週女」。子どもに自分の思いを押し付けてはいけないと思った寺島だったが、しかし眞秀クン本人はやる気満々だということ、そして眞秀クンが日本語、英語、フランスのトリリンガルだということ、祖父の菊五郎も孫にデレデレなことなど、微笑ましいエピソードが綴られている。

 一方「自身」は、同じく歌舞伎界で話題の市川海老蔵エピソードを投入してきた。

「さらに寺島さんは、この(16年に菊五郎が眞秀クンを抱いて舞台に上がった)團菊祭で海老蔵さんの楽屋にも眞秀くんを連れていきました。そこで『眞秀があなたの大ファンなの。iPadの写真を見せると、いつもあなたのところで手が止まるの』と伝えたところ、海老蔵さんは大喜びだったといいます」

 その後、家族ぐるみでの交友が始まり、海老蔵の長男で眞秀クンと同じ4歳になった勸玄クンとも仲良しになったらしい。普通なら“あざとい”と思われそうなエピソードだが、そう思えないのは、寺島、というより眞秀クンの人徳か(笑)!?

 さらに「自身」ではハーフの眞秀クンへの風当たりが強かったことや、寺島の弟の長男・和史クンの存在と眞秀クンに与えるであろう“今後の影響”などにも言及、歌舞伎界の新たな世代に興味を持たせるなど、より奥深いものとなっていた。よって今回の軍配は「自身」にあげたい。

 そして今週の「週女」トップ特集を飾ったのは、ファンキー加藤の第2子誕生ネタだ。この第2子は、加藤がアンタッチャブル・柴田英嗣の元妻とのW不倫騒動の最中に授かったことが判明した子どもらしい。そして「週女」は加藤と妻、そして今回生まれた赤ちゃんを含む2人の子どもたちが揃ってお出かけする写真をばっちり押さえている。しかし、直撃取材で向かったのは加藤本人ではなく元相棒のDJケミカルだった。武士の情けか、小さな子どもたちへの配慮か。しかし今回の「週女」の配慮は、嫌いじゃない。

ヘンタイ“靴下男”の次は、“ストッキング男”!? JKに「はいてるストッキングを売ってくれ」

ヘンタイ靴下男の次は、ストッキング男!? JKに「はいてるストッキングを売ってくれ」の画像1
イメージ画像(Thinkstockより)
 昨年3月末、韓国の仁川(インチョン)地方で、女子中高生に「靴下を1万ウォン(約1000円)で売ってくれ」と執念を燃やしていた“靴下男”が逮捕された(参考記事)。靴下男(当時33)はこれまで100人以上の女子中高生に声をかけており、過去にも数回の逮捕歴がある、筋金入りの変態だ。  4月18日、また新たな変態が登場したと報じられた。今度の変態の狙いは、女子高生の脱ぎたてのストッキングだ。くしくも出没場所が同じ仁川なことから、韓国メディアは「仁川・靴下男に次ぐ、ストッキング男現る」と大きく報じている。  事件は3月末に起きた。ストッキング男(42)は、下校中の女子高生を見つけると「5万ウォン(約5,000円)あげるから、はいているストッキングを売ってくれ」と迫った。  見知らぬ男からの異常な提案に、女子高生は恐怖で逃げ出した。その後、彼女の母親から通報を受けた警察が捜査に乗り出す。犯人の姿は、監視カメラにしっかりと記録されており、男は児童福祉法違反で、その日のうちに逮捕となった。男は市内でビヤホールを経営している自営業者で、靴下男とは違って、性犯罪の前科はなかったが、変態度でいえば同等だろう。  この報道を受けて、韓国ネット民の間でも「こういう変態は、いずれ大きな性犯罪に走るから、重めの処罰を」「どれだけ女っ気なくても、女子高生はやめろよ」などと、男へのバッシングが相次いだ。一方で、「靴下1万ウォン、ストッキング5万ウォン……俺も女に生まれたかった」「俺だったら、5万ウォンなら喜んで売るんだけどな」などと、事件を揶揄するコメントも散見された。  靴下男、ストッキング男と立て続けに変態が出没している仁川市。「二度あることは三度ある」ともいわれるが、靴下男、ストッキング男の次は、どんな変態が現れるのだろうか……。

ジャニー社長、“Jr.のデビュー権限”を放棄!? 平野紫耀「当分デビューさせない」発言の波紋

 5月6日、人気ジャニーズJr.・平野紫耀が、映画『honey』で、単独初主演を務めることが発表された。この大抜てきに、ファンからは「次期デビューの最有力候補」との声が多数挙がっている中、同発表に関連して、「スポーツニッポン」が、ジャニー喜多川社長自ら「当分、デビューはさせない」と発言したことを報道。大規模なステージや映画出演など、デビュー組にも匹敵する活動が目立つ近年のJr.勢だが、ジャニー社長の真意とは?

「ファンの中には、『平野のデビューは当分ない』と受け取り、動揺する人も大勢いたようですが、『スポニチ』は、ジャニー氏が平野の映画とは関係のない場で話した内容を、記事に組み込んだだけのよう。平野だけでなく、Jr.全員を対象に『当分、デビューはさせない』と示唆したといいます」(レコード会社関係者)

 同記事では、ジャニー氏による「デビュー以前にいろんなことを勉強するのが大事。そうじゃないとデビュー後、つぶれる」という発言も組み込まれていた。

「この発言には、『みなさんもてはやしてくれるけど、(今のJr.は)まだまだですよ』というニュアンスが含まれていたそうです。つまりジャニー氏は、“デビューのレベルには達していないものの、いずれはデビューもあり得る”と言いたかったのでは……」(同)

 しかしその一方で、現在ジャニーズ内には、「今後Jr.がデビューするチャンスはなくなるかもしれない」という見方が強まっているようだ。

「ジャニー氏は現在、事務所の代表として、“どのJr.をデビューさせるか”という決定権を持っています。しかし彼の年齢を考えると、社長から退く日も決して遠くはありませんし、もし、ジャニー氏がJr.の管轄から離れてしまうと、デビューのシステム自体がこれまでと変わる可能性もあります。ジャニー氏退任の予兆に加え、昨年のSMAP解散騒動により、Jr.の事務所に対する危機感は現在ピークに達しているだけに、“Jr.大量離脱”が起こってもおかしくありません」(週刊誌記者)

 ファンだけでなくJr.たちも、ジャニーズ事務所の動向、そしてジャニー氏の進退について固唾を呑んで見守っているようだ。

ジャニー社長、“Jr.のデビュー権限”を放棄!? 平野紫耀「当分デビューさせない」発言の波紋

 5月6日、人気ジャニーズJr.・平野紫耀が、映画『honey』で、単独初主演を務めることが発表された。この大抜てきに、ファンからは「次期デビューの最有力候補」との声が多数挙がっている中、同発表に関連して、「スポーツニッポン」が、ジャニー喜多川社長自ら「当分、デビューはさせない」と発言したことを報道。大規模なステージや映画出演など、デビュー組にも匹敵する活動が目立つ近年のJr.勢だが、ジャニー社長の真意とは?

「ファンの中には、『平野のデビューは当分ない』と受け取り、動揺する人も大勢いたようですが、『スポニチ』は、ジャニー氏が平野の映画とは関係のない場で話した内容を、記事に組み込んだだけのよう。平野だけでなく、Jr.全員を対象に『当分、デビューはさせない』と示唆したといいます」(レコード会社関係者)

 同記事では、ジャニー氏による「デビュー以前にいろんなことを勉強するのが大事。そうじゃないとデビュー後、つぶれる」という発言も組み込まれていた。

「この発言には、『みなさんもてはやしてくれるけど、(今のJr.は)まだまだですよ』というニュアンスが含まれていたそうです。つまりジャニー氏は、“デビューのレベルには達していないものの、いずれはデビューもあり得る”と言いたかったのでは……」(同)

 しかしその一方で、現在ジャニーズ内には、「今後Jr.がデビューするチャンスはなくなるかもしれない」という見方が強まっているようだ。

「ジャニー氏は現在、事務所の代表として、“どのJr.をデビューさせるか”という決定権を持っています。しかし彼の年齢を考えると、社長から退く日も決して遠くはありませんし、もし、ジャニー氏がJr.の管轄から離れてしまうと、デビューのシステム自体がこれまでと変わる可能性もあります。ジャニー氏退任の予兆に加え、昨年のSMAP解散騒動により、Jr.の事務所に対する危機感は現在ピークに達しているだけに、“Jr.大量離脱”が起こってもおかしくありません」(週刊誌記者)

 ファンだけでなくJr.たちも、ジャニーズ事務所の動向、そしてジャニー氏の進退について固唾を呑んで見守っているようだ。

Hey! Say! JUMP中島&関西Jr.道枝出演『母になる』第5話放送! 5月10日(水)ジャニーズアイドル出演情報

――翌日にジャニーズアイドルが出演予定の番組情報をお届けします。見逃さないように、録画予約をお忘れなく!

※一部を除き、首都圏の放送情報を元に構成しています。
※番組編成、及び放送日時は変更になることがあります。最新情報は番組公式サイト等をご確認ください。

●TOKIO

5:50~ 8:00 『ZIP!』(日本テレビ系) 山口達也
8:00~ 9:55 『白熱ライブビビット』(TBS系) 国分太一
11:25~11:30 『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系) 国分太一
18:55~19:25 『Rの法則』(NHK Eテレ) 山口達也
23:00~23:30 『TOKIOカケル』(フジテレビ系)

【ゲスト】

12:00~12:30 『徹子の部屋』(テレビ朝日系) 松岡昌宏

●V6

8:15~ 9:54 『あさイチ』(NHK総合) 井ノ原快彦
15:55~16:54 『よじごじDays』(テレビ東京) 長野博
19:00~19:56 『水野真紀の魔法のレストランR』(毎日放送) 長野博 ※関西ローカル
21:00~21:54 『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系) 井ノ原快彦

 

■続きを読む

カテゴリー: 未分類