「彼女の脳みそは美味かった」露で想像を絶する“猟奇的食人事件” 脳フライ&グラス生血を……

 先日、ロシア南部の都市・クラスノダールに住む夫妻が、30人以上を殺害し遺体の一部を食べていたという事件をお伝えしたばかりだが(http://www.cyzo.com/2017/09/post_34619.html)、同国で、また猟奇的な食人事件が発生した。

 ロシア西部ノヴゴロド州で、21歳の男が45歳の女性を殺害し、脳みそを調理して食べていたと、11月8日付のロシア紙「プラウダ」などが伝えている。

 事件が発生したのは3月8日のことだが、このほど行われた容疑者立ち会いの実況見分によって、当時の生々しい様子が明らかになったようだ。

 元徴集兵のドミトリー・ルキンはその夜、交際していた被害女性のフラット(賃貸住宅)で、共にワインを飲んでいた。その後、被害女性が寝室に向かったとき、ルキンは彼女を枕で窒息死させることを思いついたという。その動機については「魔が差した」と話している。

 しかし、被害女性がこれに抵抗したため、ルキンはいったんタバコを吸おうと寝室を出た。しかし、そこで見つけた空のワインボトルを手にすると、再び寝室に戻って彼女の頭部を殴打。彼女が気絶すると再びタバコを吸い、彼女の意識を回復させてから、再度彼女の頭をワインボトルで殴打するという凄惨な方法で死に至らしめた。

 その後、ルキンは彼女の頭部から滴る鮮血でドアに悪魔のシンボルを描いたという。さらに、台所にあった肉切り包丁で頭部を解体し、なんと脳みそをスライスしてフライにし、彼女の生血を飲みながら舌鼓を打ったというのだ。

「彼女の脳みそは美味かった。もう一度食べようと思った」とルキン自身が振り返える通り、最初に調理したものを食べ終えると「おかわり」を作って再び食している。

 加えて彼は、彼女の腹部をかっさばいて内臓を取り出し、耳や胸を削いで一部を被害女性の遺体の口にくわえさせたり、ワインボトルを性器に挿入したことも明らかになっている。

 その凄惨さは、捜査を担当する警察も「人間が想像できる、もっともゾッとする殺人事件だ」と表現しているほど。

 警察によると、ルキンは1978年から91年にかけて17人の男性を殺害して、屍姦後に遺体を食した「ミルウォーキーの食人鬼」ジェフリー・ダーマーのファンだったこともわかっている。一方でルキンは才能ある詩人として名を知られた人物で、IQの高さでも有名だったという情報もある。

 同国で相次ぐ凄惨な食人事件。「おそロシア」の一言だ……。

「彼女の脳みそは美味かった」露で想像を絶する“猟奇的食人事件” 脳フライ&グラス生血を……

 先日、ロシア南部の都市・クラスノダールに住む夫妻が、30人以上を殺害し遺体の一部を食べていたという事件をお伝えしたばかりだが(http://www.cyzo.com/2017/09/post_34619.html)、同国で、また猟奇的な食人事件が発生した。

 ロシア西部ノヴゴロド州で、21歳の男が45歳の女性を殺害し、脳みそを調理して食べていたと、11月8日付のロシア紙「プラウダ」などが伝えている。

 事件が発生したのは3月8日のことだが、このほど行われた容疑者立ち会いの実況見分によって、当時の生々しい様子が明らかになったようだ。

 元徴集兵のドミトリー・ルキンはその夜、交際していた被害女性のフラット(賃貸住宅)で、共にワインを飲んでいた。その後、被害女性が寝室に向かったとき、ルキンは彼女を枕で窒息死させることを思いついたという。その動機については「魔が差した」と話している。

 しかし、被害女性がこれに抵抗したため、ルキンはいったんタバコを吸おうと寝室を出た。しかし、そこで見つけた空のワインボトルを手にすると、再び寝室に戻って彼女の頭部を殴打。彼女が気絶すると再びタバコを吸い、彼女の意識を回復させてから、再度彼女の頭をワインボトルで殴打するという凄惨な方法で死に至らしめた。

 その後、ルキンは彼女の頭部から滴る鮮血でドアに悪魔のシンボルを描いたという。さらに、台所にあった肉切り包丁で頭部を解体し、なんと脳みそをスライスしてフライにし、彼女の生血を飲みながら舌鼓を打ったというのだ。

「彼女の脳みそは美味かった。もう一度食べようと思った」とルキン自身が振り返える通り、最初に調理したものを食べ終えると「おかわり」を作って再び食している。

 加えて彼は、彼女の腹部をかっさばいて内臓を取り出し、耳や胸を削いで一部を被害女性の遺体の口にくわえさせたり、ワインボトルを性器に挿入したことも明らかになっている。

 その凄惨さは、捜査を担当する警察も「人間が想像できる、もっともゾッとする殺人事件だ」と表現しているほど。

 警察によると、ルキンは1978年から91年にかけて17人の男性を殺害して、屍姦後に遺体を食した「ミルウォーキーの食人鬼」ジェフリー・ダーマーのファンだったこともわかっている。一方でルキンは才能ある詩人として名を知られた人物で、IQの高さでも有名だったという情報もある。

 同国で相次ぐ凄惨な食人事件。「おそロシア」の一言だ……。

西内まりやと事務所が完全決別か、瑛太が挿入した俳優を暴露? NMB48がネット民を揶揄……週末芸能ニュース雑話

■月給200万円の西内まりやがビンタ!?

 

デスクT 月9女優の西内まりやが、思ったより大変なことになってるんだって?

記者H 1月期の主演ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)以降、SNSの更新もストップし、事実上の休業状態となっている西内ですが、発売中の「週刊文春」(文藝春秋)によれば、西内は2カ月ほど前、所属するライジングプロ社長の顔面をビンタ。1カ月以上の加療が必要なケガを負わせたとか。

デスクT マジ!? 俺も西内に張り手されて、唾をかけられたい!

記者H はあ。西内の代理人弁護士は「殴打し、ケガを負わせたという事実はございません」と否定していますが、ライジング側の弁護士は「殴打し、怪我を負わせたことは紛れもない事実」「西内氏の行為は犯罪行為であり、到底許されるものではありません」とコメント。なお、西内側は先月下旬、来年4月以降の契約更新をしない旨が書かれた内容証明を所属事務所に送っているとか。

デスクT 殴打事件の有無はわからないけど、ライジングが西内を潰そうとしていることだけは伝わってくるよ。それより、月9後の西内って金髪なんだね~。flumpool・山村隆太の演技が下手すぎて、グレちゃったのかなあ?

記者H どうでしょう? ただ、事務所への不満がたまっているのは間違いなさそう。ローラや真木よう子など、最近、大物女性芸能人の事務所トラブルの話題が続いていますね。ちなみに「文春」によれば、西内は仕事がない間も毎月200万円の給料をもらっていたそうです。

デスクT いいな! いいな! それより、近年のライジングは、安室奈美恵には辞められちゃうわ、観月ありさや平愛梨は結婚して仕事セーブしちゃうわ、上原多香子はアレだわ、西山にビンタされちゃうわ、いろいろ大変だね!

記者H 稼ぎ頭が減っているからか、来月、ライジング所属の荻野目洋子が、収録されている15曲全てが「ダンシング・ヒーロー」というオモシロCDをリリースするようです。

デスクT 4月に「GetWild」が36バージョン収録されたCDをリリースしたTM NETWORKのパクリかな? こりゃあもう、ロマンティックをさらって、銀のシューズで踊るしかないね!

■挿入した若手俳優とは……?

記者H 俳優の瑛太が、14日深夜放送のトーク番組『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演。ベッドシーンの撮影中に、共演女優と本番行為をした若手俳優がいることをほのめかしました。

デスクT 誰? 誰? 誰?

記者H MCの笑福亭鶴瓶は番組冒頭、大竹しのぶとのベッドシーンの撮影前に、別の撮影で共演した瑛太から「最近の若手は、みんな本当にしてますよ」と耳元で囁かれたと暴露。スタジオで「なんであんなこと言ったの?」と問う鶴瓶に、瑛太は「あんま言っちゃいけない話なんですけど、そういうことをした俳優がいるんですよ…………多分」と全てが冗談ではなかったことをほのめかし、さらに「本当にヤッたら面白かったのに」と鶴瓶に半笑いで言い放ちました。

デスクT 鶴瓶のベッドシーンって、昨年公開された大竹しのぶ主演映画『後妻業の女』のことかな? でも、本当に挿入した若手俳優がいるとしたら、犯罪じゃん! 近頃、欧米では、性暴力被害を訴える著名人が続出してるみたいだけど、日本の芸能界はまだ笑い話にしていいのかな?

記者H 案の定、ネット上では、半笑いの瑛太に対して「不快」「俳優界隈でウワサになってるとしたら、女優がかわいそう」「相手が(妻の)木村カエラでも『本当にヤッたら面白い』って言えるの?」「大竹しのぶに失礼すぎる」などの声が見受けられます。

デスクT あら~。でも仕方ないよ、瑛太だもん。それより、元横綱朝青龍ことドルゴルスレン・ダグワドルジ氏がTwitterで怒ってるんだって?

記者H 朝青龍は16日、日馬富士が貴ノ岩の頭部をビール瓶で殴打したとの報道に対し、普段、Twitterでは使わない日本語で「内容悪方にさす日本のメディア!! 本当の事聞きたくない日本のメディアたち!?」「あいつもうあいつこいつもうこいつ!!」「謝りたい本人!! 逃げる奴ら!!」「横綱の前でヘチラで言う関取、冗談で済むか!?」といったツイートを連発しました。

デスクT 何を言いたいのかはわからないけど、とにかく怒ってることだけは伝わってくるね!

記者H また、16日の夜には「私に在日本人マネージャーいませんし!! yahooだからいいと!?」ツイートしています。

デスクT 「Yahoo!」から嫌なことされたのかな? それより、これだけ怒った直後に、マサカリの写真載せてるのが怖すぎるよ。

記者H モンゴル語ですね。なんて書いてあるんでしょう?

デスクT Google翻訳にかけると「ちょうど良い見て」って翻訳されるよ。ちょうど良いマサカリを手に入れたってこと? 何に使うの? 怖い!

■人気凋落のNMB48がネット民を揶揄か

デスクT NMB48の新曲「ワロタピーポー」の歌詞が話題だって? 逮捕後に「しぇしぇしぇのしぇー」って笑顔でピースしてた男の歌かな?

記者H 危険ドラッグ刺傷事件の田中勝彦の歌でも、逮捕後のマグショットがなぜか笑顔だったジャスティン・ビーバーの歌でもないですよ。「ワロタ ワロタ ワロタ ワロタピーポー どこかの誰か名前隠して騒げ」「人の群れに紛れ石を投げろ」というネット民を揶揄するような歌詞が並んでおり、最後に登場する「なんで生きてるのか教えてくれ」という歌詞が過激だと話題です。

デスクT ああ、ピーポーって、ピープルのこと!? さすがメンバーの炎上騒動が好物の秋元先生だね! 歌詞にある「噂がホントでも偽りでも この際どうでもいいじゃねえか」って、センターの白間美瑠の整形依存症疑惑のことかな?

記者H 夏目漱石が“非人情”を描いた『草枕』のオマージュではないかとおぼしき歌詞も見受けられますね。NMB48は近年、人気が凋落。黒幕だらけのコンサート会場が話題になったり、CD売上が大幅に落ち込んだりと、ファンも危機感を募らせているようです。

デスクT 今年も『紅白』落選しちゃったみたいだけど、この新曲で復活できるといいね!

いしだ壱成なんて序の口!? “キモい”とネットで叩かれる芸能人の恋愛エピソード

 11月15日、俳優・いしだ壱成が都内で会見を開き、女優・飯村貴子との交際を認めた。今年8月に離婚したばかりのいしだだが、交際がスタートしたのは離婚が成立した後で、不倫関係については否定。2人は半同棲状態にあるそうで、飯村はいしだの元妻が使っていた箸や靴といった私物をそのまま使い、「たーたん」「いっくん」と呼び合っているという。

 この23歳のカップルに対してネットユーザーからは、「うわー素直にキモいと思った」といった辛らつな声が続出している。いしだと飯村だけでなく、芸能界には恋愛に関する“キモい”エピソードを披露して、ドン引きされる芸能人も少なくない。

「いま飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中の俳優・竹内涼真は、“理想のプロポーズ”を明かして、共演者をドン引きさせていました。竹内はソフトバンクの新CM発表会に出席した際、プロポーズは大きなダイヤの指輪を用意して『2人きりの時にひざまずきたい』と発言。一緒に発表会に出席していた樋口可南子には『気持ち悪い』と言われ、杉咲花には『ぎょっとします』と言われていました。このプロポーズにはネットでも、『気持ち悪っ! 後で思い出す度に顔から火が出ると思う』『ひざまずいてプロポーズするようなキザな男は、結婚したら浮気しそう』といった冷ややかな声が上がっています」(芸能ライター)

 さらに、いま大ブレーク中の男女お笑いコンビ・にゃんこスターも世間をドン引きさせている。

「結成5カ月にして『キングオブコント』で準優勝を飾り、一躍時の人となったにゃんこスターの2人は、先月中旬ごろに“交際している”ことを公にしました。交際宣言した後の2人は、バラエティ番組でプライベートについて話すことが多くなっています。先月放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した際、ボケ担当の女性・アンゴラ村長は、相方・スーパー3助の好きなところについて『全部。見た目も性格も声もいいです』とノロける場面が放送されました。しかし、ネット上では『交際してるとか生々しくて嫌だ。早く消えてほしい』『ゴリ押し芸人はほかにもいるけど、この2人はあまりにも実力がなさすぎる』『本業のお笑いじゃなくて交際ネタばっかじゃん』といった批判が飛び交っています」(同)

 ほかにも、タレントの武井壮は先月30日に放送された『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、披露したエピソードが“キモい”といわれている。

「番組では『パートナーに対するウソ』をテーマに、出演者が討論を繰り広げて盛り上がりをみせました。その中で武井は、『別れた後、チャットとかで悪口を言われたりするので、女の子にはひとりずつ違うウソを言っておくようにしている』というエピソードを披露。そうすると、匿名で武井の悪口が書かれたとしても、書いた人を特定できるためだそうです。この話に、番組に出演していた漫画家・倉田真由美は『危機管理の徹底ぶりが気持ち悪い』とドン引き。また、女優・遠野なぎこも『ちょっと無理だな』と顔をしかめていました。さらにネットでも、『特定してどうするんだろ』『極端でなんか怖い』『考え方がヤバい』などとネガティブな意見が出ています」(同)

 飯村は、いしだの元妻の私物を使う理由を、“モノに罪はないから”と考えているようだ。「恋は盲目」というが、いしだと飯村の交際はこのまま順調に進んでいくのだろうか。

売り出し中なのに! 若手女優・飯豊まりえのブレークを阻む“アノ人”とは……?

 今年7月放送の『マジで航海してます。』(TBS系)で武田玲奈と共に連ドラ初主演を果たし、7月~9月放送の『居酒屋ふじ』(テレビ東京系)ではヒロイン役を担当。現在放送中の野島伸司脚本によるFODオリジナルドラマ『パパ活』でも主演を務める女優・飯豊まりえだが、注目度が上昇するとともに、ある懸念がささやかれている。

 飯豊は、小学生時代に小学生向けファッション誌でモデルデビューし、ティーンズ向けファッション誌を経て、2013年には『獣電戦隊キョウリュウジャー』(テレビ朝日系)に出演。現在は「セブンティーン」(集英社)の専属モデルとして活動する一方、女優として映画、ドラマのみならず、バラエティ番組『にじいろジーン』(フジテレビ系)にもレギュラー出演するなど、活躍の場を広げている。一見、順風満帆に思える飯豊だが、ケチのつき始めは、今年4月に公開された映画主演作『暗黒少女』だ。芸能誌ライターが語る。

「秋吉理香子氏の同名小説を映画化した『暗黒女子』は、読後感の悪いことが癖になる“イヤミス(嫌なミステリー)”と呼ばれるジャンルの作品です。清野菜名、平祐奈、千葉雄大らを脇に従え、飯豊は主演を務めましたが、W主演の相手が、幸福の科学入信騒動の清水富美加だったのは不運でした。より知名度のある清水が映画の宣伝に参加せず、入信騒動を映画の告知に生かすこともできず、映画は大コケしました」

 しかし、その後も途切れることなく仕事が入り続け、来年1月には20歳を記念したファースト写真集を発売。同じく1月には、東野圭吾原作、阿部寛、松嶋菜々子主演の注目映画『祈りの幕が下りる時』にも出演する飯豊だが、関係者の間では、あることがしばしば話題になっているという。週刊誌の芸能担当記者が語る。

「飯豊は小学生の頃からモデルとして活動してきており、10代にして10年以上のキャリアの持ち主ですが、写真の角度によって吉岡里帆にそっくりなんです。実際ネットでも、そういった声は大変多いようです。ただ、来年発売される飯豊の写真集のカットを見ると、ボディは完全に吉岡のほうが上ですね。キャリアはともかく、現時点での知名度は吉岡のほうが高い。写真集で水着を披露したことで、“吉岡の劣化版”と言われてしまう可能性はあるでしょう」

「吉岡里帆そっくり」というのは一般的には褒め言葉だろうが、“本家”ほど、すんなりブレークはできなそう?

売り出し中なのに! 若手女優・飯豊まりえのブレークを阻む“アノ人”とは……?

 今年7月放送の『マジで航海してます。』(TBS系)で武田玲奈と共に連ドラ初主演を果たし、7月~9月放送の『居酒屋ふじ』(テレビ東京系)ではヒロイン役を担当。現在放送中の野島伸司脚本によるFODオリジナルドラマ『パパ活』でも主演を務める女優・飯豊まりえだが、注目度が上昇するとともに、ある懸念がささやかれている。

 飯豊は、小学生時代に小学生向けファッション誌でモデルデビューし、ティーンズ向けファッション誌を経て、2013年には『獣電戦隊キョウリュウジャー』(テレビ朝日系)に出演。現在は「セブンティーン」(集英社)の専属モデルとして活動する一方、女優として映画、ドラマのみならず、バラエティ番組『にじいろジーン』(フジテレビ系)にもレギュラー出演するなど、活躍の場を広げている。一見、順風満帆に思える飯豊だが、ケチのつき始めは、今年4月に公開された映画主演作『暗黒少女』だ。芸能誌ライターが語る。

「秋吉理香子氏の同名小説を映画化した『暗黒女子』は、読後感の悪いことが癖になる“イヤミス(嫌なミステリー)”と呼ばれるジャンルの作品です。清野菜名、平祐奈、千葉雄大らを脇に従え、飯豊は主演を務めましたが、W主演の相手が、幸福の科学入信騒動の清水富美加だったのは不運でした。より知名度のある清水が映画の宣伝に参加せず、入信騒動を映画の告知に生かすこともできず、映画は大コケしました」

 しかし、その後も途切れることなく仕事が入り続け、来年1月には20歳を記念したファースト写真集を発売。同じく1月には、東野圭吾原作、阿部寛、松嶋菜々子主演の注目映画『祈りの幕が下りる時』にも出演する飯豊だが、関係者の間では、あることがしばしば話題になっているという。週刊誌の芸能担当記者が語る。

「飯豊は小学生の頃からモデルとして活動してきており、10代にして10年以上のキャリアの持ち主ですが、写真の角度によって吉岡里帆にそっくりなんです。実際ネットでも、そういった声は大変多いようです。ただ、来年発売される飯豊の写真集のカットを見ると、ボディは完全に吉岡のほうが上ですね。キャリアはともかく、現時点での知名度は吉岡のほうが高い。写真集で水着を披露したことで、“吉岡の劣化版”と言われてしまう可能性はあるでしょう」

「吉岡里帆そっくり」というのは一般的には褒め言葉だろうが、“本家”ほど、すんなりブレークはできなそう?

「常日頃それで過ごして」! ジャニーズWEST藤井流星が“役作り”で実行している意外なこととは?

 ジャニーズWESTがパーソナリティを務めるラジオ『bayじゃないか』(bayFM)。ほぼ月替わりのパーソナリティは、11月11日深夜放送回から桐山照史と藤井流星が担当した。

 Netflixオリジナルドラマ『炎の転校生 REBORN』全8話の配信が11日に始まり、グループの仕事はもちろん、個人の仕事も充実しているジャニーズWEST。先日も、来年1月スタートの深夜ドラマ『卒業バカメンタリー』(日本テレビ系)で、濵田崇裕と藤井のW主演が発表されたばかりだ。

 気になるドラマの内容は、超エリート大学生の4人が“童貞”を卒業するまでをドキュメンタリータッチで描いたという、一風変わったもの。この日のラジオでは、早速リスナーから「これから撮影が始まると思いますが、なにか楽しみなことや、すでに役作りでしていることがあれば教えてください」という質問が藤井宛てに届いていた。

 オシャレに無頓着な冴えない大学生・堀口学を演じる藤井だが、プロデューサーから「藤井くんオシャレだから、何着てもオシャレに見える」と言われてしまったとか。そのため、衣装合わせでさまざまな洋服を着た中からダサく見えるものを探し、実際に似たテイストの服を購入して「常日頃それで過ごしてみて。それで気持ちをわかって」と、役作りに関して監督から言われたそう。アイドルが本業の藤井には無理難題にも思えるが、「ちょっとやってみようかな」と意外にもノリ気。ドラマの中では、ガラリと印象が変わった藤井の姿が見られそうだ。

 一方、10月25日に千穐楽を迎えた舞台『アマデウス』に出演していた桐山。リスナーから届いた熱い感想メッセージを聞き、自身も舞台について語った。『アマデウス』は桐山いわく、36年前から上演されてきた歴史のある舞台なのだとか。そのため、セリフに聞き慣れない言い回しが出てきて戸惑ったのだそう。台本を見てからというもの、桐山は「できるかな~とか、ストレス溜まってくるんじゃないか」と、かなり不安を抱いていたと吐露していた。

 しかし、稽古の初日に共演者の歌舞伎役者・松本幸四郎から「桐山くんが動きたかったら動いてほしいし、桐山くんが言いたいように(セリフを)回してくれ」と言われたそうで、そのおかげで自由に演じることができたとか。松本の寛大さや舞台について熱っぽく語る桐山に対し、舞台未経験の藤井は「舞台って深いよね~」としみじみ。さらに桐山の発した、舞台の共演者・スタッフを指す“カンパニー”という言葉にも反応し、藤井が「カンパニーよ! カンパニーって言葉! カンパニーっていいよね!」と連呼する場面も。実は舞台経験が豊富なメンバーと活動しているため、藤井にも並々ならぬ“カンパニー”への憧れがあるようだ。

 『bayじゃないか』では初の組み合わせとなった桐山&藤井コンビだが、演技の話で大盛り上がりの放送となった。舞台とドラマで畑は違えど、2人はジャニーズWESTを代表する“演技班”と言えそうだ。

明石家さんま&木村拓哉『さんタク』復活と、元SMAP3人の『明石家サンタ』出演→即合格の可能性

 明石家さんまと木村拓哉が共演する『さんタク』(フジテレビ系)が2年ぶりに復活することがわかった。さんまが11日放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)内で明かした。同番組は毎年お正月に放送されてきたが、SMAP解散直後の2017年には4月の放送にずれこんだ。さんまと木村がお互いのやりたいことに挑む、ユルいバラエティ番組である。

「SMAP解散後の放送は17年4月に行われていますが、今回は従来の枠に戻ったため、新たな動きが期待されます。さんまといえば、木村とも中居正広とも交流があり、没交渉状態の双方に通じた数少ない人物といえます。ことあるごとにテレビ番組でSMAP解散に言及しており、タブーを恐れない存在。業界内での影響力もあります。さらに『さんタク』の収録は例年ならば11月中に行われますから、放送前に裏話が出てくる可能性もありますね」(業界関係者)

 さらに、さんまといえば忘れてはならないのが12月24日の深夜に放送される年末の恒例番組『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』(フジテレビ系)であろう。

「この番組では毎年、不幸な体験をした人のエピソードを募っています。芸能人枠の募集も行われ、離婚など不幸な体験をした人間は名乗っただけで合格する恒例のやりとりがあります。先ごろジャニーズ事務所を退所した、元SMAPメンバーの、稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛はもちろん、中居も名乗っただけで合格なのは間違いないでしょう。中居は97年と02年にも電話出演しており、97年はノーパンしゃぶしゃぶ嬢との朝帰りが『FRIDAY』(講談社)に報じられた直後のため、名乗っただけで即合格となっています」(同)

 特に元メンバーの3人はジャニーズ事務所のしがらみからも自由になっただけに、クリスマスイブの『明石家サンタ』へのサプライズ電話には期待したい。
(文=平田宏利)

カテゴリー: 未分類 | タグ:

「辛かった」「やめて欲しい」……Kis-My-Ft2玉森裕太、ファンの迷惑行為に注意喚起

 Kis-My-Ft2玉森裕太が、11月16日にジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s web」の個人連載「まいにちたまもりゆうた」を更新。その内容がファンの間で大きな話題になっている。

 玉森は冒頭から「俺は靴を踏まれるのがすごく嫌いです 綺麗な靴であり続けたいから」と、意味深な文章を投稿。続けて「て言うより 踏んでしまう程の距離になぜちかづいてくるのって感じかな」とつづっており、実際、誰かに靴を踏まれ、不快な思いをしたことを示唆している。

 実は「まいにちたまもりゆうた」が更新される前日の15日、Kis-My-Ft2は大型音楽番組『ベストヒット歌謡祭2017』(日本テレビ系)に出演するため、大阪・フェスティバルホールにいた。同日には、『ベストヒット歌謡祭』の出演者が新大阪駅を利用していたようだが、ファンが“出待ち”目的で殺到する事態に。この日はジャニーズアイドルの他にも、ダンス&ヴォーカルグループ・三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEなどが出演したため、駅が大混乱になる様子がネット上で話題になっていた。

 玉森はおそらく、この時の大混乱に巻き込まれ、ファンに靴を踏まれてしまったようだ。「昨日 行き帰りも たくさんの方に踏まれながら歩いてました。 正直いろいろと 辛かったですわ」と気持ちをつづり、「気をつけて じゃなくて やめて欲しいかな。 そして危ないからね」と、出待ちをしていたファンへ注意を促している。

 このように、ジャニーズアイドル自ら「Johnny’s web」等を通じ、ファンへ注意喚起をすることが増えている。最近だと、Hey!Say!JUMP八乙女光がグループ連載「JUMPaper」にて、「他のメンバーを追いかけて僕に強く身体が当たったりするのは全然いいの。でも関係のない人に危害を加えてしまうと、そのうちに、ジャンプのライブの移動は危ないからって警告を受けて、まだまだ行きたい場所も行けなくなると思うの」と、今後の活動に支障が出る可能性にまで言及し、ファンへ出待ちをやめるよう訴えていた。

 八乙女がこのような文章をつづるのはこれが初めてではなく、2009年にも「正しいレールの上にいた方が楽しいことが沢山ある」などと、出待ちをするファンに対して苦言を呈していたことがある。しかし、玉森が担当している連載「まいにちたまもりゆうた」は、日常のちょっとした何気ないことをつづる内容が中心。「眠いので今日は早く寝たいな」「寒いね! 鍋でも食べたい気分」など、“ゆるさ”がファンから好評を得ていた。

 そのため、今回玉森が「正直いろいろと 辛かったですわ」「気をつけて じゃなくて やめて欲しい」などハッキリとした物言いで思いをつづったことに、ファンは驚きを隠せないよう。ネット上では「いつも温厚な玉ちゃんが、すごく怒ってるのが伝わる……」「『まいたま』を読んでこんな悲しい気持ちになる日がくるなんて……大好きな人にこんなことを書かせてしまったことがショックでならない」「玉ちゃんがあんなにハッキリとした文章で書くなんて、相当イヤだったんだね。二度とこんな『まいたま』書かせないようにしないと」と、衝撃を受けるファンが続出している。

 気持ちを率直に、包み隠さずつづった玉森。この思いが少しでも多くのファンに届き、彼らを悩ませる迷惑行為がなくなることを願いたい。

「星野源は悪評だらけ」テレビ局、音楽関係者をあぜんとさせた“横暴エピソード”

 3年連続となる『NHK紅白歌合戦』の出場を決め、出演中の連続ドラマ『コウノドリ』(TBS系)も視聴率好調と、いまやトップタレントのポジションを築いた星野源。昨年の連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)と主題歌「恋」の大ヒットから、人気や実力だけでなく知名度まで、一気に“国民的”レベルに到達した。しかし、かねてから業界内では“悪評”はそこかしこでささやかれており、「いずれ大々的に報じられるのでは」との声が聞かれる。

 そもそも星野の知名度アップに大きく関わったとされるのが、aikoとの交際だろう。当初は「無名アーティスト」などと報じられることもあったが、破局後の現在では両者の立場が、完全に逆転してしまった。

「aikoとの交際当初、こんな出来事がありました。星野の所属事務所の大先輩であるサザン・オールスターズから、星野とaikoのセットでPVに出演してほしいとのオファーがあった。すでに公のカップルとなっていたものの、星野はPV共演を頑なに拒否し、aikoの意思はそっちのけで、自分だけが出演することに。桑田佳祐は、この経緯を知っているのか定かでないものの、少なくとも制作スタッフは、星野の横暴ぶりに少なからず怒りを覚えていました」(レコード会社関係者)

 また、2015年に解散したSAKEROCK在籍時には、こんなエピソードが。

「元々は友人同士で結成したバンドですが、特に後期は人間関係が崩壊しており、メディア関係では“要注意バンド”扱いされていました。星野とメンバーだった浜野謙太との不仲が原因で、取材やレコーディングまで、2人が顔を合わせないようセッティングしなければならない状態だったんです」(音楽誌編集者)

 さらにテレビ出演時には、自分勝手な言い分で局関係者をドン引きさせる出来事があったようだ。

「リハーサル時、カメラがバックバンドを映していると、星野が『そっちはいいからこっち(自分)を映して』と、キツめに指示を出してきたんです。こんな注文をつけるアーティストはまずいないだけに、スタッフも騒然となっていました」(テレビ局関係者)

 しかしこうした悪評が、一般メディアで大々的に報じられたことは、まったくといっていいほどない。その理由を出版関係者が明かす。

「まず女性誌は、ジャニーズタレントと同様に、ヘタにスキャンダルを報じるよりもグラビアやインタビューに登場してもらった方が、売り上げにつながると踏んでいるようです。また、文筆業にも励んでいる星野は、文藝春秋から多くのベストセラーを出しているので、同社の『週刊文春』は、彼のネガティブな記事を一切掲載できない。熱愛にせよスキャンダルにせよ、持ち込む先は『写真週刊誌しかない』といわれています」

 aiko以外にも、二階堂ふみとの交際と、私生活の話題に事欠かない星野。果たして次に報じられるのは、どんなスキャンダルとなるのだろうか。